楽しかった父の誕生会。でも裏口で「母が隠していたゴミの山」を見つけてしまい.../カータン

実家で2人暮らしをする高齢の両親をサポートしているカータンさん。緑内障を患い失明してしまった父と認知症が進行してきた母。しんどいこともあるけど笑えちゃう、介護のエピソードを、超人気ブログ「カータンBLOG」からご紹介!

前回の記事:介護認定調査でシャドーボクシングを披露!張り切りすぎる父にまいった...

今日は父の82歳の誕生日だった。
姉とうちの家族で実家に行った。

e0f63e6d-s.jpg

父は大喜びで、

0c981b66-s.jpg

みんなでケーキを食べ、
楽しいひと時を過ごした。

そして、穏やかな気持ちのまま、
帰ろうとした時、

0f183e94-s.jpg

そう思って台所にあるゴミを片付けて・・・

d2e1dd8f-s.jpg

そして、裏口に向かったら

8630d1fd-s.jpg

そこには、なんと!!
母が隠していたゴミが

8ddaa579-s.jpg

それもまた生ゴミとプラ、
缶、ビン、ごちゃ混ぜじゃん・・・。

d704835e-s.jpg

おぉ母よ・・・

f0078d1e-s.jpg

母には怒っても仕方ない・・・

でも、帰りの車の中、
なぜか無性に泣けてきた。

25170602-s.jpg

楽しさと切なさのギャップが 今日はあまりにも激しすぎたよ・・・。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

いつもはこんなのへっちゃらなんですけどね、でも、今日はなんだか堪えたんですよ。でも、夕飯後、爆睡したら立ち直った。疲れてたのか? 大丈夫! もう元気だ!

認知症の母との面白エピソードも満載!カータンさんの記事リストはこちら!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

カータン

1967年4月生まれ。小学5年生から中学3年生まで台北で過ごす。子どもの頃から妄想が得意で、物心ついた時からエッセイストを志していた。大学在学中にふとした思い付きから客室乗務員を目指し、1990年から1997年までの7年間勤め上げたのちに退職。1998年に長女を出産し、専業主婦となる。その後、2006年7月に39歳で1590グラムの次女を出産し、その経験を活かすためにブログをスタート。2008年3月には『JAPAN BLOG AWARD 2008 総合グランプリ』を受賞する。

コメント一覧

祖母を見てると母や自分が同じ様になるかもと不安になります。子供達に迷惑かけたくないな...。
親の介護をやっと終えて… これからは我が身 明日は主人か 私なのか?考えると地獄だ⁉️

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP