喪主の名前を戒名にして享年も間違え、納骨に行ったのに「できない」...トンデモ住職に唖然

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:myb
性別:女
年齢:46
プロフィール:15年間の結婚生活に終止符を打ち、歩み始めたばかりのシングルマザーです。

23.jpg

2015年、義父(享年80歳)が亡くなりました。

すぐに病院からセレモニー会社へ連絡が行き、あたふたと葬儀の準備に入りました。

喪主は40代の義兄が引き受けてくれました。

しかし葬儀の前に、故人に戒名(〇〇信士など)を付ける段階で、トラブルが起こりました。

戒名は通常であれば故人の名前の一部や思い入れのある文字などが付けられるのですが、そのような文字は一切入っていません。

なんと、喪主である義兄の名前が戒名になってしまったのです。

「住職から素晴らしい戒名をいただきまして」

セレモニー会社からの報告に戸惑いつつも、義兄は沈黙を貫いていました。

私が出しゃばるのもどうかと思い、戒名は訂正されないまま葬儀を済ませました。

ちなみに、その戒名を付けた住職(60代後半男性)は、親族だけのこじんまりとした葬儀にもかかわらず、マイクを装着して小声でお経を読んでいました。

この住職ならあの戒名を付けかねないな、とその時に思いました。

時は流れて2016年、納骨の際の話です。

事前に何度もやり取りをして、当日の朝にも「納骨の件、よろしくお願いします」と念押しのお電話をしてから伺いました。

それなのに、お寺ではお経をあげるのみで帰らされました。

「納骨は?」と住職に尋ねると、とぼけた様で「石屋が分からない」というようなわけの分からないことを言われました。

不審に思った私が、義実家にしまってあったお墓の契約書を確認したところ、お墓を販売したA石材店の記名捺印がありました。

早速A石材店に連絡すると、驚きの事実が発覚しました。

「そちらのお寺に出入りしているのはB石材店と聞いているので、当店といたしましては販売のみさせていただいた状況です」

しかし「お困りでしょうから」と、お寺に確認を入れてくださることになりました。

A石材店からその日のうちに折り返しの連絡があり、ようやく私も事実を把握することができました。

どうやらB石材店とお寺とのご縁が何らかの事情により途絶えた後、住職がそのままにしていたこと。

それなのに納骨の予約を入れてしまっていたこと。

納骨をする際にはお墓の石を動かし、お骨を納め、お墓を元通りにするという作業が必要なのですが、それは住職ではなく石材店の仕事なのだそうです。

結局、A石材店のスタッフさん(50代女性)が代わりに立ち会ってくれることになり、後日に改めて納骨の儀式をしましたが、厳かでしんみりした気持ちにはなれないままでした。

というのも、住職はこの日を迎えてもなお、謝罪をしなかったのです。

さらに、お墓には義父の享年が、亡くなった年齢プラス1歳で彫られていました。

義実家のお墓は数え年ではなく、満年齢で彫ることになっています。

どうやら、納骨までの間に亡き義父の誕生日が過ぎ、住職がプラス1歳として計算し、A石材店にその年齢で彫るように指示したようです。

彫ってしまたものはもう戻せません。

私たち親族の帰り際、A石材店のスタッフさんが、住職に「お供え物はお墓に置いて帰っていいですよね?」と聞いてくれました。

そこでの住職の返答も、心ないものでした。

「腐るしカラスが来るので、お花も含めて全て持ち帰ってください」

これにはA石材店のスタッフさんも苦笑いでした。

このお寺は管理というものを全くする気がないのだと、怒る力も失せてほとほと呆れました。

それ以降、故人の命日などには法事を行なわず、お墓詣りだけをしています。

関連の体験記:夫の実家の異様な食事風景。座ることも許されず壁に向かって立たされた私/かづ
関連の体験記:え? 忘れてただと!? 父の7回忌でルーズな住職に激怒した母の「墓じまい宣言」
関連の体験記:100歳で亡くなった義母。結婚して36年、義母の仕打ちが本当にしんどかった...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

掘った内容を訂正すること出来ると思います。 亡くなった日を間違えたことを気にしてましたが、修正していただきました。
はじめまして。 お義父様を亡くされたのこと、お悔やみ申し上げます。 表題からどんな御住職なのかと読ませて頂きましたが、わたしはおかしいとは思いませんでした。 宗派によって違うと思いますが、戒名、法名に故人様のお名前を入れなければいけないと言うことはございません。思い入れのある漢字を使われたのならお子様であるお義兄様の字が入ってもおかしい事ではありません。歳もお寺によって、生まれた年から数えるところもあれば、そうでないところもあります。生まれた年から数えて、どうにかすると+2歳になる時もあります。 石屋さんの関係は本来ならご当家と石屋さんが連絡を取り合い、お勤めをお寺にお願いするものです。お供えやお花は、お供えした方が下げるのが礼儀です。 セレモニーの方も間違えておられたりすることが多いです。 本来なら、代々受け継がれていく事ですが、現代ではうまく伝わっているお宅は少ないです。 それぞれの地域や宗派、お寺によって違うところがたくさんあります。 まずはわからない事、疑問に思うことなど、御住職に直接教えて頂くことが大事だと思います。
何だかひどい住職さんですね… ただ、最後の お墓にお供え物、お花をお持ち帰りくださいと言う住職さんの言葉は心無くはないと思いますよ。 そのままにして帰ったところで誰が食べますか? カラスにぐちゃぐちゃにされて終わりです。 その片付けまでお寺さん任せと言うのは無責任過ぎる気がしますが(^^; お供えした物、お花等は お参りが終わった後に皆で食べたりするのが仏さんも喜ぶと前に我が家のお寺の住職さんが仰っていました。
他所の寺か霊園に移したら?
本当に酷い話ですね。こんな坊主がいるんだと呆れまさた。実は私は2年半前に大きな有名な病院で、腰の内視鏡手術をして、下肢障害になってしまいました。医師は自信満々で失敗の事例はない、5日で退院できるということだったのに、2か月半も入院。下肢障害と尿管閉鎖、大便もままならすになりました。それでも医師は僕は失敗していません。でも手だてはありませんと言われました。今は毎日辛い日々を送っています。医師とか坊さんとか、人の命や人生に関わる職業の人は自分の地位に溺れないで、自分のこと身内のことと思って仕事をして欲しいですよね。
このお話を読むに、勝手な言い分と、打ち合わせ不足が招いたことのように思います。もし、投稿主さんが、本気で嫌だと思うならば離檀をして墓地を移すことです。 相性が合わないお寺とは関わらなければ良いまでの話です。同調の言葉欲しさに批判を公にすることではありません。それこそ、先祖さんが泣きますよ。
戒名に注釈がついているのとその内容に笑ってしまった。 戒名は個人の名前の一部が使われていたりする事が多いですが必ずしもそうしなくてはいけない決まりはないのでは?この文字を使ってくれとか希望を伝えているなら別ですが。 葬儀の大きさとマイクは関係ないし、宗派にもよるでしょうがお誕生日で数えられる満年齢+一歳とする所も少なくないですね(お腹に宿ったときから数えるとしていると仰る住職もおられました。) 石屋さんとなんの相談もなくお寺さんは納骨しろと言われても「石屋さんがわかりません」となりますよね。 お供えも持ち帰ることが何故気に喰わないのか分かりません。 今回のことは不勉強が招いたことではないでしょうか。お寺さんにいちゃもんつける前に色々相談されたり教わったりするといいと思います。
お寺それぞれ違うのかな。年齢、戒名、お供え物は全くお寺側に非はない。墓石は自力で動かして納骨するから、お経だけです。石屋は不要。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP