「ごめんね、ばあば。でもね...」つないだ手を突然振りほどいた「8歳の孫娘の言葉」にほっこり

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:さくらみちこ
性別:女
年齢:53
プロフィール:孫の成長にほっこり。でも一抹の寂しさもあります。

9.jpg

これは2019年の冬、私と上の孫(当時8歳)との間に起こった出来事です。

私と孫は普段からとても仲良し。

孫が幼い時からずっと、当たり前のように手をつないでいました。

お買い物の時も、お散歩の時も、公園に遊びに行く時にも...。

その日もいつも通りに手をつないで近所をお散歩していました。

しかし、この日はちょっと様子が違っていて、孫が突然私の手をパッと放したのです。

それはまるで振りほどくかのように。

その出来事に「ん? どうしたの?」とびっくりしながら前方に目を向けると、孫のお友達の姿が。

こちらに向かって、大きな声で孫の名を呼びながら手を振っていたのです。

孫もすかさず手をふりかえし、お友達の方に向かいます。

それを見て「あ~、きっとお友達に見られたくなかったのね」と納得の私。

なにせ孫はもう8歳です。

恥ずかしさが芽生えても全く不思議ではありません。

とは言いつつ、「もうそんな年齢になったのね...」と、少し寂しい気持ちもありました。

そんな、複雑な思いを隠しながら歩いていると、それを悟ったのカナ?

孫は再び私の手をぎゅっと握り、私を見上げました。

「私はばあばと手をつなぐのが好き。ただ、お友達に見られるのが恥ずかしいだけなんだ...」

バツの悪そうな顔で自分の気持ちをそう伝えてきました。

そんな風にフォローしてくる孫の姿を見ると「小さかった孫はステキな女の子に成長しているんだな」とほっこりさせられます。

だったら私も孫に気持ちを伝えなきゃと思い、つないでいる手にほんの少しだけ力を込めました。

「分かるよ、凄くよく分かる。ばあばにも、あなたのママにだってそういう時はあったんだ。きっとそれが成長なんだよ」

そう言うと孫は安心したような笑顔を浮かべてくれました。

「ばあばの手あったかい。私ばあばの手大好きだよ!」

そう言って手をぎゅっと握り返してくれたのです。

その言葉を聞きながら、「そういえば、孫の成長を感じることが増えたな」としみじみと思いました。

例えば姉弟の関係で感じる成長。

下の孫(当時5歳)が叱られていると、素早く駆けつけ、弟には「もう分かったよね」と、叱っている大人には「もう大丈夫みたいだよ」なんて、一生懸命になだめるのです。

そんな姿を見ると「お姉ちゃんになったな~」とほっこりします。

ある時はママとの関係。

仕事の都合で、約束していたお出かけがキャンセルになった時のこと。

幼い時には、こんな場面は泣いて周囲を困らせていた孫ですが、今では「じゃ、来週こそ行こうね。約束だよ」なんて大人びた振る舞いができるようになったのです。

そして私の夫には何と注意をすることもあるんです。

夫が珍しく不機嫌な様子でご飯を食べていると、「じいじ、ご飯は楽しむものですよ。ばあばが一生懸命に作ったご飯をそんな顔で食べたらダメです!」と、とても穏やかな笑顔で注意をするのです。

これには夫も苦笑いするしかありませんでした

こんな風に、生活のいろんな場面でその成長を見せてくれる孫に、いつもほっこりさせてもらっています。

関連の体験記:共働きの息子夫婦に頼まれ、2歳から預かった孫娘。彼女が「小学校で書いた作文」で嫁との関係が...
関連の体験記:大学を留年した娘から送られてきた「留年分の学費返済計画」。苦笑いしつつ、一抹の寂しさが...
関連の体験記:娘には言えないけど...70歳手前、貯蓄はキープしたい私たち夫婦にとって「可愛い孫」への出費が痛い

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

久しぶりにほっこりした。いい話だ
子供の気持ちも分かるしお婆ちゃんの成長の嬉しさ悲しさも分かる。
うちの小学一年生の息子も既にそんな感じ。友達には見られたくないんですよね。 でも、誰もいない時にはスっと手を繋いでくる。可愛いですよね、子供のそういうところ 投稿者さんのお孫さんもとても可愛らしい。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP