カレーもラーメンも「一口ちょうだい」、口紅も「貸して」。コロナ禍でも変わらない会社の距離なし先輩

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:やまと
性別:女
年齢:40
プロフィール:50歳の夫と二人暮らしの主婦です。

18.jpg

約1年前まで派遣で働いていた職場の女性の先輩Kの話です。

Kは3歳年上の社員ですが「貸して」が口癖で何でも人から借りようとする人でした。

借りるものはペンや充電器などにとどまらず、ビューラーやアイブロウ、そして人と共用するのを躊躇してしまうような口紅やファンデーションまで「貸して!」と言います。

モノを借りるだけにとどまらず「一口ちょうだい」も常套手段でした。

からあげやフライドポテトなど一口ぶんが分かれているものだけではなく、分けられないラーメンやカレーなども「美味しそうだね、一口ちょうだい!」と言ってきます。

しかも、あまり仲良くない相手にもためらいなく「貸して!」「一口ちょうだい」を言うのです。

私が初めて言われた時は出会ってから1カ月後、Kとはあいさつを交わす程度の仲のころでした。

職場のみんなでランチをしている時、私の皿におかずが残っているのを見たK。

「もう食べないの? もったいないからちょうだい!」

そう言われ、私が返事をするかしないかのうちにパクッと食べてしまいました。

そしてその数日後には、トイレで手を洗った時に「ハンカチ貸して」と言われました。

ハンカチを貸すのには抵抗がありましたが、その時はたまたまハンカチをカバンに入れたままにしていました。

「今忘れてきちゃって、席まで戻ればあるので取ってきますね」

「私も席まで戻ればあるから大丈夫!」

え? 持っているなら自分のを使えば良いのに、席まで戻るのがそんなに面倒なのかな...とびっくりしました。

私は2020年の初めにコロナ離職したので、Kとの関係はそこで切れました。

しかし、コロナ対策で「食事は小皿で」「共用のものは消毒を」と言われているのを聞くたびにKのことを思い出します。

さすがに今は何でも借りたり一口もらったりすることはやめているだろうなと想像していました。

そんな折、会社に残れた当時の仕事仲間から久々に連絡が来ました。

「ちょっと聞いてよ~。Kさんいまだにいろんなモノを借りまくってるんだけど。このご時世だし露骨に嫌がる人もいて不穏な感じだよ...」

聞くと、Kはいまだにあらゆるものを借りようとして、周りを困らせているとのことです。

「リモート会議でどうしても必要だからイヤホン貸して」

そう言われれば嫌でも断れません。

さらには最近歯磨き粉まで借りようしたこともあるとのこと。

歯ブラシに触れる可能性があるから、できれば貸したくないですよね。

「一口ちょうだい」もいまだに健在らしく、平気で人の食べ残しでも食べてしまうようです。

コロナ禍でもう1年以上も感染対策をするように言われているのに、まったく響かない人もいるんだなとびっくりしました。

関連の体験記:「3万円でいいから...」アルバイト先で新人だった私の面倒をみてくれた先輩の「裏の顔」
関連の体験記:「いくらだと思う?」パートの先輩の「自分クイズ」が面倒! 「正解でも不機嫌」ってどうすれば!?
関連の体験記:「僕が住んでいる国は安全! 日本は危険!」コロナでマウンティングしてくる残念な意識高い系同期

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

逆に皆さんもその方に事あるごとに、かして、一口頂戴、と言ってみては。断られたら皆さんもそうすればいいし。 本来ならきちんとお断りするべきでしょうけどね。必要な時に必要なものを持っていないことを誰も言わないで貸したりするから悪いのだと思いますよ。
子供みたいな方ですねぇ。 子供なら、ダメだよ。って言えば良いけど、大人だからねぇ。 たま~の事ならいざ知らず、日常化となるとお手上げです。 残りものに手が出るって、どれだけ節約してるのか、さもしいだけなのか。 よく判りませんが、1番良いのは相手にしないこと。 コロナ以前の問題だと思いますけどね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP