え...こんな細かいことを言う人だったの⁉ 在宅勤務で家事に口出しするようになった夫

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:よる
性別:女
年齢:42
プロフィール:節約好きの主婦です。お金をためて船の旅に家族で行くのが目標です。

28.jpg

少しだけ前の話です。

自粛生活で、お仕事が在宅勤務に切り替わって生活が変わった方も多かったと思うのですが、皆さんいかがでしたか?

私は専業主婦なので何の影響もないだろうと思っていましたが、予想が大きく外れました。

さんざん影響を受けて大変な思いをしたので、少しだけ愚痴らせて下さい。

今は通常勤務に戻りましたが、少し前、私の主人もコロナ対策で在宅勤務に切り替わることになり、3カ月ほどテレワークをしていました。

初めのうちは、通勤が無くなって自由な時間が増えるし、感染の心配が減るので、主人もテレワークを喜んでいました。

しかし、日が経つにつれて主人がイライラしていることが増えていきました。

その夫のイライラの影響を一番受けるのは、言わずもがな夫と一緒に過ごす時間が増えた私です。

一番嫌だったのは、夫は私の一日の家事のペースに口出しをしてくるようになったこと、それが本当にストレスでした。

「洗濯はもっと早い時間に回さないと、太陽が強い良い時間を逃す」

「掃除機はうるさいから、ほうきや雑巾で掃除しろ」

などなど、家事に口出ししてくる主人。

こんなに細かいことを言う人なんだと、結婚して長く生活してきたのにはじめて気が付き驚きました。

私も普段のペースがあるし、今までそれでうまくやっていたのだからとイライラしていきました。

そんなイライラが伝染するように、仕方ないことまでストレスに感じていました。

例えば、彼の仕事中はあまりテレビをつけられないことや、いつもは適当にすませていた昼食の準備などもしなくてはいけません。

負担が増えた様に感じましたし、もちろん部屋やトイレの使う頻度も増えて、掃除の手間も増えましたしね。

以前は主人が帰ってくる時間に合わせて、私も家事をこなせばいいだけだったので気が楽だったのですが、主人が働いているんだから私も何かしてないとみたいな気持ちにもさせられました。

今思うとそんなことはなかったのだけれど、監視されている様でストレスが溜まってしまっていました。

なかなか不要不急のが外出も出来ないので、友達とコーヒーを飲みながらグチグチいうことも出来なかったですしね。

やっと主人の在宅勤務が終わり、日常が戻るとイライラはすぐになくなりました。
夫婦の危機を脱したようです。

今になって話を聞くとテレワークの態勢が十分に整っておらず、そのせいで夫はイライラを募らせていたそうです。

私はそんなこと知らないので、主人のイライラの理由も分からず夫の行動ににモヤモヤしていました。

普段は大らかで優しい主人だけれど、不自由な在宅勤務を強いられてストレスがたまっていたので、私もつられてイライラしていたのかもしれません。

今は喧嘩も減り、家事に口を出されることもなくなりました。

関連の体験記:すべての会話に「うるせー」「バカ」。結婚15年、仲が良かった主人が豹変した哀しい理由

関連の体験記:41歳専業主婦の私。年3回の美容院すら「また行くの?」と言う、お金にシビア過ぎる夫が辛いです...
関連の体験記:「あぶねーな!周りよく見ろよ!」公園で遊ぶ小学生に怒鳴った「若いお父さん」。それ、どうなの...⁉

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

亭主元気で留守がいい、って感じですね。お互いにきちんとはなしをしたら良かったのに。長く付き合っていても言わなければ分かりませんよね。
会社の不具合をイライラして妻にあたる!って原因がわかったとしても許すべきではないです!では会社で人間関係とかでもめたら家にいる人に当たるのはいいんですか?自分何もしないくせに家事とか口出しして当て擦る事って間違っています!今は出勤になっていいかもしれませんが老後は死ぬまで永遠と続き遅かれ早かれ退職後は旦那は家に居るんですよ!次は退職後違う形でこれよりもっと酷い事が起きる可能性を秘めた亭主関白な旦那に今から甘い顔してたらつけあがるだけですよ!もっと先の事を見据えてください!

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP