「何度も何度も、落ちて来る」でも、落ちた形跡はない。「何が」落ちた?/今宵もリアルホラーで乾杯

ディープな街にある「スナック えむ」店主、霊感ゼロのアラフォー作家、えむ。「お礼に一杯奢るから」を謡い文句に、ホラートークをしてくれるお客さまを待つ。今宵は噂を聞いてやってきた警備員のあきさん(52)の話、「何度も何度も、落ちて来る」。今回は第15回です。

※実際に身の周りで起きた実体験エピソードに基づき構成しています。

【前回】神社で「絶対にやってはいけない」タブーを犯した者の末路は/今宵もリアルホラーで乾杯「神社の呪い」

5.jpg

「長いこと警備員をやって来たけど、あんな思いをしたのは後にも先にも一度きりだよ」

そう言ってウイスキーの水割りを飲み干すと、あきさんは「とっておき」だという話を始めました。

※ ※ ※

警備員・あきさん(52)の話

俺が警備員を始めたばっかりの頃だから、30年ほど前の話なんだけどね。

最初に配属されたのは、駅前にある6階建ての大型スーパーに併設されている平面式の駐車場。

スーパーが閉まった後も終電近くまで営業していて、夜帯(夜のシフト)は一人で回さなきゃいけない現場だったんだ。

配属初日、先輩警備員にいろいろ教えてもらったんだけどね。

その先輩が話の最後に「ここの夜間の警備は...いろいろ気を付けろよ~」なんて冗談っぽく言っててさ。

何を気を付けていいかわかんないけど...まあ「事故が起きないように」ってことだよな、なんて思ってた。

駐車場内には、小さなプレハブ小屋がスーパーの壁にくっつく形で建てられていて、暇な時はそこで待機していていいってことになってたんだ。

ある日の夜、車の出庫誘導をしていると

ドンッ! 

と、何か重い物が落ちたような音が聞こえた。

驚いて辺りを見渡したんだけど、何も落ちている様子はない。

おかしいなあなんて思いながら、その日は勤務を終えたよ。

でも、その後も夜になるたびに

ドンッ! 

という音を聞いたんだ...何度もね。

でもやっぱり、周囲に何も変わった様子はなくてさ。

(どこかで工事をしていて、その音がスーパーの壁に反響しているのかな?)

と、そのうち大して気にしなくなっていた。

しばらく経ったある日のこと。

その日はとにかく寒い日でね、普段なら忙しくなる時間帯だったんだけど、人出が少ないせいか車の出入庫もほとんどなくてさ。

俺は小屋で暖をとってたんだ。

(さて、そろそろ閉門の時間だな...)

と駐車場入り口に向うため、小屋を出ようとした時...

ドンッ!

いつも聞こえるあの音が、自分の真上で聞こえたんだ。

(何かが落ちてきたんだ!!)

と思って、とっさに頭をかばってその場にしゃがんだよ。

けど、天井を見ても歪んでる形跡はない。

(おかしいなあ?)

念のため確認しようと外に出て小屋の屋根を見たんだけど、やっぱり何ともなってない。

(なんだったんだ?)

不思議に思いながら、門を閉めに行こうと小屋に背を向けて歩き出した瞬間

ドンッ!

すぐ真後ろでまた、何かが落ちる音がしたんだ。

俺は恐る恐る振り返った。

「ヒッ!!」

待機小屋の上に、スーツ姿の男がうつ伏せで倒れていたんだ。

顔だけ俺の方に向けて...。

【今宵もリアルホラーで乾杯シリーズ】
この絵、何かがおかしい...絵の中にいるはずの女の子が/「呪われた絵」
怖い、引きずり込まれる! 夢で見た「黒い影」の正体は/「悪夢の道」
誰もいないはずなのに...! 背後から奇妙な「音」が/「祓っちゃだめ!」
え「命に危険」がある遊び、続けます?/「こっく●さん」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

著者:えむ
スナックを経営。独自にリサーチした都内のオススメ酒場は多数。夢はおんな酒場放浪記に出演すること。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP