50代の皆さん「友達」はいますか? 53歳の私は...その定義すら、わからなくなってしまいました

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:シルキー
性別:女
年齢:53
プロフィール:夫57歳、息子1人23歳。戸建て持ち家。単発バイト・パートはしていますが、専業主婦。

2.jpg

皆さんは「この人が私の友達」と言えて、たまにしか合わなくても話が通じて、盛り上がれる、楽しめる相手がいますか?

私にはいません。

今はもう「友達」の定義がわからなくなってしまいました。

先日、学生時代の友達が携帯にメールをくれました。

毎年恒例のバースディメールなのですが、彼女とのメールは話が続きません。

彼女は日ごろから、メールをうつのが嫌いなのかな、とか、面倒なのかな、とこちらが遠慮してしまう部分があります。

それだけでなく、学生時代と違ってお互いに置かれている環境が違いすぎて、共通の話ができなくなっているのです。

彼女とは、学生のときには海外旅行に一緒に行ったりもしていたし、お互い結婚してからも手紙や電話をしていた仲でした。

恋愛相談をしたり、互いの実家に泊まったりもしました。

ですが、私が子供に手がかかりだした頃、いっぱいいっぱいで手紙を書くことができなくなってしまいました。

彼女もピアノ講師の仕事を頑張っていたし、結婚して忙しくしていたので同じような事情だったと思います。

今となっては、長くしていた手紙のやりとりをおざなりにしたことが原因だったのかもしれません。

徐々に年賀状、誕生日などのあいさつ程度になってしまったのです。

また、彼女には子供がいません。

生活の変化はあまりなさそうですし、私達の共通の話題といえば飼い犬のことくらい。

お互い悩み事を言っても、共感できる部分も少ないかもしれないと思うと、言えないとなってしまうことが多いです。

もう、私の中では、彼女とは「友達」ではなくなってしまいました。

私は元々親の転勤に伴う転校が多く、長く深く付き合っている友達や幼馴染はいませんでした。

そのせいか「どうせ友達はまた変わるし」と思ってしまい「薄い、浅い」お付き合いをしていたのかもしれないです。

引っ越し先から電話や手紙を出し続ける根気がなかったのですね。

つい、その場限りの付き合いみたいになっていたのを、相手も感じていたのかな、今になるとそう考えてしまいます。

母親になると「ママ友」など「その場限り」の知り合いは多く出来ますが、子供が手を離れてしまえば終わってしまいます。

また、外で固定の仕事をしていないと、友達を作るきっかけがありません。

きっとみなさん旦那様の転勤などで環境が変わってしまうことも少なくないと思うのですが、どうやってお友達を作っているのでしょうか。

その友達とはどんなお付き合いなのでしょうか。

「友達の作り方」ってどういうものだったか、思い出す事すらできないのです。

私は変わっているのでしょうか。

関連の体験記:お隣さんお願いします。庭に除草剤を散布をする前に...「ひと言」伝えてくれませんか?
関連の体験記:我が家への「お泊り」をせがむ娘の同級生。面識のない母親に「連絡先の交換」をお願いしたら...?
関連の体験記:しょ、ショッキングピンクのランドセル? 義母から娘へ「驚きの入学祝い」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

旧友から誕生日メールがきたら嬉しいではないですか? メールを送る際だけでも貴方の顔を思い出し懐かしんでくれているのかと思うと幸せな気持ちになりませんか? 学生時代の頃のようないつも一緒、の友達は大人になってから、家族ができてからはなかなかできません。 経済的にお互いランチする余裕があれば会って近況を報告する位ですが、来年も元気で会いたいね。と毎年会う友人は貴重だと思ってます。
お誕生日メール嬉しいデスネ。懐子供がいたりいなかったり環境は変わってもちゃんとお誕生日メールくれるお友達大切にして下さい。感謝の心、優しさで接すれば伝わります。またいつか会えてお茶でも行けたらいいですね。誰でも1歩玄関から家庭に入れば他人にはわからない悩みがあるものですよ。それはあなたもお友達も同じ事です。
友達の定義は千差万別で、正解がなく、また洋の東西も問わない普遍的な問いだと思っています。 私も同じように感じることがあります。 結局は自分が相手のことをどう思うか、相手に対してどのような存在でありたいか、に尽きるかな?と最近は思うようになりました。 この世で残された人生、友達のことで思い悩む時間やエネルギーを、友達ふくめて誰かの幸せに貢献したり、自分自身を幸せにすることに傾けた方が、社会全体の益につながる思いませんか?
シルキーさん、私も同じような感じです。50代後半で、夫の転勤で引越しばかりしていて友達はいるといえばいるけど、いないといえばいないです。 友達の定義は、人それぞれ違うと思います。お互いの誕生日にメールのやり取りをする旧友はいて安否確認のような感じです。 それぞれの家庭の話はしないけど、共に年齢を重ねている人が元気でいるってだけで嬉しいもので友達です。 たまにしか会わなくても話が通じて盛り上がったり、楽しい時間を共に過ごせる人は、趣味で通っている所の仲間(年上)です。 でも、友達かどうかな?そこに通わなくなったら疎遠になると思う。 お互い家庭の話やプライベートな事は大まかな事しか知らなくて、他愛ない世間話でお茶したりお酒飲んだりしています。 シルキーさんもこれからではないでしょうか? ご主人が定年後、二人で家にいる時間が長くなると、奥さんの方が息抜きで外に出てこられますよ。 趣味の集りや地域の講習、ボランティアなどに参加するとすぐ知り合いは出来ますよ。 深い話はしませんが、、 人それぞれ「幸せ」の考え方が違うので、だいたいの感覚で合う人が集まっています。 とても気楽で心地よいです。
たまにとはいえ、連絡くれる人がいるのに、勝手に友人じゃないと切り捨てるのでしょ? あなたは元々そういう人なんだから、これからもずっとそうですよ。 たとえ新しい友達ができても、また自分で切り捨てて友達いなくなりますよ。 人を変えることはできないから、自分が変わるしかないんです。 友達ってね、何年か連絡取らなくても、事情で二度と会えなくても、友達でいようと思えばいられますよ。 私も昨年、10年ぶりに会った友人がいました。懐かしさなんてなくて、普通に現在の進行形の友人だなあと思いましたし、今でもそうです。
52歳になります。 私も友達の定義をよく考えます。 私が心を開いて友達と思っていても、相手はそうとは限らないし、私よりももっと深く付き合ってるお友達がいたり…。 でも、幼なじみの友達がお誕生日メールをくれたり、地震の時なんかに心配してメールくれたり… 普段はほとんど連絡なくてもありがたく嬉しいです。 歳を重ねてきたからこそ、人との繋がりを大切にしていこうと思っています。
皆さんおっしゃる通り、友達の定義なんて意識している人はいないのでは。中学からの友達もいますし、大学の友達とは卒業後も誰かの誕生月に飲み会をしていましたがいつの間にかなくなり、誕生日なんてお互い忘れました。たまーに2、3人で会えば、昔のように違和感なくもりあがれます。あなたのお友達は、あなたが負担に思わないで済む程度にバースデーメールという形でおもんばかって下さっているのだと思います。それを「友達ではない」と位置付けてしまうのはもったいないし、ちょっと失礼かな、とも思われます。私ももう54ですが、この年齢になると、かつての職場の10才上の先輩とも、パート仲間だった16才下の子とも今は友達感覚でお付き合いさせてもらっています。頻繁な連絡などはお互いしません。あまり意識せずに気が合えば友達なんだと思いますよ。
友達?本当に、心から話せる友達ていますか?たとえこちらが本音で話してても、相手は、深く聞いてないと思います! 皆、自分なんですよ! 私も沢山友達は、いるけど、そのなかでも、妬み嫉みは、いっぱいあります!1番信用できるのは、旦那さん、もしくは、古くからの友人1人か2人くらいで十分です!因みに、私は、60歳です!
友達って作ろうと思ってつくるものなんですか?だから偽物の薄い関係にしかなれないのでは。 投稿内容からもちょっと周りを見下しているような印象を受けますし、相手がしてくれないから相手が忙しいから、相手が、と人のせいにばかりして、自分の選択をごまかしているみたい。 というか自分に自信がなくて本気で人と付き合えないんじゃないですか?相手がどうこうの前に自分を受け入れないと。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP