妻あての通販はちょこちょこ届くのに、コロナ禍でお小遣い50%カット! こんな理不尽ってある?

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:まろ
性別:男
年齢:41
プロフィール:3人の子供と妻の5人暮らしです。コロナの影響がお財布事情にも出てきてしまっております。

36.jpg

新型コロナウイルスによる生活の変化にはある程度慣れましたが、私の勤務先の業績も悪化しています。

私は営業職で給料には成績によるインセンティブなどが大きく影響するため、残念ながら収入面で打撃を受けています。

仕方ないことではありますが、やはりつらいものです。

私は現在お小遣い制で、毎月お小遣いをもらって、それで自分の趣味などに当てております。

小遣いに関しては、新型コロナが流行しだした時期に減らされました。

理由は、営業で外に出る機会が圧倒的に減ったため、特にいらないのじゃないかというもの。

現状を考えると、まあ仕方ないかと納得の減額でした。

実際、本当に外に出ることが少なくなったので、特に困りもしませんでしたし。

会社も在宅勤務推奨のため、ほぼ自宅で過ごすことが多く、特に問題はなかったのですが、長期化する中で少しずつ環境が変わっていきました。

私がずっと家にいることが妻はストレスのようで、外で仕事をしたらどうか? とか、リビングではなくて部屋で仕事をしてほしいなどと言われるようになったのです。

もともと部屋で仕事をしていましたが、妻にWi-Fiのルーターを取られ、やむなくWi-Fiが届くリビングの一角で仕事をするようになったのに、です。

しかし、そこも追いやられると仕事が非常にしづらくなるため、会社に行って仕事をすることも増えました。

家から徒歩圏内のため楽なのですが、今までは家で食べていた昼食が外食になり、出費が増えました。

しかも小遣いも減らされている(元から少ないうえにさらに減らされました)ので、なかなか厳しい。

そこで私は副業を始め、少しでも足しになればと思い頑張っております。

妻にもそのことは伝えていたのですが、次第にさらに厳しい締め付けが始まりました。

なんと小遣い50%カット...さすがにきつい。

副業してるでしょ? というのですがそれほど稼げませんし、メインの仕事と並行しているためかなりハードワークになっているのです。

それでも頑張っているのですが、やる気を削ぐことが一つあります。

ちょこちょこ某ネット通販の箱が家に届くのです。

あて先は妻、何やら服などを購入しているようです。

たまにはいいと思うのですが、まあまあの頻度で届くんです。

私は小遣いカットなのになぜそこは減らないの? と思い、文句を言ったのですが、パートに着ていく服が欲しいとのこと...。

あまり文句ばかり言うのも甲斐性なしみたいに思えてしまうので、今は言わないようにしています。

ですが私の小遣いを半分に減らすのであれば、多少の節約の意識も持ってほしいと思っております。

つらい状況だからこそ、気持ちよくみんなで協力し合ってこの危機を乗り越えたいのですが、なんかモヤモヤする気持ちになってしまっています。

それでも、私と似た状況の人はたくさんいるのだからと自らを奮い立たせ、頑張っている每日です。

早く以前の生活に戻りたい!

関連の体験記:「ママと行けば良かったな、ごめん」授業参観に来た亡き父を傷つけた幼い私。今は心から尊敬しています
関連の体験記:夫の裏切りにショック...8歳と6歳の娘が「夫の名刺入れ」から抜いて遊んでいたカードの正体は...
関連の体験記:共働きの息子夫婦に頼まれ、2歳から預かった孫娘。彼女が「小学校で書いた作文」で嫁との関係が...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

コロナ禍で通販が増えたなら在宅勤務のストレスもあるかもしれないし、以前と変わらないで投稿者さんが気づいていないもしくは見て見ぬふりをしていたのならそれはそれで問題。 喧嘩になるからと、面倒くさがらずに、きちんと話し合いをするべきでは?相手が聞く耳を持たないなら聞くまで話す、聞く耳をもってもらえるような行動をするしかないですね。
ここで不満を書き連ねるより奥さんに家計簿を見せてもらってはどうでしょうか。パートに着ていく服って、私服で働いてるんですか?通販で届くなら違いますよね。自分の副業での収入も開示した上で家計を2人で共有すればお互い気持ちよく過ごせるんじゃないでしょうか?

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP