「私が代わるわ。皆さん忙しいでしょう」デイサービスで出合った「優しいサプライズ」/ゆるゆらり

介護福祉士をしながら、介護漫画を描いていますゆるゆらりと申します。

前回の記事:常に人手不足の介護業界。でも...こんな「魅力」があるってご存じですか?

デイサービスに来られる方々は、介護度も様々。

認知症がかなり進んだ方もいれば、認知症は全くなく、でも身体がご不自由な方も...。

千差万別な対応が要求される中、常に人手不足で完璧な対応ができないこともあります。

そんな時...。

側にいるから1.jpg側にいるから2.jpg
こんな美しいシーンを見た時に思うのです。

介護職は利用者様を助けているように見えるけれど、本当は助けられているのではないかと。

歳月と経験を経て、輝きを増し進化を続ける方が幾人もいらっしゃるのです。

そんな方とふれあえる介護職、私は素晴らしいと思うのです。

アラフィフで主婦から介護の仕事へ!? ゆるゆらりさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ゆるゆらり


ブログ「ヘルパーおかん。アラフィフ専業主婦からのハローワーク」主宰。ダンナ、息子、娘、そして姑と同居する、資格なし・特技なしのアラフィフの専業主婦が、独り立ちを目論みヘルパーに! 現在、ヘルパーおかんとして奮闘中! 著書にコミックエッセイ『アラフィフでヘルパーはじめました』がある。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP