ゴミ出しを旦那さんがしてくれない...! とある専業主婦の悩みに賛否の声

180628_gomidasi_01.jpg

夫婦生活をする上で欠かせないのが家事。お互い負担にならないようシェアしたいものですが、世間の夫婦はどのように分担しているのでしょうか。最近では、ゴミ捨てを巡って様々な意見が寄せられていました。


ゴミ出しは旦那さんがするべき?

今年6月、女性向け掲示板に書き込まれた"ゴミ出しは家族の誰がしていますか?"というタイトルの投稿が話題になっています。投稿者の家は旦那さんがゴミ捨て担当でしたが、引っ越した今の家はゴミ捨て場が旦那さんの通勤路とは違う方向に。そのため旦那さんから「朝時間がないからゴミ捨てをしてほしい」と言われてしまったそう。

投稿者の家庭には3歳と6カ月の子どもがいて、「ゴミ捨てのタイミングで起きられると2人連れて行かなければいけません(旦那と待つのは無理です)」「専業だし早起きくらいすればいいのもわかっていますが旦那にしてほしいのが本音です...」と悩みを吐露。最後に「家族と同居している方、ゴミ捨ては誰がしていますか?」と質問を投げかけました。

この投稿にネット上からは賛否の声が上がっています。まず"専業主婦がやるべき派"の意見としては、「駅と真逆でさらにゴミステーション遠いので、『わたしが出すよ』って言ってます。ゴミ捨て場に徒歩2分は結構遠いよ」「専業です。重いものはお願いするけど、普段は全部自分。ゴミと一緒に送り出すのは"あんまりだな"っていうのと、ゴミ出しした後に手を洗えないのに申し訳ないから」「専業の私が出してます。しかも、6時半までにゴミを捨てに行く事を自分に課してる。『ゴミ出しとくよ?』って言われるけど断る。仕事してないし"任務"みたいな感じ」といった声が。

一方"旦那さんがやるべき派"の人たちからは、「集めて、新しい袋セットして、玄関にゴミを置いておくのは私。出すの"だけ"旦那」「0歳児がいる専業ですが、旦那は家事全く何もしないので、ごみ捨てくらいしてもらってる。仕事行くついでに捨てるだけだし」「旦那だよ。ゴミ分けたり集めたり細々なことしてるんだから、それくらいやってくれよって思う。専業で小さなお子さんいるなら尚更」などの声が上がっています。


理想の家事シェアはどのくらいの割合?

夫婦間の家事の分担は、これまでに度々話題になってきました。大和ハウス工業株式会社は今年5月、30代~40代の既婚者男女9,700人を対象に「家事負担」についての調査を実施。その結果、"妻が7割以上の家事を負担している家庭"が80%を超えていることが判明しています。

また、理想の家事シェア比率も聞いたところ「夫3.2割:妻6.8割」という結果に。現状は「夫2.0割:妻8.0割」なので、あと1割ほど家事負担の比率を変えることで理想に近づくことが明らかになりました。

ゴミ出しだけでなく、家の中には掃除や洗濯、料理など様々な家事があります。得意不得意や作業ペースなどを話し合って、夫婦で上手に家事をシェアしてきたいものですね。

文/藤江由美

関連記事:「夫が亡くなった今も悔やむ――もっと寄り添って暮らせばよかった」

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP