「おやじギャクは疲れるよ」と言ってたよね...。55歳の夫が「ダジャレおじさん」に変貌してしまい...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:masako
性別:女
年齢:53
プロフィール:53歳の共働きの主婦です。55歳の夫が、寒いダジャレを連発しはじめて困っています。

33.jpg

53歳の共働きの主婦です。

子供はおらず、55歳の夫と2人暮らしです。

「布団が吹っ飛んだ」のようないわゆる「おやじギャグ」、聞かされると疲れますよね。

私も若い頃から、会社のオジサマたちが寒いダジャレを発するたびに、愛想笑いしながら、「どうしてオジサンはこんなにダジャレが好きなんだ。迷惑だからやめてくれ」と、内心ではウンザリしていました。

夫もちょっと前までは「オジサンのダジャレは疲れるよ」とため息をついていたものです。

それなのに、男性は年を重ねると、誰でもダジャレを言いたくなるのでしょうか。

夫も寒いダジャレを連発する「ダジャレおじさん」に変貌してしまったのです。

夫の変貌に最初に気付いたのは、今年(2020年)の6月、2人で出かけた外食の帰り道です。

街中を歩いていると、急に雨が降り出してきました。

夫はいつも鞄に折りたたみ式の傘を忍ばせているので、私は「傘、持っているよね。一緒に入れて」と頼みました。

すると、夫は鞄の中から折りたたみ式の傘を取り出し、ニヤリと笑ってこう言ったのです。

「傘はあるけど、貸さないよ、『傘」だけに」

夫は、口数の少ないおとなしい性格です。

冗談もあまり言いません。

ですので、私はかなり驚きました。

呆気にとられている私に対し、夫は「なーんちゃって」とおどけた仕草で開いた傘を差し出すと、さらにこう告げたのです。

「いつの間にか、梅雨入りしたんだね。梅雨だけに、『つゆ』ほども知らなかった」

まさかのダジャレ二連発に、「もしかしたら、この人もついにダジャレおじさんに?」と不安がよぎりました。

でも、その時はお酒が入っていたので、酔っ払って「柄にもなく陽気になっているだけだろう」と自分に言い聞かせました。

ですが、夫のダジャレは酔っ払いの戯言ではありませんでした。

コロナウィルスの感染者増加のニュースを観れば、「感染者の増加は、感染だけに、いかんせん」だとか、蕎麦を食卓に出せば「蕎麦を食べるときは、そばにいろ」だとか、飽きることなくダジャレを連発します。
私が偏頭痛で寝込んだときですら、「隊長、体調はいかがですか?」などと、くだらないダジャレを飛ばすのです。

はっきり言って、聞いていると疲れます。

しかも家庭内だけならまだしも、会社でも連発しているらしいのです。

本人曰く「大ウケしている」ということですが、社内の人たちは絶対に迷惑ですよね。

それなのにいくら言っても夫は聞く耳を持ちません。

やめるどころか、ネタ帳まで作り、「カッター、買った。それはよかったー」などと書き込んでネタ帳にしている夫に、本当に困っています。

関連の体験記:「あの子5分もおったな図々しい」家に遊びに来た友人を追い返した姑/かづ

関連の体験記:すべての会話に「うるせー」「バカ」。結婚15年、仲が良かった主人が豹変した哀しい理由
関連の体験記:2台あった車を1台にしたら...結婚10年、40歳夫の「知られざる一面」が!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

元々そういう人だって事ですよね。年取ると恥ずかしくなくなるのかな? ネタ帳?まで作って重症ですね。おさまることはなさそうなので職場の方は辛いですね。
いるいるそういうおじさん。それなりの年齢になってそれなりの地位にいたら皆気を遣って笑いますよ。嘘の笑いしかできない人とか冷めた目の人もいるけどきづかないんだよね。楽しいのは本人と必要以上に好意的に見てる人だけ。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP