「どうして洗ってあげないのですか?」と看護師さん。いいえ、父は自分の傷口くらい洗えます!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:みけ
性別:女
年齢:51
プロフィール:両親と同じ敷地内に住んでいる51歳自営業。

5.jpg

5年前に、当時75歳の父の右足首が感染症にかかりました。

感染症だと分かるまでに数日かかってしまい、分かったときには膿と言うのか水のような汁が流れるように出ていました。

腫れもひどく歩くのも辛そうだったこともあり、先生には入院を勧められました。

一緒に病院へ行っていた私も、少し症状が落ち着くまでは入院してもらった方が安心だと思ったのですが、病院が大嫌いな父は頑として拒みます。

そこで「毎日朝晩2回洗って保湿剤をつけること」を条件に、通院で治療していくことになったのです。

父は入院を避けられて先生の言葉に殊勝に頷いていましたが、私は「また、ポーズだ」と嫌な予感がしました。

なぜなら、父はその頃には極度の面倒臭がりになっており、自分で朝晩2回洗うなどしないだろうと思ったからです。

そして案の定、父は自分では一切洗いませんでした。

夕飯を食べに私が両親宅に行くのをじっと待っているのです。

では、自分では洗えないのかと言うと、そうではありません。

私がボディーソープで綺麗にすると、シャワーを使って足の指の間まで流すのですから。

要は、クレーターの様に凹み膿でぐちゃぐちゃの傷に触るのが嫌なのです。

そうは言っても自分の体なのだし...洗いやすいように、泡で出るボディーソープや足を乗せられる低い台も買ってきたのに...。

ある日、とうとう腹が立ってキレてしまいました。

「入院は嫌だと言ったのは自分なのだから、ちゃんと朝も洗わないと! できないと入院になるよ!」

さすがにマズイと思ったのか、自分で洗い始めたものの、効果は数日間だけ。

あっという間に「私待ち」に戻りました。

仕方なく夕方だけ洗う生活が続けていましたが、当然、病院では治りの状況から「ちゃんと洗っていない」とバレます。

そりゃそうだ、見る人が見れば分かるもんよ。

もう一度「入院しよう」って脅かしてくださいと思いながら傍らに座って聞いていると、驚いたことに、処置をしてくれていた看護師さんたちが私に苦情を言うではありませんか。

「娘さん、どうして洗ってあげないのですか?」

へっ? 私?

ちょっとムッとして「洗ってますよ」と言い返しました。

「毎日、朝晩2回洗うようにお話ししましたよね? 石鹸で洗うだけですからやってください」

看護師さんは苦い表情でキリっと。

いやいやいや、間違ってます、患者に甘すぎます。

看護師さんたちからすれば、誰でもいいから朝2回洗ってくれればいいのでしょう。

でも、怒る相手の順番が違うと思います。

「父は自分でできます。まずは本人の問題でしょう」

ついいら立って思わず声を荒げてしまいました。

すると、看護師さんたちは「あ、キレた」とばかりに動きが止まりましたが、そこは百戦錬磨の皆様。

仕切り直しも早く、何ごともなかったかのように「洗ってくださいね~」と軽い調子で念押ししてきました。

私、バカにされてる? でも、そう言うしかないんだろうなぁ。

しかし、怒りは収まらないので「はい、父に洗わせます」と答えました。

結局、その後も私が洗い続けたんですけどね...はぁ。

関連の体験記:目を疑うって、まさにこのこと。教師として真面目一筋で生きてきた78歳の父がパチンコ店に...
関連の体験記:夫の実家の異様な食事風景。座ることも許されず壁に向かって立たされた私/かづ
関連の体験記:長年連れ添って今さら!? 食事中に夫がテレビを見ながらボソッと「料理が味気ない」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

酷い娘だ。愛情も心配も全くない。それくらいできるんだから、と思うならそれくらいやってあげなよ。やらないと分かっているんだから尚更。分かっていてしてあげないのはただの意地悪ですよ、悪化しても自分が悪いということですよね。 看護師さんは呆れて諦めて黙っただけですね。お父さん可哀想と思って。
蜂窩織炎ですか? 病名もちゃんとわかっていないようですが、投稿者自体ちゃんと病状の理解できていました? 足を自分でしっかりと洗える人は感染症にかかったりしません。 体の機能的には洗うことが「できても」本人にやる気がなければ無意味。 つまりお父さんは「自分では洗えない」人なんです。 そして診察、処置に娘さんが付き添っている。 一人で受診させる事が出来ない=介助をするために側にいる。 なんで入院が必要なほどの感染を起こしていて、自宅で洗いますと言ったのに、この娘さんは手伝わないのか。そう看護師が判断しても何らおかしいことはありませんし、患者のことを思えば多少強めに家族に話をするでしょうね。 そこでいきなりキレる娘。ああ、あれはダメだって言われててもおかしくないです。父親はセルフケアが出来ないとプロが判断してるんです、実際できなかったでしょう?結局投稿者が洗ったんだから。言われるのが嫌ならお父さんの受診に付き添わなきゃいいだけ。ただの屁理屈捏ねてる面倒な患者父娘ですよ。 まるで看護師が悪いと言わんばかりの投稿、不愉快です。
頑固な親には頑固な子 遺伝してますねー
あぁこの娘はこんな状態の老齢の父親の面倒もみてあげないのね、と驚いたのでしょう。ただ家族の問題ですからそれ以上のことは賢く口を噤んだのでしょうね。 甘やかすなそれくらいできる、と思うなら、それくらいのことやってあげればいいのにね、足が駄目になって本当に介護になりたくないなら。
何故夕方に?入浴は大抵夜ではないですか?それならば朝洗ってあげれば夜は入浴時に洗うで事だ足りたのでは? 本人がやるのが投稿者さんは良いのでしょうが普段からお世話になっているのだからそれくらいとか言っちゃうくらいなら面倒くさがらずにちゃちゃっとやってあげたらいいと思う。入院まですすめられたのに甘く考えすぎ。
きっと 体が思う様に 動かないんだと思いますよ 50代の私達には 大した動きではないのかもしれませんが お父様は洗いたくても洗えないんだと思います それとも見えづらいか… 自分が大きな病気をした時に はじめて亡き父が動けず出来なかったんだなぁと感じ あぁ これぐらいなら怒らずやってあげれば良かったと後悔ばかりです お父様がいらっしゃる間に出来ることは 少しですよ
ほんとに、よくある話です。 どちらの状況も分かります。 ただ、看護師から強く言ってと、そのまま言葉にして欲しい。看護師はアセスメントもしますが、普段の状態は家族が一番ご存知です。 家族に甘える患者さんは多く年齢的に意欲減退して入浴さえ面倒になるし基礎疾患も影響しているかもしれません。 私達は外来の短い時間でなるべく患者自身がセルフケアを出来るよう考えます。そこに家族の協力も必要なので、お互いの持っている情報をそのままシンプルに行ったり来たりさせて、患者さんがセルフケアを出来る様お手伝いします。 ただ、すぐには無理ですから今は家族の協力により入院回避が一番でしょうか。 そして、いつか本当に自分で出来なくなる日が来るのですよね。それは体の衰えか、心の衰えが先か…その時の事も考えます。 自分の親が衰えていくのをいつもそばで見ている家族だからこそ感情的になってしまうのも当たり前。 だからこそ、外来ぐらいはそんな愚痴や気持ちをそのまま 話してどうしたら良いか皆んなで考えていきたいと日々思って働いています。 うちの外来は笑ったり怒ったり賑やかですヨ。
どちらの言い分も分かりますが、、、 きっと私も娘さんと同じ事したと思います。。 色々ありますよね。。。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP