ああ、バブル時代、思い出のブランド財布...。当時、男性から「唯一受け取ったプレゼント」の行方

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:とらとら
性別:女
年齢:52
プロフィール:今年52歳の兼業主婦。最近上の息子に彼女ができました。

3.jpg

私は52歳の兼業主婦です。

最近大学生の息子(22歳)が彼女にブランド物の財布をプレゼントしたという話を聞いて、ふと昔を思い出しました。

私がまだ20代の頃、世間はいわゆるバブル時代でした。

男性はいかに女性にゴージャスな思いをさせられるかが大切という、特殊な恋愛観がありました。

知り合いの中には、誕生日に数名の方から同じブランド品を指定して買ってもらい、そのうちの一つだけ残して他を質に入れるという強者さえいました。

しかし私自身は相手に尽くしてもらうより尽くしたいタイプです。

今でこそ時代の流れに乗っていなかったことを少しもったいなかったと思うのですが、当時はお金を持っていることを故意にアピールしてくる男性を毛嫌いしていました。

また、男性の気持ちをもてあそんでいるような女性には嫌悪感に近い感情を抱いたこともありました。

しかし、そんな私も一度だけ男性の方からブランド物の財布を受け取ったことがあります。

相手の方は私より8歳ほど年上で、知人と飲みに行っていた時に知り合いました。

私は「お代は良いよ」言ったその方に「いえ、知り合ったばかりの方に奢ってもらうのも気が引けるので」と、失礼のないようお金を支払って店を後にしました。

それがどうやら彼には新鮮だったらしく、連絡先を交換することになりました。

とは言っても、当時はまだ携帯電話などもないので頻繁に連絡を取り合うことはなく、日程が合ったら食事に行こうと誘ってくれる程度です。

それでも、当時は彼が仕事以外で一番お会いしている男性でした。

そんな付き合っているとも言えないような曖昧な関係で食事をしていたある日、彼からプレゼントだとブランドの紙袋を渡されました。

「受け取れない」と断った私に、彼はこう言いました。

「君がプレゼントを簡単に受け取らないのは知っているけど、もう会えないかもしれないから最後の記念だと思って」

どういうことか聞くと、彼は事情を話してくれたのです。

「これから事業を展開するために大きな借金をする。今は景気がいいが、今後どうなるか分からないから、自分から離れておいた方がいい」

後で知ったのですが、彼はいわゆる青年実業家で、実際に夜の店を何軒か経営していたのです。

教えてくれた知人の話では、彼はその後本当に億単位の借金をし、新しい会社を立ち上げたそうです。

私とは住む世界が違う人で、私と会っていたのも気まぐれだったんだ実感し、以降は連絡を取り合うことはありませんでした。

その時渡された財布は、箱に入ったままタンスの中に大事にしまってあります。

未だにあれが恋だったのかどうかも分かりませんし、彼が私のことをどう思っていたのかも分かりませんが、なぜか捨てることが出来ずにいます。

関連の体験記:夫の裏切りにショック...8歳と6歳の娘が「夫の名刺入れ」から抜いて遊んでいたカードの正体は...
関連の体験記:同居する義母が救急病院へ! 近くに住む義姉が付き添ってくれた翌日、私に届いた「驚きのメール」
関連の体験記:「芸能人と付き合ってたの」って...。義母の「ささいな嘘」への「ひょっとして」が積もり積もってストレスに...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

使ってもらえず暗い中埃を被っているお財布が可哀想。 捨てるのはしのびないなら使ってくれる方にお譲りしたら? 他の方と出会って縁があって結婚して引っ越してもなお持ち歩いている使いもしない品物。というかその男性という思い出ですよね。いつまでも昔の思い出を大事に大事にしまいこんでいても仕方ないのでは。
旦那さんが引き出しの奥に未使用のお財布を隠していて、君と出会う前に何度か会った素敵な人からいただいたんだよ、彼女とは縁はなかったけど。とか言ったら、あら良い思い出ねとか言うのかな?おかしいと思われても言い訳できませんよね。 実家にしまいっぱなしとかならまだしも、わざわざ婚家に持ち込んで大事にしておく意味が分からない。
自分が素敵だと思う男性に贈られたプレゼント。そんな素敵な人に特別に贈り物をされた自分、そんな過去の栄光?が忘れられなくて処分できないんですね。 よっぽど現実の生活がご不満なのですね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP