台所の床におばさんが!初めて在宅介護を意識した日/バニラファッジ

こんにちは。認知症で要介護4のお義母さん(姑)と リウマチと骨粗鬆症で要介護5のおばさん(姑の妹)の在宅介護を経験した嫁のバニラファッジです。

今回のお話は、姑たちとつかず離れずの「2世帯同居」から「在宅介護」に移行することを 嫁であるわたしが覚悟した時のお話です。

前回のエピソード:今思えば認知症の始まりだった?大根をひたすら茹で続ける義母

朝5時半に起床し、配達された新聞と牛乳を持って 離れにある姑たちの台所へ行きます。 冷蔵庫の中に牛乳を入れる時に、残飯チェックをする。


11-1.jpg

2人とも「もったいない」のお年頃なので 冷蔵庫の中には怪しい食べ物がいくつか残っている。消費期限をチェックし、古いものは独断で処分。

この作業を本人たちの前でやると 「もったいない!バチが当たる!」と阻止されるので 2人が起きてくる前にさっさとすませます。

その後、母屋に戻ってお弁当作りや朝食作りなど 慌ただしい時間が始まる。


11-2.jpg


そして、ダンナや子どもたちを無事送り出した後、 改めて姑たちに朝のあいさつに行きます。

11-3.jpg

11-4.jpg


台所の床でおばさんが仰向けで倒れていました。

意識はしっかりしていて、顔色もそんなに悪くない。 話を聞くと、足元がふらついて尻餅をついたらしい。


11-5.jpg


ひざの悪いおばさんは、腰を下ろすと自力では立てません。

最初は床に座っていたおばさんですが...

11-6.jpg

助けてくれる人があらわれず、待っているうちに疲れて、ゆっくり仰向けに倒れたとのことでした。

11-7.jpg


そして、その状態で1時間。

11-8.jpg

時は冬でしたが、床暖房のタイマーがセットしてあったので 寝転んでいる間、寒くはなかったようです。 幸い怪我もなく大事には至りませんでしたが、その後おばさんはとても落ち込んでいました。

 

部屋に戻ってから私もダイニングテーブルの横で寝転がってみました。

11-9.jpg


視界には、いつもの部屋とはまるで違う 非日常的な風景が広がりました。

そして、ここから自力で起き上がれないという不安はなんと大きいことだろうと、感じました。

11-10.jpg

私は5分も寝ていられませんでした。

そして2度とこんなことがあってはいけない、と思いました。

 

家族が気づき、少し手を差し伸べることで、足の悪いおばさんの日常生活は問題なく、いつも通り送れます。そしてそれを続けていくことが「在宅介護」なんだと、初めて意識したのです。

次の記事はこちら:え!一人で起きられなかったの!?介護保険の訪問調査で知った事実

この記事もおすすめ:"介護破産"寸前だった週刊誌記者に訪れたある転機/介護破産(24)

バニラファッジ

ブログ「7人家族の真ん中で。」管理人。夫と3人の子ども、姑と姑の妹(おばさん)の7人家族でしたが、一昨年、昨年と続けておばさん(88歳)と姑(94歳)が他界。頭はしっかりしているけど、リウマチと骨粗鬆症で車椅子生活の叔母さんと身体は丈夫だけれど認知症の姑を在宅介護した日々をあれこれ思い出しながら描いていきます。著書に『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護: お義母さん!トイレはこっちです』『7人家族の真ん中で。』『91歳毒舌系女子、喧嘩を売って生きてます』などがある。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

※ 健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。

※ 記事に使用している画像はイメージです。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP