これって不満のサイン?うさぎなりの表現方法/ふうたの飼い主

みなさんこんにちは。

日々うさぎの魅力を発信している「うさぎのふうた」の飼い主です。

前回のエピソード:理想と現実は違う?! うさぎをお迎え後の現実

今回は「ふうたが私に対して、要望がある時にあえてとる行動」というお話をお届けします。

001.jpg

地元のホームセンターで一目惚れしたふうたをお迎えして、早7年と6ヶ月が過ぎました。


002.jpg

最初の半年は「飼い主とペット」というごく普通の関係でしたが
当時、妻が経営していたセレクトショップを手伝うようになり、
ふうたが看板うさぎを始めた頃になんとなく始めたのがブログでした。

それがきっかけで毎日撮影するようになり、
もっともっとふうたのことを知りたい、分かり合えるようになりたいと
いっぱい話しかけるようになりました。


003.jpg

それから約7年半、毎日当たり前のようにそばにいてくれて、
去年から同じ布団で寝てくれるようになったふうた。

そんなふうたが1年くらい前から、私に要望がある時や不満がある時に、ある特定の行動をとるようになりました。


その行動というのは・・

004.jpg

わざと粗相をすること。

普段はちゃんとトイレで用を足すふうたが
突然、色々な場所で粗相をするようになり
私は訳が分からず困惑したのを覚えています。


理由を聞いても答えてくれるはずもなく、
2ヶ月に1度の定期検診でも特に異常はなし。

いったい何が原因なのか・・
きっと私に伝えたいことがあるんだと思い
色々と試した末、辿り着いた答えが
トイレに敷いてあった牧草でした。


005.jpg

ふうたは幼い頃から牧草を敷いたトイレで用を足していたのですが、
ある日を境にトイレには牧草を敷いてほしくなくなったようなのです。

その原因に辿り着くことができたのは、毎朝行うトイレ掃除をしていた時に
やたら私の腕をツンツン鼻でつついてきたからでした。

「もしかして・・」と思い
トイレにはペットシーツだけを敷いて
牧草は別のトレイに入れるようにしたところ
粗相はピタッと収まりました。

006.jpg

その一件以来、私に何か伝えたいこと
不満を察して欲しい時は、わざと粗相をするようになりました。

仕事が忙しくてかまってあげられない時は
お気に入りのおもちゃの近くで。

トイレに敷いてあるペットシーツを替えてほしい時は
トイレの横で・・

自分の要望が伝わりやすい場所で粗相をするので、
ふうたが自力で考えた独特のコミュニケーション能力なのだと思います。

007.jpg

今まで3匹のうさぎと暮らしてきましたが
こんなことが出来るようになったのはふうたがはじめて。

しかも6才の時にサインを出すようになったので
日々のコミュニケーションの積み重ねが
「考える力と行動力」を養ったのではないかと考えています。


008.jpg

現在、ふうたは7才になりましたが
もっともっと進化して、いま以上に心の距離を縮められると
確信していますので「ペット」としてではなく
「相棒」として彼からのサインを見逃さないよう
日々のコミュニケーションを大切にしていこうと考えています。


うさぎのかわいいエピソードが満載! 連載一覧はこちら

ふうたの飼い主

大人気ブロガー。ブログにてうさぎのふうたの日常をお届けしています。
日本一の癒し系ペットブログを目指し毎日楽しく更新中です。
うさぎとは思えないふうたの豊かな表情で癒されてくださいね
※うさぎと暮らす一例として見ていただけたら幸いです。

ブログを新設しました!:ブログはこちら「うさぎのふうた」

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP