コロナでまだ気軽に外食できないな...そんな我が家に根付いた「チェーン店の再現メニュー」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:しらたま
性別:女
年齢:45
プロフィール:少し体重が増えてしまったため、ダイエットに挑戦しようと決意してから、すでに数週間が過ぎました。明日こそは!

22.jpg

私(45歳)は、主人(44歳)と娘(11歳)の3人で暮らしています。

私が料理をするのが好きなこともあり、もともと我が家は外食が多いわけではありません。

平日や時間がないときには、作り置きのおかずを多めに準備して、活用しています。

また、週末や時間があるときには、家族のリクエストや自分の食べたいものを時間をかけて作ることにしています。

丁寧に料理を作ることは、私のストレス解消方法のひとつと言えるかもしれません。

だいぶ緩和されましたが、「おうち時間」が推奨され、「ちょっと外食」するのも微妙に気が引けるし、時間的にもまだ制限があったりしますよね。

ですが、そうなるとなおさら行きたくなるのがヒトのサガ。

しかし、新型コロナウイルスの怖さを考えると、気軽に外食をするのも難しいところです。

そんなとき、我が家では無料のレシピサイトで「○○風」メニューを探し、自宅で手作りして家族で楽しんでいます。

いつものメニューではなく、少し変わったものが食べたいときにも、外食の「○○風」メニューはおすすめです。

まず家族と、食べに行くならどこの店のどんなメニューががいいかを話し合います。

お店が決まったら、そのファストフードや外食チェーンのホームページを覗いてみます。

メニュー表が掲載されていますので、メニューの中から食べたいものを探します。

後はその再現レシピをインターネットで探して作るだけ。

また、インターネットで「外食」、「再現レシピ」などで検索すると、ファストフードや有名チェーン店のメニューがたくさん出てきます。

献立に悩んだときにも、再現レシピの検索は役に立ちます。

再現レシピを作るときのポイントは、メインだけでなく、付け合わせや、器などの盛り付け方法などをお店風にひと工夫することです。

我が家ではファーストフードの再現レシピを作る時には、付け合わせのポテトをお店のように手作りした紙製の容器に盛り付けます。

ドリンクはふた付きの紙コップに入れてストローを使い、サラダ用のフォークをあえてプラスチックの使い捨てタイプにするなどして楽しんでいます。

時間がない時にはなかなかできないことですが、幸い今は、自宅でごはん作りにかけられる時間がたっぷりあります。

外食をしている気分を味わえて家族も喜んでくれるので、作りがいがありますよ。

低価格帯のファストフードでも、実際にお店で購入すると数千円かかってしまうこともありますよね。

しかし、自宅で再現レシピを作れば割安になるのも、嬉しいところです。

楽しくて、しかも節約にもなるので、これからも作っていきたいと思います。

関連の体験記:娘の学費のため...50代・シングルマザーの私がホームセンターで始めた「ハードな副業」奮闘記
関連の体験記:「こ、濃すぎる...!」全く味見をしない義母の「ありがたいけど恐怖の料理」
関連の体験記:共働きの息子夫婦に頼まれ、2歳から預かった孫娘。彼女が「小学校で書いた作文」で嫁との関係が...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

楽しそうですね。最近はネットですぐにレシピが検索できて便利ですね。 環境問題が叫ばれる昨今、飲食店からもストロー等は姿を消していますね。気分はでますが使い捨てのプラステック製品がちょっと気になってしまう。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP