「もういい!早く死んだほうがいい!」介護計画の話し合い中に...なぜか父が激怒⁉/カータン

実家で2人暮らしをする高齢の両親をサポートしているカータンさん。緑内障を患い失明してしまった父と認知症が進行してきた母。しんどいこともあるけど笑えちゃう、介護のエピソードを、超人気ブログ「カータンBLOG」からご紹介!

前回の記事:「もう死んでしまいたいわ...」母お得意の「哀れみの術」にやれやれ...

介護認定の計画を立てるため

BlogPaint

ケアマネさんから電話があった。

BlogPaint

後日、ケアマネさんから電話があり、なんとか皆さんその日に集まってくださることになった。
早めに実家に行き、準備する。

img20190527_20551173

皆さん揃い、現状と今後について
話し合いが行われた。
15分も経った頃か?

BlogPaint

二階から父の声。

母が父のいる二階へ行った。
戻ってきた母に聞いた。

img20190527_20551985

しばらくするとまた父の声だ。

BlogPaint

同じように母が行った。

BlogPaint

みなさん次の予定があり、1人抜け、1人抜け・・・

最後まで残ったケアマネさんと、最後に2階の父のところに行くと、父は1人怒っていた。

BlogPaint

そうじゃないって!

BlogPaint

そう言ったのに、もうひねくれヒロシは手が付けられない。

img20190527_20573328

怒りたい気持ちをグググと抑え実家を出たけど
(私は相手が熱くなると、かえって冷静になる性格)
もう運転しながら怒りがこみ上げてこみ上げて!

img20190527_20573907

暴走事故を起こしかねない。

スーパーの駐車場で止め、姉に電話。

img20190527_21351585

姉が私の100倍怒ってくれて、ようやく怒りが収まった。
あぁ、ありがたい姉の存在。

お陰で安全運転で帰ってこられた。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□
この間、知り合った方のお父さんが父と同じ「博」という名前で、「お父さん、頑固じゃないですか?」と聞いてこられた。「うちの父はどちらかというと陽気で・・・」と答えたのだけど、その人にメールしたくなったわ!「博、頑固!超頑固ですよ!今日やっとわかりました」と。

面白エピソード満載!大笑いしちゃうかも⁉ カータンさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

カータン

1967年4月生まれ。小学5年生から中学3年生まで台北で過ごす。子どもの頃から妄想が得意で、物心ついた時からエッセイストを志していた。大学在学中にふとした思い付きから客室乗務員を目指し、1990年から1997年までの7年間勤め上げたのちに退職。1998年に長女を出産し、専業主婦となる。その後、2006年7月に39歳で1590グラムの次女を出産し、その経験を活かすためにブログをスタート。2008年3月には『JAPAN BLOG AWARD 2008 総合グランプリ』を受賞する。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP