あとどれくらいシミが出てくるの...?49歳にして20代の日焼けを激しく後悔

10.jpg

ペンネーム:くわりん
性別:女
年齢:49
プロフィール:海外旅行が好きな独身OL。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

◇◇◇

40代最後の年をむかえて思うことは、もっと美容に注意と関心を持っておけばよかったということです。今振り返ると、私は20代の頃肌をよく焼いていましたが、一方でお肌のケアには全く関心がないという位に何もしていませんでした。

友人達と出掛ける海外旅行先は決まってビーチ。毎日、朝から昼過ぎまでビーチで肌を焼いて、夕方陽が落ちるころに、買い物や食事などに出掛けるという、ビーチリゾートライフを楽しんでいました。

もちろん、ビーチでは日焼け止めを使うこともなく、サンオイルを塗って楽しむ程。毎日、肌が黒くなっていくのが嬉しくて、まさか何十年後に後悔する日がくるとは思いもしません。自分の日焼け具合に満足していました。
当時の職場の同僚も日焼けをしている女性が多かったため、特別自分自身が日焼けしているとも思いませんでした。今より日焼け自体が、受け入れられていた時代だった?かもしれません。感覚が麻痺していたました。

そんな風に20代を気ままに過ごした後、30代に突入です。30代になると、さすがにビーチ通いはなくなりましたが、相変わらずファンデーションも日焼け止めも使用しない毎日が続きました。

30代からは、海外旅行の渡航先も、ビーチリゾートからシティへと変わりました。この頃から、まわりの友人には20代のツケ=シミが顔に現れるようになってきました。ただ、同じように日焼けをしていた私にはシミがあらわれなかったため、この先も私にはシミが出来ないと勝手に安心していました。

ちょうどこの頃、女性誌などでは美白に関する特集が取り上げ始められてきて、一気に世の中の主流は美白へと変わっていきました。夏になれば、日傘やアームカバーをする人が多くなり、日焼け止めクリームなどの種類も徐々に増えていったように思います。

そして今。私も遅ればせながら美白に目覚め、アンチエンジング化粧品などを使うようになりました。ただ、それまで美容に無関心だったツケは想像以上に大きく、昨日までなかったシミを発見したり、薄かったシミが濃くなっていたり......。20年前に戻れるんなら、やり直したい!!と本気で後悔しました。

今でも毎年20代の頃に行っていたビーチリゾートに行きますが、20代の頃とは違い、ビーチには夕方涼みに行く程度で、日焼け止めクリーム、日傘、アームカバー、UVカットの上着が欠かせません。もし今20代に時間を戻せるなら、あえて日焼けなどしないで、ケアをするように自分自身に言いたいです。楽しんだ後のツケがこんなに後になって現れるなんて......。これからあとどれだけのシミが現れるのか、恐怖です‼

関連記事:SPF50ならいい?その日焼け止めの使い方、間違っていませんか?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
PAGE TOP