飼い猫に言い渡された余命宣告。治療を決意し、止まらない涙...(前編)/ふうたの飼い主

みなさんこんにちは。

日々うさぎの魅力を発信している「うさぎのふうた」の飼い主です。

【前回の記事】うさぎにも血統書がある! 知っておきたいペットショップの「品種の実態」/ふうたの飼い主

001.jpg

我が家には、つむぎ・よもぎ・たびという3匹の猫がいます。

ちなみに皆、元野良猫。

家の中に保護して約1年5ヶ月、仲良く穏やかな日々を過ごしてきたのですが、2021年1月21日、末っ子、たびの胸に大きな腫瘍が見つかりました。

002.jpg

緊急入院して精密検査をした結果、遺伝性の悪性リンパ腫であることが判明。

獣医さんから言われたのは、「治療しなければ1ヶ月持たないでしょう」という事実上の余命宣告でした。

私の思考はしばらく停止し、頭の中は真っ白に・・。

「かなり大きな出費になるので、中には治療しない飼い主さんもいらっしゃいます」

獣医さんのこの言葉にショックを受け、再び思考は動き始めましたが、私の中で「治療しない」という選択肢はありませんでした。

「すぐに治療を開始してください。よろしくお願いします。」

意思を告げ、たびを連れてきた空っぽのキャリーを持って車の中へ。

003.jpg

この世に生を受けて1年半。

遺伝性の病気、抗えない運命。

なぜ神様は、こんな過酷な運命を与えたのか。

真っ暗な運転席で、しばらくエンジンをかけることが出来ず、頭の中でフラッシュバックするたびの姿と鳴き声。

溢れ出る涙を止められず、私は声を上げて泣きました。

後編に続く。

ふうたの飼い主

【次のエピソード】飼い猫に言い渡された余命宣告。治療を決意し、止まらない涙...(後編)/ふうたの飼い主

最初から読む:犬?猫?いやいや!ペットを飼うなら「うさぎ」はいかが?/ふうたの飼い主

【まとめ読み】『ふうたの飼い主』記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ふうたの飼い主

ブログにてうさぎのふうたの日常をお届けしています。日本一の癒し系ペットブログを目指し毎日楽しく更新中です。うさぎとは思えないふうたの豊かな表情で癒されてくださいね。※うさぎと暮らす一例として見ていただけたら幸いです。

・ブログ新設!うさぎ+ネコのかわいい姿が毎日更新!!

「うさぎのふうた ~うさぎとネコと飼い主の日常~」

コメント一覧

病ほど冷酷で人情がないものはありません。生けし者には生かされ生きる権利があるのですから。一秒でも速い完全快気を願うばかりです。
飼い主様 大変な思いをしてらっしゃると私も心配でなりません いつもブログで日々癒しを頂いておりますのに何も出来ない自身が歯がゆくてなりません ご自身のお身体もどうかご自愛くださいませ
毎日、ブログの更新を楽しみにしています。 ブログに、タビのことを教えていただくまで、考えに考えて、飼い主さん待っていますのタビに、どれだけ愛情を、注いできたか思うだけで、胸が締めつけられます。 検査結果は、3歩進んで2歩下がる感じですか? 当初、医師より言われていた「余命1ヶ月」は過ぎたところですか? 見守ることしかできませんが、私も思わず「宿命とは、なんと残酷なのか、神様は、何をしてくれてくれているんだ」と泣いてしまいました。 タビは、末っ子らしい、かわいい表情を見せてくれる天使ちゃんです。 毎日毎日、タビの体調は、どうかな❓と気になりながら見ています。 お兄ちゃんお姉ちゃん、ふうたくん飼い主さん御家族にブログを見ていらっしゃる皆様に見守られて、幸せですね。 どうか、タビが元気いっぱいになりますように! タビは幸せな
たびチンの病気の事をブログで報告を受けた時、私もとてつもなく大きなショックを受けました。 飼い主さんのショックは、計り知れない程だったはずです。今たびチンは、退院して 通院になりましたが、簡単に治る病気ではありません。私は、たびチンの回復の奇跡を願い、日々ふうたさんファミリーの為に頑張ってる飼い主さんを応援してます!
私も2才半で腎臓病で亡くした過去があるので他人事ではありませんでした。アガリクス、熊笹エキス、色々試しました。勿論輸血も、人口透析は、と、と先生に言ってみたのですが、猫には、お奨めできないと言われて諦めました。 その子の七回忌が終わるまで立ち直れませんでした。平均寿命迄生きられなかった事に責任を感じて毎日泣いていました。 他に交通事故の長期入院で200万円かかった子もいて、大変でしたが、ペットではなくて、子供なので、命には変えられません。 飼い主さんも色々大変だと思いますが、今できる事をやらなかったら、絶対後悔すると思いますので、躊躇せずにたびちんの治療を始めたのだと思います。たびちん、少しずつ少しずつよくなってくれる事を願うばかりです。 健康に気をつけてサポート宜しくお願い致します。
本当に金銭面とか大変だと思います。なのに一生懸命たびちんの面倒を見て頭が下がります。貴方は神様から選ばれたんだと思います。どうぞたびちんを助けて下さいね。頑張ってください。
いつも楽しくブログを拝見しております。あんなに元気でやんちゃなたびちんが大変な病気と知った時は本当にショックで、時が止まったというか音が消えたというか…。私でさえそんな感じでしたので、飼い主さんのお気持ち、お察しします。大事な家族ですが動物で健康保険もないですし、経済的な負担も動物を迎える時のリスクの1つです。私もうちのうさぎを迎える時に、蓄えがあるかと、迎えてからあのこの為の貯金を少しですが始めました。何もない間にそれなりにたまったので助かりました。お金の面で治療を悩まなくてはいけないのも辛いですよね。
飼い主様大変な思いを去れて折られるのは心が痛みます。たびちゃんも命が有る永く生きたいと思って折られます。お金には変えられない命をたびちゃん苦しいけども頑張ってね、全国の皆さんがたびちゃんを応援してるからね頑張って。飼い主さんを泣かせちゃ駄目よたびちゃん
たびちゃんは、今も元気してますか? ペット達が少しでも元気が無いとこっちも気が滅入ってしまいますよね!。わかりますよ 飼い主さんの気持ち私も先代わんこが皮膚癌でした。病院に行った時は、手遅れでした。出来物からは、修羅みたいなのが出て、その度に痛くて 触るのを嫌がりましたねー‼️ 顔も痛いので、顔顰めていました。その度に泣きながら薬を付けていました。家族からは、少しわんこから離れて暮らせばとも言われて居ましたけど、最後まで看取りました。4ヶ月は、ペットロスで、痩せて何もする気がありませんでした。家族さんも、今のタビちゃんと、思い出を沢山作っていて下さい。タビちゃんの病気がとれるように、私も心から祈っています。タビちゃん・飼い主さん家族の方いずれは来る、別れの事は考えないで、その日その日の今を、楽しく過ごして下さいね❣️
うちの子も悪性リンパ腫を患い、残念ながら最終的には天国へ旅立ちました。生後半年で病が発覚し、同じく1ヶ月の余命宣告を受けました。その日から抗がん剤投与を開始し、余命宣告の1ヶ月を元気に過ぎ、なんと3年抗がん剤を投与。その3年間は元気に過ごしてくれました。すっかり癌も消え去り、これ以上の投与は出来ないとの事で投与を止めると1ヶ月後に再発。再発後は、癌が強くなり抗がん剤も全く効くことなく、4歳を迎えることが出来ず旅立ってしまいました。治療費は200万を越えましたが、出来るだけの事はしてあげられた気持ちと、約4年と短い時間ではありましたが、沢山の思い出を作ることが出来ました。今は悲しみから抜け出し、いい思い出として一生涯忘れる事はありません。その子の為にも自分の為にも精一杯頑張ってください。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP