「なんも食べたないわ...」コロナ禍で食欲が落ちた姑を「復活」させたのは...⁉/ゆるゆらり

義母と二十六年同居生活を続けています、ゆるゆらりと申します。

前回の記事:アラカンで転職した訪問介護ヘルパー。自分のペースで働くつもりが、緊急事態宣言で...⁉

同居から十年くらいは、ひたすら忍耐の日々でしたが、二十年近くなり、姑の衰えとともに立場は逆転、嫁が強くなっちゃったのですが‥

そこで、やり返すって気持ちにはなぜかなれず‥

それはたぶん、義母が孫のことは、自分なりに愛していたからで、まぁそこは認めてやろか!と思ったからです。

実際、孫たち(私の息子と娘)は、義母をとても大切にします。

それは、次のようなエピソードにも現れています。

高齢祖母のための孫料理①.jpg高齢祖母のための孫料理②.jpg

なんで、うちの子どもたちが、そんなに優しくなったかはわかりませんが‥

私の背中を見ていた?わけはないですね!

でも、孫がおばあちゃんを大切にするから、おばあちゃんもそれに応える‥その結果、家が明るくなり、私も、仕事に漫画に集中できる。

結果オーライの、義母との同居生活です。

最初から読む:アラフィフ専業主婦が姑&小姑の態度に一念発起!ヘルパーおかん誕生

【まとめ読み】アラフィフで介護職へ!ゆるゆらりさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ゆるゆらり

ブログ「ヘルパーおかん。アラフィフ専業主婦からのハローワーク」主宰。ダンナ、息子、娘、そして姑と同居する、資格なし・特技なしのアラフィフの専業主婦が、独り立ちを目論みヘルパーに! 現在、ヘルパーおかんとして奮闘中! 著書にコミックエッセイ『アラフィフでヘルパーはじめました』がある。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP