え⁉家賃が振り込まれていない...⁉ 独身で几帳面な叔母に...一体何が!?/カータン

実家で2人暮らしをする高齢の両親をサポートしているカータンさん。緑内障を患い失明してしまった父と認知症が進行してきた母。しんどいこともあるけど笑えちゃう、介護のエピソードを、超人気ブログ「カータンBLOG」からご紹介!

前回の記事:最近、冷蔵庫がキレイと喜んでたら...野菜室に大量の賞味期限切れ「避難食材」が⁉

夫には私の母と同じ歳の叔母がいる。


img20190617_21383486

叔母の異変に気づいたのは、
今年に入ってから。

叔母が住むマンションの大家さんから
電話がかかってきたのだ。
img20190617_21384385

マンションの階下に住んでいる
大家さんは叔母の様子をよく知っている。

img20190617_21385135

家賃を振り込むのを忘れる以外にも
おかしな話をするようになったと。

img20190617_21382747

どれも叔母の被害妄想らしい。
家賃は毎月、叔母に代わり
夫が大家さんに振り込むことにして・・・

img20190617_21385950

大家さんの親切に甘えさせてもらうことにした。


しかし、事態はどんどん
深刻になっていった。

毎日のように夫のところに
叔母から電話がかかってくるようになった。

仕事中でも構わずに
叔母は一方的に喋ってくる。

img20190617_21390854

そして、そんなことが続いたあと、
叔母は夫に言った。


img20190617_21391596

何かあってからでは大変だと
夫は休みのたびにホームを見学にまわり、
うちから比較的近い
有料老人ホームを見つけた。

img20190617_21392180

そして、5月の休日、
車で叔母を迎えに行き、
本人にホームを見学してもらった。

img20190617_21403013

叔母も気に入った様子だった。

ところが、見学した翌日から
叔母からまた電話攻撃。

img20190617_21403930

でも、そんなにすぐには入れない。

入居するにあたり、
病院での身体検査や入金、
諸々手続きを済まさねばならない。

6月、
ようやくすべての準備が整った時、
大家さんから電話があった。

img20190617_21404668

つづく

□■□■□■□■□□■□■□■□■□
夫の両親はすでに亡くなっていて、叔母は夫の父の妹。3人兄妹で、叔母は末っ子。真ん中の妹はすでに他界している。叔母は夫を頼りにしているのだけど、父方の叔母ということで、昔からそんなに親しい間柄でもないんですよ。母と同じ歳だけど、叔母は先生として最近まで働いていたし(今も個人的には教えてる?)認知症になるなんて思いもしなかった。

面白エピソード満載!大笑いしちゃうかも⁉ カータンさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

カータン

1967年4月生まれ。小学5年生から中学3年生まで台北で過ごす。子どもの頃から妄想が得意で、物心ついた時からエッセイストを志していた。大学在学中にふとした思い付きから客室乗務員を目指し、1990年から1997年までの7年間勤め上げたのちに退職。1998年に長女を出産し、専業主婦となる。その後、2006年7月に39歳で1590グラムの次女を出産し、その経験を活かすためにブログをスタート。2008年3月には『JAPAN BLOG AWARD 2008 総合グランプリ』を受賞する。

コメント一覧

私たち夫婦も子供なしです。どちらか一人になったらおばさんのように普段付き合いのない姪や甥(夫側)の世話にならないよう元気なうちに身元保証人やこうしていざという時に手を貸してくれる方を有料でサポートしてくださる方を探しておかねば。。。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP