「愛想が尽きた」と転職後1カ月で出戻り!? トラブルメーカーな元同僚

この体験記を書いた人>

ペンネーム:ぎょぎょ
性別:女
年齢:47
プロフィール:20年社員として働いています。いろんな人がいるなぁと驚かされます。

17.jpg

先日会社を退職した元同僚。彼女は既婚者で、2人の子供を持つ同期です。

会社を辞める前、いろんなグループに首をつっこんでは話をややこしくして、会社に愛想が尽きた的なことを言ってやめていきました。要はトラブルメーカーでした。とにかく自分の思い通りにやらないと気がすまなくて、チームで動くことが苦手なタイプでした。だからってリーダーになれる器でもありません。

それから彼女は恋多き女で、ご主人のほかに誰か彼がいないとだめなタイプ。その頃は子供のPTAで知り合った方と不倫関係にあったようです。ご主人もよく知っている方だったので、事実を知ったときはショックでしたが、まぁ彼女だったらありえるな、と思いました。

自分が気に入らないとヒステリックになったり、対象の人の悪口を言い歩くようなところがあった彼女。社交的なので、みんな最初は仲良くなるのですが、だんだんついていけず、あっけにとられていました。

彼女が知らない人と仲良くなる手段は決まっています。まず嫌われている人のリサーチをします。そして誰も知らないようなことを調べては、まわりに言いふらします。たとえば嫌われている社員のSNSアカウント、Twitterなんかを割り出して、性癖から個人的な件まで調べるわけです。同じ敵がいると女同士って距離が近づきますものね。そのときは面白おかしく聞いていましたが、今考えると怖い人だなぁと思います。

彼女は無意識にそういったことができる人でした。そして、自分が使えそうな人間(たとえば管理職とか)は個人的に飲みに誘って仲良くなります。

そして、自分が気にいらない上司や同僚の悪口をインプット。彼女は積極的に問題の改善案なども提案するため、一見会社にとってプラスのように見え、管理職はその気になってしまうわけです。そういった感じで、チャンスをゲットしてリーダー的なたちまわりをはじめます。でも、しんどくなると泣きながらその管理職に泣きつくことがしょっちゅうでした。

そんな彼女が、突然20年間社員としてやっていた今の会社を辞めて転職すると言い出しました。正直ほっとしている同僚はたくさんいたようです。私もそうきたかと思いましたが、また気分で言っているものと思っていました。でも転職先を決めてきてさっさと転職していきました。

まあ、その行動力は尊敬するのですが、40過ぎで今よりも好条件で転職ということは、なにか特別な理由があるとか、仕事がハードなのだろうと予測はつきました。彼女は自信満々で転職していきましたが。
彼女が転職して1カ月ほどたったとき、パワハラがすごいとか昼も食べられないとか、精神的に参っているという話をほかの人にしているのをうわさで聞きました。もしかしたら、またうちの会社に戻りたいとか言ってきそう......と思っていた矢先、はやりそういう話を管理職に連絡していたようです。
やめたばかりだし、今度ばかりは相手にされるわけがないと思ったのですが、いつもの手段で個人的にその管理職を飲みに誘い「困ってるんですぅ」と泣きついたようです。そしてその管理職は力になるようなことを言ったとのこと。着々とその話は進んでいると聞いています。
いったん退職して条件が思っていたのと違ったのでやっぱり前の会社に戻りたいと言う彼女にもあきれますが、まんまとその話に乗ってしまう管理職の駄目さにがっかりでした。

ただ、どんな手を使っても、どんな風に周りに見られても目的を果たそうとする彼女のその強い意志は、今の時代必要なときもあるのかも、なんて思うところもあったりします(笑)。

ただ、その話を聞いた社員全員驚きを隠せませんでしたし、どんな顔して帰ってくるつもりなのか正直興味しんしんです(笑)。ただただ、同じグループにはこないでね、と願ってやみません。

関連記事:ゴシップが好まれる日本はあぶない/鎌田實「だまされない」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

週3日、LINEでオススメ記事が届く!

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP