自分の生活がギリギリで助けてあげられない...。重度の精神障害に苦しむ30代の娘が心配です

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:夢乃
性別:女
年齢:53
プロフィール:成人男女二人の子供を持つシングルマザー、派遣社員をしながら日々変化していく自分と日夜奮闘しています。

12.jpg

30代半ばの娘は、よく言えば天真爛漫で、周りからは自立心が強く礼儀正しいと言われてきました。

ですが、実際は上手くコミュニケーションが取れず、自分の考えを押し通すワガママなタイプ、だと私は思っていました。

高校生くらいから何かと言うと「私なんか必要ないんでしょ!」などと激昂するようになり、手の付けられない状態に。

自室にこもり、リストカットを繰り返すため、心療内科を受診したところ、重度の精神障害と診断がくだり、自立支援を受けるようになりました。

その後娘は社会人となり仕事をはじめたのですが、症状はどんどんひどくなっていきました。

2年ほど前には私の母とくだらないことで言い合いになり、警察を呼ぶ羽目に。高齢者虐待との指導を受け、頭を抱えていたのですが、その後半年くらい経ったころ「一人暮らしをする」と部屋を決めて出ていってしまいました。

その後もコミュニケーションがうまく取れないようで、とうとう出勤することもできなくなりました。今では生活支援のお世話になっている状態です。

気になるのは、そんな状態にもかかわらず趣味に勤しみ、おまけに猫まで飼いだしたこと。

確かにペットを飼うこと自体は精神的に落ち着くらしく、心にもいい傾向にあると言うので医師からも勧められていました。

自分のできる範囲で飼うことはいいのですが、猫を飼うだけでもお金がかかるのに、他の趣味にも湯水のようにお金をかけるため困っているのです。

「もう少し控えては」と提案をしても、聞き入れるどころか激昂して反論。私には手が付けられません。

今は多少落ち着いてきているようで、少しずつ趣味に費やす金額も減ってきているようです。

ただ、月の半ばになると経済的にきつくなるようで、お金の無心にやってくるようになりました。

私は母と二人で生活をしているのですが、いつもギリギリの状態なので、助けようにも助けてあげることがなかなかできません。

娘には「家に来てご飯を食べたりするのは構わないけど、お金は貸せない」とはっきり話をしてはいます。

それなりに解ってはもらえているようですが、将来の事を考えると不安でなりません。

私自身も体調が良いわけではないため、いつ働けなくなるかわかりませんし、娘もいつかまた仕事に就ける日が来るのか......。

もう何年も心療内科に通っていますが、なかなか回復する兆しが見えない娘。親としてはどうしてあげればよいのか、困り果てています。

関連記事:彼女の「頑張り」に気づけなかった私。親友がうつ病になって思うこと

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

境界性人格障害でしょう。 通院している病院に、患者の家族として困っている旨を相談しましょう。 そこで解決できないようなら紹介状を書いてもらってセカンドオピニオン、役所やNPOへの相談もいいと思います。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP