疲労の原因になる紫外線をシャットアウト! 正しい日焼け止めの塗り方/脳疲労

pixta_39027838_S.jpg「なんだか疲れやすくなった」「年々体力が落ちていく」など、疲れやすさを自覚している方は多いと思います。ですが、そもそも疲れとは何でしょう?そこで、疲労研究家で、大阪市立大学大学院疲労医学講座特任教授である梶本修身先生に、最新の疲労科学研究で分かった、疲労の正体とともに、疲労を改善する生活習慣について伺ってみました。

前の記事「朝夕の紫外線にも注意して! 正しい「日焼け対策」が疲労を予防する/脳疲労(6)」はこちら。

 

生活習慣に合わせて日焼け止めを活用

前回は、疲労予防のためには、日常的な紫外線対策が重要だと、お話しました。サングラスをはじめ、日傘や帽子、長袖シャツ、日焼け止め塗布剤などのグッズの活用をおすすめします。

日焼け止め塗布剤は、下記の「生活シーンに合わせた日焼け止めの選び方」を参考に生活シーン別に選び、丁寧に塗りましょう。
1度塗っただけでは手や衣服に付いて取れてしまったり、汗で流れ落ちてしまったりしやすいので、2~3時間おきに塗り直すのがおすすめです。

 

【生活シーンに合わせた日焼け止めの選び方

1804p065_02.jpg

出典:環境省『紫外線環境保健マニュアル2015』

PA/主にUVA(紫外線A波)から肌を防御して、肌が黒くなるのを防ぎます。
SPF/主にUVB(紫外線B派)を防ぐ効果を表す数値。数値が大きいほど防御効果が高まります。
(注)光線過敏症など、疾病に伴い紫外線に特に過敏な方は、医師の指示に従ってください。

 

●日焼け止めを塗るときのポイント

日焼け止めを顔に塗るときは、1円玉大の大きさを手のひらに取り、顔全体にまんべんなく、2回繰り返して塗ります。2~3時間おきに塗り直すとよいでしょう。

1804p065_01.jpg

  
取材・文/笑(寳田真由美) イラスト/黒崎 玄

次の記事「初夏のレジャーは要注意。「紫外線疲れ」を防ぐ、紫外線ブロック対策/脳疲労(8)」はこちら。

<教えてくれた人>
梶本修身(かじもと・おさみ)先生

東京疲労・ 睡眠クリニック院長、医師・ 医学博士。大阪市立大学 大学院疲労医学講座特任教授。「産官学連携疲労定量化及び抗疲労食薬開発プロジェクト」統括責任者。著書の『すべての疲労は脳が原因』(集英社)は、 シリーズ累計18万部を超えるベストセラー。

この記事は『毎日が発見』2018年4月号に掲載の情報です。
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット