ああ、宝探しの血が騒ぐ!大量のモノにまみれた「叔母の部屋」を片づけたら...⁉/カータン

実家で2人暮らしをする高齢の両親をサポートしているカータンさん。緑内障を患い失明してしまった父と認知症が進行してきた母。しんどいこともあるけど笑えちゃう、介護のエピソードを、超人気ブログ「カータンBLOG」からご紹介!

前回の記事:ホームに入りたがらない叔母を説得。心を開く鍵は「共感」にあった!/カータン

週末を使い、夫と叔母の部屋を片付け始めて数週間。

いやー大量の物、途方に暮れるくらい大変!


なんだけど、
img20190702_21510919

なぜか血が騒ぐのだ。

私が子供の頃、住んでいた家の横には竹藪があって春になると、うちの庭にもタケノコが生えたのだ。

img20190702_21511508

よく母がそういってたから、私は母を喜ばせたくて、目を光らせて土を眺めるのが日課になった。

すると、いつからか
img20190702_21512245

そんな勘が働くようになって、タケノコ見つけ名人になった。

この成功体験がないところから何かを見つけ出すことの楽しさを教えてくれ、私は潮干狩りとか大好きで、行くと俄然張り切るわけだ。
img20190702_21513142

さて、なんでこんな話をしたかと言うと要するに、私にとって叔母の部屋は、
タケノコ狩りであり、潮干狩りなのだ。

ごちゃごちゃと溢れるものの中から大切なものを探す!

ワクワクするの!

img20190702_21513904

やっぱり私にはタケノコ探しの時に培った勘が今も衰えてないようで

img20190702_21514477

引き寄せられる何かを感じる。

いや、本当に大袈裟じゃなくて自分でも驚くくらいに!

先週末は、夫と二人で4時間ほど小物が入った箱や山積みになった書類を片付けていたのだが、夫に言われた。
img20190702_21542654

きわめつけは、書道を教えていた時の大量の空の月謝袋。

それを叔母は捨てずに残してあるのだが
img20190702_21543577

私のアンテナが作動し、開けてみたらやっぱり!
img20190702_21544307
本当に、ポチの生まれ変わりか?

そう思ったわ。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□
ないようなところから見つかる喜び!まぁ荷物はたくさんあるし、とても疲れるのだけど、この発見した喜びで疲れも癒される。(あっ、見つかったお金は叔母に返しますよ。見つけることが楽しいのですよ)夫に「南アフリカに行ってダイヤモンド発掘を生業にしたら」と言われたが、多分行ったら帰ってこないよ。

面白エピソード満載!大笑いしちゃうかも⁉ カータンさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

カータン

1967年4月生まれ。小学5年生から中学3年生まで台北で過ごす。子どもの頃から妄想が得意で、物心ついた時からエッセイストを志していた。大学在学中にふとした思い付きから客室乗務員を目指し、1990年から1997年までの7年間勤め上げたのちに退職。1998年に長女を出産し、専業主婦となる。その後、2006年7月に39歳で1590グラムの次女を出産し、その経験を活かすためにブログをスタート。2008年3月には『JAPAN BLOG AWARD 2008 総合グランプリ』を受賞する。

■転載元

カータンBLOG あたし・主婦の頭の中


51I38ZN1AiL._SX350_BO1,204,203,200_.jpg

『健康以下、介護未満 親のトリセツ』

(カータン/KADOKAWA

体に不自由が出てきたけど、ガッツリ介護が必要というレベルではない…そんな“健康以下、介護未満”な両親との付き合い方をお教えします。思わず笑っちゃうけど、不思議とジ~ンときちゃう、そしてためにもなる。すべての人に存在する「実家」というコミュニティ。いつかはやって来る両親の老い。どんな家族も「あるある」と共感できるネタが満載です。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP