前回のこともすっかり忘れてしまうけど...。認知症のお義母さんの入浴介助/バニラファッジ

こんにちは。認知症で要介護4のお義母さん(姑)と リウマチと骨粗鬆症で要介護5のおばさん(姑の妹)の 在宅介護を経験した嫁のバニラファッジです。  

前回のエピソード:3人がかりでの訪問入浴サービス。おばさんがしゃべり続けた理由

認知症のお義母さんが、やっと介護ヘルパーさんの介助を受け入れて 自宅で入浴ができるようになりました。(その時のエピソードはこちら

しかし認知症が回復したわけではなく、お義母さんの物忘れはどんどんひどくなっていきました。そのための苦労は、まだまだ続きます。

19-1.jpg
19-2.jpg
19-3.jpg
19-4.jpg

最近の出来事は、どんどん忘れてしまうので何度説明しても通じません。

むりやり納得させようとすると、混乱したり喧嘩になったりするので お義母さんが言うことは、たとえ間違っていてもできるだけ肯定するようにしました。

19-5.jpg
19-6.jpg
19-7.jpg
19-8.jpg

1回は自分の部屋に隠れますが、誰も追いかけてこないと不安になってまた様子を見に戻ってくるのも、いつもの通りです(笑)

19-9.jpg
19-10.jpg
19-11.jpg

高齢者によくある外面がいいというのか 家族にはわがままになるというのか、とにかく私の仕事はヘルパーさんが到着するまで お義母さんの機嫌を損ねないということでした。

19-12.jpg
19-13.jpg
19-14.jpg

最後は、お義母さんが"ボケ"て 私とヘルパーさんが"コケる"というのが、認知症のお義母さんの入浴介助の全貌です。

次の記事はこちら:あんなに厳しかったのに!認知症が進んで甘え上手になった姑

関連記事:介護保険サービス、実際何にいくらかかるの?/介護破産

バニラファッジ

ブログ「7人家族の真ん中で。」管理人。夫と3人の子ども、姑と姑の妹(おばさん)の7人家族でしたが、一昨年、昨年と続けておばさん(88歳)と姑(94歳)が他界。頭はしっかりしているけど、リウマチと骨粗鬆症で車椅子生活の叔母さんと身体は丈夫だけれど認知症の姑を在宅介護した日々をあれこれ思い出しながら描いていきます。著書に『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護: お義母さん!トイレはこっちです』『7人家族の真ん中で。』『91歳毒舌系女子、喧嘩を売って生きてます』などがある。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
PAGE TOP