別部署に異動した元同僚が嫌がらせ!?分かりやす過ぎるうっぷん晴らしに困惑

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:向日葵
性別:女
年齢:51
プロフィール:12歳から23歳の3人の子ども&脳梗塞の夫と暮らす、ワーキングマザーです。

2.jpg

食品加工のパートをしています。私の部署は女性ばかりの10人構成で、年齢は40から50代と同世代です。女性ばかりの職場なので小さなトラブルなどはありましたが、大きな問題もなく順調に仕事をしていました。そんな日常が崩れたのは、部署の仕事量が大幅に減ったことが原因でした。

仕事量が減れば当然仕事の時間も減り、給料も減ってしまいます。そこで、もっと稼げる職場を見つけて転職する人も出てきました。そんな中、チームリーダーだったA子さん(56歳)は、同じ工場内で労働時間が多い別の部署に自ら希望を出して異動することになりました。

A子さんは、部署内では一番の古株だったためチームリーダーをしていましたが、自分の仕事を減らして気に入らない人の仕事を増やしたり、機嫌が悪いと大人しい人に当たり散らすなど、自分に甘く他人に厳しいところがある人でした。それでも、「まあ、古株だから仕方ない」と、周りはあきらめていたのです。その彼女が他の部署に異動することで、同じ部署内では「これで仕事がしやすくなる」と歓迎ムードになりました。そしていよいよA子さんは、部署を異動していき、彼女の次に古株だった私がチームリーダーに繰り上がることになったのです。

チームリーダーと言っても、給料が増えるわけではありません。他のパートさんと同じ仕事をしながら、部署内の仕事の割り当て表を作ったり、掃除の当番を平均になるようにローテーションを組んだりと、雑用的な仕事が増えるだけです。それでも、まかされたからには皆に納得がいく平等な割り当て表を作ろうと、私なりに頑張りました。A子さんは、皆が仕事をしている間に自分だけ仕事を離れてよくローテーション表を作っていましたが、常々皆から「あれはサボりだよね」とか「毎日時間かけすぎだよね」などと愚痴が出ていたのを知っていたので、就業時間内には作らず、家で作るようにしました。

そんなある日、公休明けに仕事場に入ったら、壁に掲示してあるローテーション表がなぜかシワだらけに。どうしたのか聞いてみると、昨日私が休みの時にA子さんが来て、「こんなもの!」と言って、ローテーション表をはがしてグシャグシャに丸めてゴミ箱に捨てて行ったとのこと。なぜそんなことをするのか訳が分からない私に、懇意にしているB美さんが「A子さんは手書きだったけど、あなたはパソコンで作ってくるからプライドが傷ついたのだろう」と教えてくれました。私にすれば寝耳に水です。仕事中に手書きで書くよりも、1カ月分をパソコンで作成した方が時間も手間もかからず簡単です。それでプライドが傷ついたからといって、こんなことをされても困る、というのが正直な気持ちでした。

ところが、A子さんの嫌がらせは、それだけには止まらなかったのです。部署で使っている備品が更衣室のゴミ箱に捨ててあったり、作業の効率化を図るために作った計算用紙が、部署の床一面にばらまかれていたり。どれも、目撃者がいたためA子さんがやったことだとわかっていました。私もさすがに精神的に疲れてきてしまい、これはいよいよ社員に相談しないといけないかな? と考えていたときに、その嫌がらせはピタリと止んだのです。

風の噂によると、A子さんは新しい部署になじめず孤立していたようです。今まで自分の思い通りに仕事をしていたのが一転、新人扱いされて、自分の代わりにチームリーダーになった私に嫌がらせをしてうっぷんを晴らしていたようです。私だって、好きでチームリーダーになったわけではないのに理不尽な、と思わずにはいられませんでした。ですが、新しい部署になじんで、嫌がらせも収まった模様......。なんにせよ、一安心の現在です。

関連記事:感情は押し殺さない。うまくコントロールすることが必要/「感情に振りまわされない人」の脳の使い方

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP