54歳の私が我が家のネットトラブル担当なの? 夫も娘も頼りにならずモヤモヤが止まらない!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:さくらみちこ
性別:女
年齢:54
プロフィール:ネットは便利。だけど時々起きるトラブル対応が正直しんどいです。

36.jpg

2021年3月、我が家のインターネットが突然ダウンしました。

なんの前触れもないままに。

「私のパソコンだけかな?」と思いつつ、テレビ、夫のパソコン、孫のタブレットなどなどをチェックすると、すべての端末がネットに繋がっていませんでした。

となるとこれはWi-Fiの問題かなと思い、早速対応開始です。

我が家のネット担当は私なものですから。

本当は嫌なので、夫に頼りたいのが正直なところなのですが、夫には無理な理由が。

と言うのも、我が家はネット関連の通信機器をとっても低い位置に設置しているのです。

そのため腰痛持ちの夫にとっては、低い位置での作業が鬼門になるからなのです。

以前、実家の草抜きをした時も、夫は酷い腰痛になってしまいました。

それは、鎮痛剤も効かない、眠ることもままならない痛みで、悶絶しながら何日も耐えていたのです。

その様子を見ていた私は、とても夫に頼む気にはなれません。

「ならば機器を高い位置に移動する?」とも思ったのですが、それはそれで大掛かりなことになりそうでNGだなと。

こんな事情があり、私が長年ネット関連の担当をしてきたのです。

なのでこの時も対応したのは私。

まず全機器再起動という超カンタンな方法に挑戦。

ネットに関わる全ての機器と端末を完全にオフにして、5分程度待ったら全部の機器を再度起動するだけでOKという方法です。

復旧する確率も高く、この時もてっきりそうなるものだと安心しきっていたのですが、ネットには繋がりませんでした。

「アレレ? もう一回」

数回この方法を繰り返しましたが改善しません。

となると次の方法に挑戦することになるのですが、困ったことに何をどうすればいいのか少しも思い出せなかったのです。

確か、この「次のステップ」を試してから何年も経っているので、仕方ないか。

それならばと、マニュアルを引っ張り出してみましたが、情報が古すぎて使えそうにありません。

となるとネットで情報収集するほかありません。

「よし、スマホで4Gに繋いで何とかしよう」と、早速挑戦開始です。

操作も画面を見るのも本当は苦手なのに。

その結果は案の定苦戦し、検索すらままならなくなり、必要な情報にたどり着くのにとても時間がかかりました。

「難しい」と悶絶しつつ、操作に四苦八苦しながらも、ようやく対応情報が載っているサイトを発見です。

「やった! これで解決!」

喜んだのも束の間、今度は書かれている言葉が全然わかりません。

どうやら数年の間に、接続の方法、それにまつわる通信機器の種類や場所の名前などなど、あらゆるものが新しくなっていたようです。

「ありゃ~困った」と思いつつ、わからないことを調べ、回線の設定を一つ一つ確認し、何とかWi-Fiを復活させました。

ここまで、なんと数時間。

もう、疲れました。

「こんな時、若い人ならササッと解決するんだろうな...なんで私がやってるの?」

そんな風に考えモヤモヤしてきました。

早速その夜、娘(27歳)にこの日の出来事を話し、「そろそろ代わって欲しいんだよね~」と伝えてみました。

次はこの子しかいませんので。

しかし、娘はあっけらかんとした態度で言い返してきました。

「結局できたんでしょ? だったら次もできるんじゃない? それに、その年でできたのってすごいんだから自信持って大丈夫! 当分頭もしっかりしてるんじゃない。これからもよろしくね~」

明るく一蹴されてしまいました。

少々毒も吐いていましたけどね!

あ~、モヤモヤが止まらない!

関連の体験記:ライブ配信の女の子との「やり取り」だけでも嫌なのに...。「課金」までしている42歳の夫が悲しい...
関連の体験記:テレビ番組がきっかけで始めた40代の私の「懸賞生活」。手当たり次第に応募、結構当たっているけど...
関連の体験記:あなた、母親の自覚はあるの? 長女が「17歳で出産した孫」を家族で育てている我が家だけど...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

そんなに難しい手順が必要でしたか?そうでないなら次回は今回の手順はすぐできそうですよね。
いつか自立や結婚で出ていく娘を頼らず、自分でできることは自分でやったほうがいいと思う。むしろ旦那さんと一緒にやれば?ボケ防止にもなるから。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP