娘よ...ありがとう! 事務仕事で「体がカチカチの50歳」の私が半信半疑で「ローラー」に挑んだ結果

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:コロコロ
性別:女
年齢:50
プロフィール:長年の悩みである肩こりが解消され、最近、気分も前向きになってきています。

4.jpg

現在50歳の主婦です。

近頃の悩みは、肩と肩甲骨周りの酷いこりと、足のむくみ。

定期的に整骨院に行くようにしていますが、週5日パソコンを使った事務の仕事をしているため、すぐ戻ってしまいます。

そんな私を見かねて、ダンスをしている22歳の娘が「筋膜リリース」を勧めてくれました。

筋膜とは、体を包むボディースーツのようなもの。

皮膚の下には、筋外膜、筋周膜、筋内膜というものがあり、体の内部はこれらの筋膜で繋がっているそうです。

筋膜は、柔らかく、潤滑なものなのですが、体の凝りや、リンパの流れが悪いと筋膜同士が癒着しやすくなるのだそうです。

だからしっかりほぐしてあげることで、体のむくみや疲労が取れてすっきりする効果が期待できます。

これを「筋膜リリース」というのだそうです。

使うのは凸凹がついた筒のようなローラー。

こんな筒が何に効くの? と半信半疑で使ってみましたが、ふくらはぎをのせて軽くコロコロしたつもりが...激痛!

びっくりしました。

嫌な痛さではないのですが、強くもみほぐされていく感じ。

筋膜同士が癒着してしまっているというのがよくわかります。

少し我慢してコロコロと続けていくと、固まっていたコリが分解されるように軽くなります。

続いて、横向きになり太ももの外側をコロコロ。

ここは自分の体重がかかっていることもあり、しっかりほぐされている感じ。

特にお尻と太ももの境の部分は「ゴリゴリ」と音が聞こえてくるのではというくらい効きました。

次は、横向きのままひじをついて脇の下をコロコロ。

ここが一番痛かった! それもそのはず。

ここは脇から背中にかけてある大きな筋肉があるところで、ここの筋肉が固いと肩や肩甲骨周りの動きが悪くなるそう。

肩と肩甲骨周りの酷いこりが悩みの私は、この部分が痛いのも納得です。

ここで気を付けなくてはならないのは「無理は禁物」ということ。

ほぐされているのを実感すると「もっと! 徹底的にほぐしたい!」という気持ちになってしまいますが、我慢できない痛みが出た時はいったん、動きを止めます。

痛きもちいいというところでゆっくりと勧めることがポイントです。

しばらく使ってみたところ、翌朝疲れを繰り越さないようになりました。

慣れてくると、体のどこの部分が凝り固まっているかと自分のコンディションがわかるようになりますよ。

気分が乗らないときは、無理せず、テレビをみながら足の裏をコロコロするだけでもOK! 

筋膜リリースローラーの見た目は、ごついですが、軽いので持ち運びも楽ちん。

どこでも気が向いたらできるのも便利です。

全身くまなくケアできるので、忙しくて整骨院に行けないときにも重宝しています。

娘からは「私よりもお母さんのほうが活用してるよね」なんて言われます。

体が軽くなってきて、気分もなんだか明るく前向きになってきたので、スポーツでもしてみようかなと考えています。

関連の体験記:な、な、なぬー?「痩せてる」と思っていた45歳の私が、体組成計でショックを受け...?
関連の体験記:うちの車は姑のタクシーじゃない!夫が姑と交わしていた「ありえない約束」/かづ
関連の体験記:「この家に車を置かせてくれ。そして...」車を買った義父からの「驚きの提案」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP