孫の優しさに比べて娘は...。骨折してリハビリする72歳の私への冷たい態度に涙が...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:じゃがいも
性別:女
年齢:72
プロフィール:免許返納もそろそろ考える歳に近づいてきていると感じます。

8.jpg

私は72歳で、現在は75歳の夫と二人暮らしです。

44歳の娘は結婚当初から近くに住んでおり、正社員で働いていたため、孫が小さなころはよく預かりました。

保育園に2歳のころから通っておりましたが、お熱での呼び出しは当たり前。

小学校では学童に入らず我が家へ来ていたため、宿題も毎日のように見て、夕飯もよく作っていました。

偏食で嫌いなものが多い子だったので、揚げ物やパスタなど、和食が好きな私たち夫婦と味覚はあいませんでしたが我慢しました。

多めに作って、孫を迎えに来た娘に持たせることもよくありました。

孫は外遊びが好きなとても元気な子でした。

「テレビゲームはさせないでほしい」という娘の要望もあり、公園によく連れて行きました。

かくれんぼをして腰痛になったり、鬼ごっこをして足をくじくこともありました。

孫の世話をするのは、身体が弱い私にとっては一苦労です。

しかし、娘からヘルプがくれば、頭痛が酷い時でも、吐き気がしていても、かわいい娘とかわいい孫のためと、老体に鞭打ってお世話をしてきました。

娘には大変感謝され、私も後悔はなく、頑張って良かったと思っていました。

それなのに......最近はモヤモヤする思いでいっぱいになってしまいました。

つい先日、私が躓いてケガをしました。

大腿骨の骨折で1カ月の入院でした。

やっと自宅に戻ってこれたのですが、痛みはまだあります。

入院して筋肉が衰えたせいもあったのでしょう、足を引きずって歩く生活で、まだまだ日常生活には戻れません。

リハビリに通っていますが、病院に行くのも一苦労です。

そんな中、娘は入院した日と退院した日に来てくれただけで、連絡一つくれないのです。

忙しいのは分かりますが、「なにか手伝おうか?」「これやっておくよ」そんな言葉さえかけてくれませんでした。

むしろ、退院した日に会ったときには「最近忙しいんだよね」と。

なるべく連絡をしないでほしいというオーラを出されたのです。

私は、介護をしてもらおう、という気はないんです。

ただ、優しさや思いやりが欲しかっただけなんです。

しかしあきらかに迷惑だと拒絶する態度に、虚しさを感じました。

中学生になった孫は、部活動で忙しいですが、帰りや休日に顔を見せてくれることがあります。

そして、洗い物をしてくれたり、お菓子を買ってきてくれたり、私への気遣いを見せてくれます。

孫の優しさに触れていると、娘の冷たさをより一層感じて寂しくなったり、娘の幼いころを思い出したり......。

いろいろな感情がごちゃまぜになって涙が出そうになります。

■おすすめの体験記

自分のことは自分で!冷たい娘と言われてもそれが母のためだから/あぽり
「生活費必要?実家なのに?」離婚して子連れで戻ってきた娘との大ゲンカの結果は...
「生活費を入れたくない」自分探し中のフリーターの娘とのバトル

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

相続を孫にして娘には最低法定相続分だけにすれば。管理は娘じゃなく、弁護士とか司法書士に託して。
編集の方がきっと綺麗にまとめられたんだろうなと思います。私は頑張った、私は尽くした、私は私は私は…。専業主婦の人生だったのかなと、この方。 娘の非常さ、娘婿の非常さもわかる。 でも、本来は年齢しか書かれていない、生きてるはずの自分の夫にしてもらいたかったことを娘の冷たさとリンクして、全部娘に怒りを溜めてないですか。 ギブアンドテイクなら、孫が孫なりに返してる。良い子。自分が育児したからと欄外に匂わせてる。 あの、まだ、足りないですかね。吐きそうなとき、労るべきは投稿者の夫だったし、つらいときは孫を引き受けてはいけないぐらい、大人なら分別をつけられる。それは、感染症予防の観点からもそう。しなければならないこと。 まず、文句や恨み節は、文章にでてこない夫と向き合うことから。娘さんは、投稿者の夫である自分の父が理不尽でかばってくれず、自己犠牲のヒロインな母を冷たい目で見てるような気がします。 お身体、どうかお大事に。
非常ではなく、非情でした。 誤字失礼しました。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP