「女性を積極的に登用」が方針だから男性は不採用。これってダイバーシティなのだろうか...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:まろ
性別:男
年齢:41
プロフィール:3人の子どもと妻の5人暮らしです。キャリアの話で疑問に思ったことをご紹介します。

5.jpg

私は41歳の男性です。

自分のキャリアップの意識も高く、積極的に新しいチャレンジをしていこうと思って仕事をやっております。

そんな中、社内の新しいポジションの公募があり、興味のある内容だったのでエントリーすることにしました。

書類を提出し、無事に書類は通過しました。

その後、面接です。

面接では自分で言うのも恐縮ですが、反応は良く、それなりの手ごたえを感じておりました。

結果が出るまでにかなり時間がかかり、ようやく結果が届いたのですが、不採用でした。

自分の能力や経験が足りなかったのだと思い、気持ちを新たに次のチャンスを待つことにしました。

最近社内ではダイバーシティという言葉がよく使われており、積極的に女性を管理職や、重要ポジションに採用していくという方針です。

私はもともと、性別で評価が変わることはよくないと思ってましたし、いいことだと思います。

ただ、やたらと「女性の社会進出を推奨」などと聞くと、逆に変に意識をしてしまい、女性を何名採用するなどの目標が出てくるようになりました。

ビジネスで使うダイバーシティとは、多様性という意味です。

会社や人によって多少解釈は異なるかもしれませんが、国籍、性別、年齢などにこだわらず、多用な働き方を受け入れようということです。

その考えで言えば、女性ばかりを積極的に登用することは、ダイバーシティの理念に合っているのだろうかと疑問を抱くようになりました。

ある日、人事の担当者から、社内公募の選考に対しフィードバックを伝えたいと連絡があり、面談を実施することになりました。

採用面接での評価を聞くと、非常に印象が良く、評価が高かったとのことでした。

最終選考の候補者にも残り、採用された方と2名の選考であったと聞かされました。

ここまでオープンにしてもいいのだろうかと思いましたが、悪い話ではなかったのでそのまま聞いておりました。

面接官からも特にマイナスのコメントは全くなかったとも聞かされました。

私から、そこまで言っていただいて何が不採用の理由だったのですかと聞くと、ダイバーシティというワードが出てきました。

現在社内では新しいポジションや、キャリアアップに女性の採用目標を立てているとのこと。

その中で、今回はそこも検討し、女性の候補者であった方を採用することになったとの説明でした。

もちろん、その女性も優秀な方なのだとは思いますが、モヤモヤとした気持ちは残りました。

女性だから採用したととることもできるし、これはまさに性差別なのではと疑問を思う結果になってしまいました。

ただ、会社が言うダイバーシティに対する否定的な意見は言いにくい雰囲気があり、そのまま私も何も言えずに終わってしまいました。

女性管理職を採用します、と聞くのですがこれは女性だから採用すると聞こえてしまいます。

なかなか難しい問題ですが、疑問を抱いた1例の紹介です。

関連の体験記:「手伝いますよ」のひと言が命取り...44歳、義実家の町内会で「若手」と重宝される私の葛藤
関連の体験記:あなた、母親の自覚はあるの? 長女が「17歳で出産した孫」を家族で育てている我が家だけど...
関連の体験記:ハラスメント主張で職場をかき乱す高学歴モンスター社員。「常識」は勉強しなかった?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

甲乙つけがたいとき(例えば入試では同じ点数だった時)、最後は、なんで選ぶか、というのはその時によって変わりますし、今回は、最後の決め手が性別だった、というだけです。 無理にでも、国会議員の何割は女性に、取締役には必ず女性を、などという、男性からすると、それはそれでどうなの?ということが、これからも続くかもしれませんが、それくらいしないと、男性主体の社会は変わらないということです。 現に貴方は納得いっていないようですし。
単にあなたを選ばなかったことへの言い訳じゃない?欠点言うとパワハラだの何だの面倒だから。相手の女性があなたより優秀だっただけでしょう。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP