飼い猫に言い渡された余命宣告。落ち込む私を救ってくれたのは...(後編)/ふうたの飼い主

みなさんこんにちは。

日々うさぎの魅力を発信している「うさぎのふうた」の飼い主です。

【前回の記事】飼い猫に言い渡された余命宣告。治療を決意し、止まらない涙...(前編)/ふうたの飼い主

001.jpg

2021年1月21日

悪性リンパ腫であることが判明した我が家の末っ子たび。

病気が判明した時は、肺に水が溜まっており、腫瘍もかなり大きな状態。

手術で切除できない場所だったので、緊急入院の翌日から抗がん剤治療を開始。

002.jpg

初めての点滴・投薬・入院生活。

私は、腫瘍に対して何かしてあげられるわけではないので、たびのストレスを少しでも解消できればと、定休日の水曜日以外、毎日病院へ面会に行きました。

003.jpg

たびは私が面会に行くと、すぐに膝へ乗り撫でてアピール。

撫でている間は、これまで見せてくれたことがなかった穏やかな表情。

「ボクは大丈夫だよ」という意志を、目ヂカラで伝えてくれていました。

ですが実際は、
「自力で食べようとはしているが、食欲が無く強制給餌をしている」
と先生に言われたことも...。

少しでも不安を取り除けるよう、たびを気遣っていたつもりが、逆に気を遣われていたのは私の方でした。

004.jpg

おそらくたびは、少し前に長く生きられないことを悟っていたのだと思います。

私に気づかれないよう、元気な姿を装うことで病気を隠していたのでしょう。

抗がん剤治療をはじめて腫瘍が小さくなり、自分の体に何が起きているのかちゃんと理解できているのだなと、たびの表情を見て確信しました。

瞳の奥に宿る「生きる」という意思は、日々強くなっていましたから...。

2021年2月12日

抗がん剤の副作用で肝機能が低下し、すべてが順調とはいきませんでしたが、3週間の入院を経て、ようやく退院できることに。

005.jpg006.jpg

帰宅した時は、嬉しそうにキャットウォークを走る姿を見て、無意識に溢れ出る涙を抑えることが出来ませんでした。

抗がん剤治療の期間は約半年。

3月に入った現在も治療は続いています。

余命1ヶ月と言われて落ち込み、なかなか立ち直れなかった私を救ってくれたのは、たび本人の「生きる」という意志でした。

小さな命に過酷な運命を課した神さまを、最初は恨んでしまいましたが、必死に治療をがんばっているたびの姿を見て、今ではたびの飼い主に選んでくださってありがとうございますと感謝しています。

いつかは訪れるお別れの時。

ですが、1分でも1秒でも長く同じ時を共有できるよう今日も私はたびと一緒に、病気と闘い運命に抗い続けます。

ふうたの飼い主

【次のエピソード】うさぎの飼い主さんから意外とよく聞く「うちの子抱っこ出来ない問題」/ふうたの飼い主

最初から読む:犬?猫?いやいや!ペットを飼うなら「うさぎ」はいかが?/ふうたの飼い主

【まとめ読み】『ふうたの飼い主』記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ふうたの飼い主

ブログにてうさぎのふうたの日常をお届けしています。日本一の癒し系ペットブログを目指し毎日楽しく更新中です。うさぎとは思えないふうたの豊かな表情で癒されてくださいね。※うさぎと暮らす一例として見ていただけたら幸いです。

・ブログ新設!うさぎ+ネコのかわいい姿が毎日更新!!

「うさぎのふうた ~うさぎとネコと飼い主の日常~」

コメント一覧

体は小さくても延命すベく力は大きいことが良く窺えます。飼い主様、医療機関のたゆまぬ処置、そして先代の たろちん が生きる力を授けたのだと思います。
タビちゃんが飼い主さんの家族の仲間入りをして、末っ子ちゃんの天真爛漫ぶり全開で、かわいいと思っていたら、こんな大きな病気が見つかるなんて、想像できなかったですよね。 どうぞ神様がいたら、タビちゃんの病気を治して、奇跡をおこしてください。 タビちゃん素敵な飼い主さんに拾ってもらって幸せだね。
あなたがたびちんの飼い主で本当にありがとうございます。たびちんを守ってください。ただただ祈っています。たびちんは大丈夫だと。健気で私も涙が出ます。
たびチンが退院してきて 以前の生活が戻ったような毎日に見えますが、たびチンの病が完治した訳ではありません。人間のように辛さを口に出来ず、頑張ってるたびチンを ただ見守る事しか出来ませんが、頑張ってる飼い主さんに 私が言うのも変ですが ありがとうございます!と応援してます。
毎日「うさぎのふうた」を拝見しております。私も癌患者で抗がん剤治療を受けております。たびちゃんが小さな体で頑張っている様子を見て元気を貰ってます。たびちゃん 一緒に運命に抗って「生ききり」ましょうね
病気と戦っている小さな体のたびちん、ゆっくりでいいから、少しずつ前に進んでいって欲しいと思っています。飼い主さんも大変かと思いますが、サポート宜しくお願い致します。たびちん、応援しているから頑張ってね
いつも楽しくブログを拝見しております。たびちんはあんな小さな体でがんばっていますね。本人の気力がいちばんです。奇跡はめったにおこらないから奇跡と言うのだと思いますが、信じたいと思います。そしてこちら人間はあの小さなこを信じてあげたいです。飼い主さんの献身的な看病は、たびちんに伝わっているとおもいます。腫瘍なんて消えてしまえ!!
必ず神様は助けて下さいます、たびちゃんは苦しくても辛くても頑張って居ます、飼い主様辛いけど涙はたびちゃんに見せないでくださいね。特につむぎさんが心配していると思います、母親代わりでたびちゃんを育てて来られたことで口でわ言えないことで一番辛いと思います、
いつもブログ拝見しています。 命あるもの、必ず いつかは別れの日が来ますね… 私もうさぎを飼っていますので いつか別れの日が来ます。 わが家も猫を拾い、育てていましたから、病気になると子どもと同じで心配でしたし、できることはしてあげたいって思いました。 亡くなった時は悲しかったです。 これからもたびやふうたさん、つむぎ、よもぎとの長く楽しい日が続きますように。 また楽しみにしています。
たびちんは絶対に奇跡をおこす子です❗たびちん信じているよ❗ パワー送るから頑張ろうね❗

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP