また生クリーム、また昼ビール...。持病持ちのアラフィフ友人たちの「豪快な食生活」にハラハラ

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:おたべ
性別:女
年齢:50
プロフィール:パート主婦です。子供はいません。

15.jpg

年齢を重ねるに従って、周りの友人たちもなにかしらの持病を抱える事が多くなりました。

親しい友人のAさん(50歳)は糖尿病、Bさん(44歳)は高血圧と診断され、服薬をし、食生活も改めるよう言われているようです。

...なのですが、Aさんはしょっちゅうパフェやラーメン(全部のせ)を食べますし、Bさんも相変わらず塩分が多そうな食事をしています。

食べることが大好きな彼女たちにとって、食事制限はとてもつらいものだとは思います。

でも、病気を直したいはずなのに、何故医師から指示を守らないのか...ヤキモキしてしまいます。

まずAさん。

彼女はお酒は飲まないのですが、食べることが大好き。

それもあって、食事制限をされているのにもかかわらず、血糖値が上がっては教育入院を繰り返しています。

生活も不規則で、夜中まで起きてTVを見てはお菓子を食べ、午前中いっぱい寝てお昼にラーメン......なんて生活をしています。

食事に気をつけているときもあるのですが、やっぱり食べたくなってしまうらしく、喫茶店では大きい生クリーム付きのケーキを頼みがちです。

私が「ちょっとクリーム多めじゃない?」と恐る恐る指摘したところ、「夜は炭水化物抜いているからいいのよ!」...と。

でも、その分お腹が空いて、夜中にお菓子食べてるじゃない...⁉と思うのですが、その言葉を飲み込んでしまいます。

ストレスがたまるのも血糖値に良くないと聞くので......。

一方Bさんは、お酒が好きで、つまみによくあうような塩分高めのものが好物です。

高血圧になってからは、血圧計で毎朝と夜しっかり記録していて、その点は本当にえらいと思います。

ただ、飲みすぎた日の翌日、「血圧高かったわ〜、あはは」と笑顔で、ファミレスでビールをのむながらポテトを食べるBさん。

さすがに日中からはやめたほうがいいのでは?...とたしなめると「夜は我慢してるから!」という彼女。

血圧にもストレスは良くないと聞くので、またも黙るしかない私。

二人共がんばっているとは思うのです。

ストレスもあるでしょうし、自分なりに食べるものを気にしたり、血圧を測ったり...。

ですので当事者でない私は、相手を悲しく、不愉快な気持ちにさせてしまいそうで、なにも言えません。

でもお茶をする時に大きいクリーム付きのケーキを食べるAさん。

そして昼から生ビールを頼むBさん。

二人を見てると、どうしても一言「大丈夫なの?」と言いたくなってしまうのです。

関連の体験記:育児の話で持ちきりの同僚たち。一方わたしは50代にしておばあちゃん感が!?
関連の体験記:「いざという時はやるよ」と育児にノータッチの夫。結局「何もしないまま」子供は大きくなったとさ

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

余計なお世話、なのでは? その人たちが健康を害して、何か投稿者さんに迷惑がかかるんですか? 投稿者さんが食べたくないのに、ケーキやビールを押し付けてくるんですか? こんな人たちのために医療費が無駄に使われてる、と考えてるならわかりますけど 投稿者は何がしたいのか、言いたいのかわかりません 嫌なら付き合いをやめればいい 50代にもなって、友達付き合いも上手くできないものですかね?
友人が病気になったら悲しいから、健康的に生きて欲しいだけじゃない? 迷惑はかけてないけど、そこが心配なんでしょ。 50代で新しく出会う友人がいないからこそ、今の人を大事にしたい、健康でいて欲しいんじゃない? 投稿者さんがあなたに迷惑かけたわけでもないのに、最後の嫌味たっぷりなコメント怖すぎる なんでそんなカリカリしてるの?

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP