過保護すぎない...? 息子の海外進学に「ついて行く」と宣言して離婚の危機に陥るママ友

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:とらとら
性別:女
年齢:52
プロフィール:アラフィフ兼業主婦。この春、息子が専門学校に進学しました。

5.jpg

私は52歳の兼業主婦です。

これは今年18歳になる息子を持つ私のママ友(Aさん)の話なのですが、彼女は最近息子さん(Bくん)の進路で夫婦喧嘩になり、離婚の危機に陥っています。

Bくんは昔から私の息子(17歳)と仲が良く、小中と同じ学校でしたが、当時から成績が優秀で高校は県内でも有数の進学校に進みました。

ただ、別の高校に進学してからもうちの息子とは連絡を取り合い仲良くしていたようで、たまに家に遊びに来ることもありました。

Bくん自身もとても気さくな子で、家に遊びに来たらきちんと挨拶してくれますし、手作りのお菓子を差し入れると「美味しいです」と喜んで食べてくれるような子です。

この間も卒業式が終わって数日した頃に家に来てくれました。

ある日、お茶を出しながら何気なく進路について聞くと、なんとBくんは海外の大学に進学したいらしく、向こうでは秋が入学になるので現在は家でその勉強をしているのだそうです。

「宇宙工学を学びたいので」とBくんは教えてくれてのですが、あいにく私はそれがどんな内容なのかは分かりません。

それでも、笑顔で「だから海外に行きたいんです」と進路を決めたBくんのことをすごいなと感じていました。

しかしそのすぐあと、別のママ友からBくんの家ですごい夫婦喧嘩が勃発していると耳にしました。

情報通のその方から詳しく話を聞くと、Bくんの海外進学にAさんがついて行く行かないでかなり揉めているそうです。

そもそもAさんの旦那さんはBくんに日本の大学に進学してほしかったそうで、さらにBくんについてくというAさんと大喧嘩となっているのだといいます。

正直、Aさんは昔から少しBくんに対しかまいすぎな面がありました。

塾などにも通わせ、風邪をひいたらいけないと必ず学校や塾の送り迎えをする徹底ぶりは、同じ親として過保護だなと感じていたのです。

Bくん自身も、中学の頃になるとそれに対し反抗し、自分で自転車で塾に行ってはAさんに怒られたなどと、うちの息子にこぼしているのを聞いたことがあります。

Bくんが今どう考えているかわかりませんが、息子曰く海外では寮に入ると言っていたそうなので、Aさんがついてくると言い出したことに戸惑っているかもしれません。

Aさんは離婚してでも海外に行くと言って旦那さんと冷戦状態だそうですので、Bくんが優しくてとてもいい子なぶん、今後どうなるのか少し心配です。

関連の体験記:「ママと行けば良かったな、ごめん」授業参観に来た亡き父を傷つけた幼い私。今は心から尊敬しています
関連の体験記:離婚した娘の子供の面倒を見る私。叱りつけた孫が持ってきた「あるもの」に涙が...
関連の体験記:娘の私のため、頼まれた友人のため...マスクを求め開店前のドラッグストアに並ぶ母に複雑な思い...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP