え? あなた落選したよね? 「プロの立場からアドバイスしてあげる」と、なぜか作家気取りの友人

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:masako
性別:女
年齢:53
プロフィール:主婦です。56歳の夫と2人暮らしです。小説講座で知り合った友人に困っています。

1.jpg

53歳の主婦です。
子供はおらず、56歳の夫と2人暮らしです。
小説家志望で、たまに新人賞に応募しています。
今は辞めてしまいまいたが、以前は小説講座に通っていました。
その時に知り合った友人のAさんに困っています。
Aさんは40代後半の独身女性です。
受賞経験はありませんが、二次、三次予選の通過は何度もあり、講座では実力者として有名でした。
講師も「Aさんは必ずプロになれる」と太鼓判を押し、授業で模範作品としてAさんの小説の一部を教材として取り上げて絶賛したり、Aさんと対談形式で授業を進めたりと、他の生徒とは一線を画した扱いをしていました。
一般的に講師から特別扱いされると、嬉しい反面、照れくさかったり、他の生徒の目が気になったりと、困惑も多少は感じるのではないでしょうか。
ですが、Aさんはどんな褒め言葉、どんな特別扱いに対しても、微塵も臆したり照れたりする素振りはなく、堂々と当然のように受け止めていました。
Aさんは時に「先生。今の若い人はそんな風には感じないと思います」などと、かなりはっきりと講師に意見することもあります。
受講者の半分は、そんなAさんを「生意気」と敬遠し、もう半分は憧れ、頼りにしていましたが、私は苦手と憧れの中間で、強いて分けるならやや苦手よりでした。
「しっかりした女性」と好感を持つ反面、同じ受講者の立場なのにいつも何となく「上から目線」だからです。
もっとも、それは特別扱いする講師が悪いので、私は講座に通っている間はAさんとそれなりに親しくしていました。
そんなAさんが、昨年の初夏、ある大きな新人賞の最終候補に選ばれ、最終的には残念ながら落選しました。
私はその時すでに講座を辞めていたので、人伝に聞いたのですが、Aさんはかなり落ち込んでいるとのことでした。
私は講座を辞めて以来、Aさんとは連絡を取っていなかったのですが、気の毒に思い、「最終選考に残るだけでも凄いし、Aさんなら次は必ず受賞できるよ」というメールを送りました。
今思えばこんなメールを送らなければよかったです。
私が励ますまでもなく、Aさんはすでに立ち直っていました。
Aさんからの返信によると、講師や講座の仲間たちから「最終選考までいければ、プロも同然」と慰められたのが効き、今まで以上にやる気を出して執筆を開始したそうです。
「それなら良かった」とホッとしたのも、つかの間でした。
少し経つと、Aさんは他の受講生に「執筆進んでいる? プロの立場からアドバイスしてあげる」と言ったり、メールを送ったりするようになったのです。
その話を聞いたとき、「えっ、プロ? 落選したよね」と不思議に感じたのですが、どうやらAさんは、慰めの言葉を真に受けて、本当に「自分はプロと同じ」と思い込んでしまったようです。
そして、ついに、私のところにもアドバイスを押し付けるようなメールがきてしまったのです。
正直なところ、頼んでもいないのにアドバイスなど受けたくないので、どうしていいのかわからず、困っています。

関連の体験記:娘の私のため、頼まれた友人のため...マスクを求め開店前のドラッグストアに並ぶ母に複雑な思い...
関連の体験記:昔からの友人に初孫が! 友人宅にお祝いに行ったら「お嫁さん」が来ていて、予想外の展開に...⁉
関連の体験記:「もう昼間は何もないでしょ?」40代の友人よ、幼い娘を52歳の私に預けて...自分はバーゲンか~

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

きな臭いと思った講座にまだ通い続けているのですね。 講座より生徒さんたちにクセがありますね。プロを目指されているとの事でしたがその講座に拘る理由があるのでしょうか。周囲の人と合わないのなら変えるのもてなのでは。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP