夫の従妹の結婚式で、新郎新婦の愛犬がサプライズ登場! でも、4歳の息子は犬アレルギーなのよ...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:まーち
性別:女
年齢:31
プロフィール:夫の転勤で地方に移り住んで早2年。田舎の市街地は住みやすいです。息子(4歳)ものびのび育ってくれています。

26.jpg

先日、夫の従妹の結婚式に家族でお呼ばれした時のこと。

4歳の息子にとっては初の結婚式への参加だったので、服や靴も買い揃えて楽しみにしていました。

そして式当日。

素敵なチャペルで愛を誓う幸せそうな新郎新婦を見て、胸がいっぱいになっていたその時。

「ここで、お二人の大切な家族に結婚指輪を持ってきてもらいます!」

と司会者からのアナウンス。

その「大切な家族」とは、新郎新婦の「愛犬」!

犬用ドレスとベールでおめかしした小さな犬が、チャペルの入口に登場。

リングの入った箱を首にぶら下げ、新郎新婦のもとへバージンロードを歩きはじめました。

それを見た他の参列客は大喜びで、「可愛い~!」「頑張れ~!」とかなりの盛り上がりでしたが......。

実は、うちの息子は犬アレルギー。

しかも、過去に喘息を起こしかけたレベル。

直接触れる距離ではないものの、予想外の犬登場に唖然としてしまいました。

「あなたはワンちゃんといると苦しくなって、ひどくなると息ができなくなるかもしれないから触っちゃダメだよ。なるべく離れてね」

息子には普段からそう言い聞かせていたので、本人も「ママ、僕ここにいて大丈夫?」と不安そう。

目立たないよう、息子を抱き上げて会場の外へ行きました。

夫も状況を察してくれました。

「このまま犬と退場するかもしれない。式が終わったら知らせに行くから受付ロビーにいて!」

会場から携帯でこっそりメッセージをくれました。

その後犬は退場したのですが、披露宴中もまた犬が登場しないかと不安で不安で......。

息子に症状が出ないか気がかりで、お食事の美味しさも半減。

宿泊先のホテルでも息子が目をこする度「犬の毛のせい? 結膜炎になったら大変......」と心配になりました。

遠方ということもあり、余計に不安が大きくなり「夜中に苦しくなるかも......。すぐ病院に連れて行けるようにしないと」と、夜もなかなか眠れず......。

幸い何事もなく済んだのですが、怒り、悲しみといろんな感情が後からじわじわとこみ上げてきました。

会場に犬が入ってくるのは予想外だったので、招待状の返信はがきにあったアレルギー記載欄は食物に限ったものだと思い、特に記載しませんでした。

あの時ちゃんと書いていれば......と自分を責めています。

後日、義母にだけは世間話の流れでさりげなく話しましたが、新婦(夫の従妹)の親というのは、義母から見ると、自分の夫の姉夫婦なので伝えにくいのでしょう。

ちなみに、義両親も式に愛犬が出ることは事前に知らされていなかったそうです。

式場のプランナーさんも、打ち合わせの段階で「ゲストにアレルギー持ちの方がいるかもしれないので、ワンちゃんが挙式に加わることは事前にお伝えください」など、一言添えなかったのか疑問です。

私の収まらない気持ちの整理と、事実確認のために式場に今回の件を話そうと考えています。

そして、式場から新郎新婦または新婦の親にも伝えてもらうべきか迷っています。

ですが人づてに聞くことで、かえってショックを受けてしまうかもしれず、心苦しいです。

夫の話によると、例の愛犬は近くのゲスト数人に鼻をくっつけて匂いを嗅ぎながら歩いていたらしく......。

その中に着物の女性がいたのですが、後でご友人に「裾にシミとかできてない?」と心配されていたそうです。

「ペットは家族」という思いは理解できます。

ですが、ペット同伴の結婚式は必ずしもゲスト全員が喜ぶ演出とは限らないということ。

トラブルが起こって悲しむのは、一生懸命準備をしてきた新郎新婦であること、きちんと考えてほしいです。

関連の体験記:自家用車2台で!?「曾祖母の住む関西へ行こ」と突然、親族10人での旅行を計画した義母
関連の体験記:「この子にもドレス着せて!」結婚式の準備で唖然とした義母と義妹のトンデモ行動

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

確かに、式場側のアレルギーの確認は必要だったと思います。ですが投稿者の方、『結婚式に犬なんか連れて来るな!』と言いたいのが、言葉の端々に感じられます。ペット同伴で式が出来る会場はかなり限られるので、新郎新婦にとって愛犬の参加はとても重要だったと思われます。なので、自分の子供が犬アレルギーだからといって、そういう人がいるから犬連れの結婚式は辞めて欲しい…というのは、違うと思います。
元ブライダル業界勤務です。 「結婚式に犬なんか連れて来るな!」という気持ちを感じたのは、貴方が愛犬家だからではありませんか? ご自分が犬好きだと、どうしてもこういう話はご自身で飼われている犬まで悪く言われているような気持ちになって、どうしても過敏になってしまうのは、私も犬を飼っているので理解できますが、 「連れてくるなら一言欲しかった」「式場の対応は充分だったのだろうか?」くらいの温度感かと。 投稿者さんの文章の中には、犬同伴の結婚式そのものへの否定の言葉はありません。最後の「トラブルが起こって悲しむのは、一生懸命準備してきた新郎新婦であることを考えてほしい」⇒本当にその通りです。貴方の言った「新郎新婦にとって愛犬の参加が重要」なのであれば、尚更新郎新婦はトラブルなく素敵な式になるように考えて準備しないと。もし新郎新婦が脳内お花畑でゲストに配慮できないなら式場が代わりにリードすべき。
愛犬家さんと同意見かなぁー ペット可の結婚式場は少ないし、ペットがちゃんと仕付けられているか厳しくチェックされているところが多い 新郎新婦は大切な家族と思って選んだんだろうなぁー 悪いけど、投下者さんは自己中に感じてしまったわ
サプライズなんかじゃなく、招待状に「家族である愛犬も参加します」と案内があれば良かったんだと思います。アレルギーがあれば欠席できますし、着ていくものも選べますしね。だいたい、新郎新婦の犬が出てくるのって誰に対するサプライズなんでしょうかね?笑 でも、投稿者さんが考えているような本人たちへの報告や事実確認はやり過ぎ。もう終わった式なんですし…。
元ブライダル業界勤務です。 投稿者さんは犬同伴の式を否定しているわけではなく、「やるなら充分な配慮をして」と思ったのですよね。まったく自己中ではありませんよ。 私がいた式場は動物NGでした。決してワンちゃんをばい菌のように扱うわけではなく、大勢が食事する場所に動物がいることを良く思わない人もいます。建物の都合上、厳しいリスク管理をしていました。 投稿者さんはアレルギーのお子さんがいたから焦っただけで、きちんと披露宴も過ごしたのですよね。でしたらむしろ自己中なのは新郎新婦or式場。動物全般苦手な人もいます。アレルギーだって生死に関わる事態になることもある。自分にどうしても嫌い・苦手なものがあるように、他人だって同じ。プランナーがそれを理解していて一言添えたのか、何も考えず「いいですねやりましょう!」なノリだったのか気になります。 個人的には、犬飼ってますし大好きですが、お呼ばれで人の愛犬出てきても特別嬉しくはないです。 結婚式は自己満ばかりじゃなく「ゲストが喜ぶこと」を詰め込みたいですね。独身友人を呼び出してのブーケトスもしない人増えてます。 お子様、健やかに育つこと祈ってます!
私はずっと家で犬を飼ってる愛犬家です。かつアレルギーも持ってますので、アレルギーのある方の気持ちもわかりますが、 この場合は、配慮不足だと思います。 また、個人的には披露宴はゲストをもてなす為のものと思っていて、ペットを連れて行くのは良くないと思う。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP