60年連れ添った父を亡くし、一人で暮らす母。電話の「私は大丈夫やから!」に思うこと/ゆるゆらり

六年間のデイサービス勤務の後、現在は訪問介護ヘルパーをしておりますゆるゆらりと申します。

前回の記事:かつて鬼のようだった姑が、今一番怖れているものは

昨年の一月に父が亡くなり、一人暮らしになった母。

最後の五年ほどは、本当に大変な老老介護でしたが、支え支えられた歳月は六十年以上に渡り‥

母の力が抜けてしまわないかと、姉と心配していましたが‥ 大丈夫と言う母1.jpg大丈夫と言う母2.jpg コロナ禍の中、行き来できない状況で、近所に住んでいてくれる姉家族の存在はとてもありがたいです。

私も、少しでも母の力になれるよう、何か探したいです。

父の「頼むで!」の声が聞こえるので。

【次のエピソード】同居? 施設? それとも...コロナ禍、訪問介護福祉士が見た「家族と本人の模索」/ゆるゆらり

最初から読む:アラフィフ専業主婦が姑&小姑の態度に一念発起!ヘルパーおかん誕生

【まとめ読み】アラフィフで介護職へ!ゆるゆらりさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ゆるゆらり

ブログ「ヘルパーおかん。アラフィフ専業主婦からのハローワーク」主宰。ダンナ、息子、娘、そして姑と同居する、資格なし・特技なしのアラフィフの専業主婦が、独り立ちを目論みヘルパーに! 現在、ヘルパーおかんとして奮闘中! 著書にコミックエッセイ『アラフィフでヘルパーはじめました』がある。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP