姉と妹は何もしない...。90歳の母の相手を1人でするのが苦痛でなりません/お悩み相談

日頃のモヤモヤやイライラ...人生を重ねると、さまざまな心配事が出てきますよね。そこで定期誌『毎日が発見』の「お悩み相談」コーナーから「読者の悩みと専門家のおこたえ」を抜粋してご紹介します。今回は、「わがままな実母の相手を1人ですることが苦痛...」というお悩みに、作家、あかね屋代表の橋本きよみさんがアドバイス。さあ、あなたは...どう思われますか?

pixta_40582316_S.jpg

【お悩み】

母の相手を1人でするのが苦痛でなりません

夫が定年後に再就職をし、毎日出勤するようになったため、母(実母)の相手を1人でしなければならないのが精神的に苦痛です。

母は90歳。

耳が遠く、認知症ではありませんが忘れっぽかったり、昔からわがままな性格で、会話が成立しないことも多いです。

私には、姉と妹がいますが、どちらもまったく様子を見に来ないことも腹が立ちます。

せめて、電話でも手紙でも良いのでなんらかの方法で連絡だけでも欲しいのですが、私が言っても送ってきません。

佐賀県F・Yさん(67歳)


【おこたえ】

深い縁でのお役目苦労以上のご褒美がきっと用意されています

旦那様が再就職されたことは結構なことですね。

そしてお母様のこと。

あなたの実のお母様ということですが、90歳になられた方ですから身体的不自由もおありでしょう。

ご姉妹もいらっしゃるようですが、あなたとの深い縁でそのお役目があるのです。

お母様の面倒をみられることは本当はとても幸せなことです。

かけがえのない生涯でただ1人の母親です。

どうぞ最後まで真心こめてみてあげてください。

お母様は感謝しておられます。

そして、お見送りされたとき、あなたは大きな満足感を得られます。

そのご苦労以上のご褒美が用意されています。

私は8人兄弟姉妹の真ん中ですが、母の最期2年間を引き受けました。

臨終のとき、「ようしてくれたぁ...。あんたの母親で幸せだった...」と母は言葉を残してくれました。

92歳。

満足の人生でした。

●橋本きよみさん(作家、あかね屋代表

※記事に使用している画像はイメージです。

【まとめ読み】あなたの意見は...?「お悩み相談」記事リスト

 

今回の先生

橋本きよみさん
作家、あかね屋代表。専門は「夫婦、家族」。

この記事は『毎日が発見』2020年9月号に掲載の情報です。

コメントする

この記事に関連する「お悩み」のキーワード

PAGE TOP