幼い頃から「他人の話に全く耳を貸さない」20代の次女。ある「きっかけ」で自分を変えようともがくように...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:モコ
性別:女
年齢:53
プロフィール:頑固だった次女がようやく周囲の声に耳を傾け始めました。

45.jpg

お話するのは現在20代半ばの次女のエピソードです。

次女はもともと人の話を聞くのがとっても苦手。

その上少々気が強いため余計に厄介なのです。

それが始まったのは保育園の時から。

次女はその日の気分にあった洋服しか絶対に着ませんでした。

...誰がなんと言おうとも。

きっとこれはどこの家庭でもみられる光景ですが、多分娘は別格。

洗濯に出していると言ってもサイズが合わないといってもダメ。

着ると言い始めたらそれ以外は絶対受け入れません。

それが原因で遅刻やら休んだことが何度もありました。

また、これは小学生の時のこと。

学校で宿題の間違いを指摘された時なんて、担任の先生に向かって「みんなの前でそんな意地悪言わないで!」と食ってかかったことがあったそう。

困り果てた先生に呼び出され、平謝りしたことを今でも覚えています。

幼い時から次女は一事が万事こんな感じで、大人になった今でも根っこの部分は変わらずじまい。

親、姉妹、親友、彼氏、先輩に限らず周囲の言葉に耳を傾けることはありませんでした。

それが原因で親友と大喧嘩になったり、彼氏と別れたり。

その結果、次女の周りには「耳障りのいいこと」を言う人だけが残りました。

きっとそれが原因なのでしょう。

仕事においても、人間関係においても大きな失敗の連続。

成果を認められていた仕事でさえ、人間関係のトラブルが原因で辞めることになりました。

これが2019年に起こった出来事でした。

その後、これだけ人不足が叫ばれる中、再就職がなかなか決まりません。

これにはさすがの次女も落ち込んだのでしょう。

強がってはいましたが、彼女の様子からその辛さは手に取るように分かりました。

そこで母は動きます。

今なら頑固な次女が人の声に耳を傾けるかもしれない、ビッグチャンスが到来しているのですから。

誰の話になら素直に耳を傾けるだろう...と考えて、ピンと来たのが占い師さんでした。

距離が近くなくて、でも言われると気になる存在ですから。

「ちょっと占い師さんの所に行かない? 私も時々行くけど参考になるよ。聞きたくなかったら聞かないのもアリだし」

そんな風に誘ってみたところ、いつもなら二つ返事でNOという次女が「行く」と返答してきたのです。

この時は怖いくらい素直で、「ちょっと行ってくる」とすぐ占い師さんの元に向かいました。

そこで次女は、自分の良くないところをズバズバ指摘されたようです。

・自分に自信があるようでまったく自信がない
・物事を表面だけでとらえている
・見栄を張る傾向が強い
・人の話を全然聞かない
・そういうところがあなたの人生の足を引っ張っている
・変わりたいけどどうやって変わったらいいかが分からない
・好きな事への情熱にあふれている

ぐうの音も出ない次女に、占い師の方の言葉がとどめを刺したようです。

「今変えないとずっとこのまま。あなたの人生が好転することはありえない」

そう言われた次女は大きくショックを受け、いつもの強気の姿はどこにもなくて、涙さえ流していました。

このとき以来、就職先、人間関係、知り合いとの間に起った悲しい出来事などを、私に相談してくるようになりました。

これは今までの次女では考えられません。

きっと、何とか自分を変えようともがいているのでしょう。

そんな彼女を見ていると心がチクリと痛みつつ、同時に頼もしさも。

なにせ、ここで踏ん張れば明るい未来が待っているのですから。

それに、母の目には、小さな見栄を張り無駄に虚勢を張るよりも、今の次女の方が断然ステキに映っています。

頑張れ次女。

あなたの人生が好転しますように、温かい人に囲まれますように。

そう、母は願っています。

関連の体験記:33歳の娘は結婚しないのかしら...ソワソワしていた私に届いた吉報。後押ししてくれたのは...?
関連の体験記:「生活費必要?実家なのに?」離婚して子連れで戻ってきた娘との大ゲンカの結果は...
関連の体験記:結婚は気楽にするものではない――8年で離婚した妻が実感したこと

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

親は途中で諦めたのかな。他人の言葉の方が響くこともありますが本人は生きにくい世の中でしょうね。 ひょっとしたら障害があるのかなと思ったりもしますがそういう方はそんなに珍しくもないなかな。人の話をきくということは基本でとても大切なこと。これからうまくいくことが増えるといいですね。
私の姉が、まさにそう! 人の助言には一切耳を傾けず、困った時だけ、泣きついてくる。 何度もこちらから歩み寄り、態度を(少しでも)変えてくれるよう、話し合いを設けるが、いつも平行線に。。もう、こんな関係疲れました。。限界です。。 そんなわけで、距離を取ることに決めました。こちらからは、積極的には、関わらないことにしました。彼女の人生、これからどうなるのかな?周りは、耳障りの良いことを言う人たちだけだよ。。 次女さん、変わると良いですね。 お二人の幸せを心から願っております。(私自身も、ここに書き込むことで少しだけ心のモヤモヤが取れました)

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP