もしや、それは...?「手芸愛」あふれる先輩の作品をほめた私に訪れた恐怖

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:たけちゃん
性別:女
年齢:52
プロフィール:主婦です。子どもはおらず、最近転職しました。新しい職場の人間関係に悩んでいます。

18.jpg

転職したばかりの52歳の主婦です。

現在の職場の先輩Aさん(65歳女性)のハンドメイド攻撃にモヤモヤしています。

私の新しい職場は、お昼休みは交代で取り、休憩室で過ごすのが基本です。

ある日、在職20年のベテランAさんと、二人きりでのお昼休みとなりました。新しい職場でうまくやっていくには、Aさんを敵に回すわけにはいきません。それなのに私はテンパってしまい、お茶をテーブルにこぼしてしまいました。

「す、すみません」と慌てる私に、Aさんは「これで拭きなよ」と、パッチワーク・キルトのティッシュ入れを差し出してくれました。

そのティッシュ入れは、ひと目で手作りの品だとわかりました。

縫い目が明らかにミシンによるものではないのです。薄茶とグレーの切れ布の配色も「シック」というよりは「地味」に近い印象でした。

でも、ボタン付けすら面倒な私からすれば、充分に称賛に値する品だったので、Aさんに尋ねました。

「素敵なティッシュ入れですね。Aさんが作られたのですか?」

Aさんは大きく頷くと、「手芸が趣味であること」「特に針仕事が好きで、お菓子をつまみながら針を動かすのが、至上の楽しみであること」など手芸愛を熱く語り始めました。

そのとき「あなたにも作ってあげるね」と言われたのですが、社交辞令だと思い、気にもしませんでした。

ですので、翌朝、職場に着くなりAさんから、「はい。約束のアレ」と小さな紙袋を手渡されたときは、本気で何の約束なのか思い出せませんでした。

袋の中に入っていたのは、パッチワーク・キルトのティッシュ入れ。

もちろん下手ではないのですが、手作り感が満載で、かすかに防虫剤の臭いがします。聞けば、パッチワークの布は、ご自分の古着とのことでした。

古着のリサイクルと知り、かなり引いてしまったのですが、気持ちは嬉しかったので、丁寧にお礼を述べました。Aさんは満足そうでした。

使わないと悪いと思い、ティッシュ入れをバッグに忍ばせ出勤すると、再びAさんから紙袋を渡されました。

昨日のより二倍の大きさの紙袋には、ポーチと携帯ストラップが二つずつ詰まっていました。私と主人の分だそうです。

困惑する私に、Aさんはこう畳みかけました。

「お返ししなくいいからね」

本当に「気を遣わなくていいよ」といった感じの口調でした。でも、お返しをするつもりなど1ミリもなかった私は、殴られたような衝撃を受けました。

私はその日、お礼の品として、千円程度のお菓子を買って帰りました。

自宅で貰ったポーチを手に取ると、チョコレートと思しき小さな焦茶の物体が付いていました。「お菓子を食べながらの針仕事が好き」というAさんの言葉が思い出されます。このポーチを作ったときも、チョコレートをつまんでいたのでしょうか。チョコレートを口に入れた指で、縫ったのでしょうか。

潔癖症ではないですが、想像するといい気はしませんでした。

「なぜ欲しくもない物を貰って、お金を使わなければいけないのか」とモヤモヤしつつも、翌日、Aさんにお礼の品を渡しました。Aさんは飛び上がらんばかりに喜びました。

「息子の嫁なんてお礼も言わないのに、あなたは偉いわ」と褒められ、ほんの少しモヤモヤも晴れたのですが、やっぱりお返しなどしないほうがよかったにかもしれません。

なぜなら、私は見てしまったのです。休憩時間にAさんが「刺繍入の手提げバッグ」を縫っているところを。

アレは誰のために作っているのでしょうか。

私のためとしか思えません。

もし、そうだとしたら、またお礼をしなければならないのでしょうか。この先も続きそうでモヤモヤは募るばかりです。

関連記事:感情的で固定観念が強いパート先の先輩。会社はお友達会じゃないって、わかってます?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

要らない物にお礼だなんて。相手に悪気が無いし、職場の先輩でもありますし、困っちゃいますよね。私にも似たような経験がありますが、3回目にお礼した時に「貧乏だから、もらっちゃうだけにする」とおどけた感じで言ったら、それまでは誠実に対応していたので特に問題は起こりませんでしたが。相手の方の性格にもよりますけど、貧乏だからパートに来てまーす!とか言ったらダメでしょうかね?

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP