【閲覧注意】え「命に危険」がある遊び、続けます?/今宵もリアルホラーで乾杯「こっく●さん」(5)

ディープな街にある「スナック えむ」店主、霊感ゼロのアラフォー作家、えむ。「お礼に一杯奢るから」を謳い文句に、ホラートークをしてくれるお客さまを待つ。今宵はスナックデビューの大学生、美緒ちゃん(21)のお話「こっく●さん」をお届けします。
※実際に身の周りで起きた実体験エピソードに基づき構成しています。

【前回】誰もいないはずなのに...! 背後から奇妙な「音」が/今宵もリアルホラーで乾杯「祓っちゃだめ!」(3)

8.jpg

今宵のお客さまは今日がスナックデビューという大学生の美緒ちゃん。

「こういう雰囲気のお店でお酒を飲むと、一段と美味しく感じますね」

「あら、うれしい。ありがとう」

美緒ちゃんが来店してくれた本当の目的は、もちろんホラートーク。

「ママさん、こっく●さんって知ってますか?」

「知ってるわよ。紙に、鳥居と、『はい』『いいえ』と、五十音を書いて、その上に5円玉を置いて、霊を降ろすってやつよね?」

「そうです。5円玉の上に指を置いて質問すると、霊の降りた5円玉が紙の上を勝手に動いて答えてくれるんです」

「でもあれって、自分たちで無意識に動かしてるっていう話を聞いたけど」

「それが、そうでもないんです。少なくとも私の場合はですけど...」

そう言うと美緒ちゃんは、水割りグラスを両手でギュッと握りながら話し始めました。

                ※  ※  ※
大学生の美緒ちゃん(21)の話

「こっく●さん、やってみない?」

「え、いやだよ。私、怖いの苦手だし...」

中学校1年生の時、クラスメートのAちゃんに誘われたんですが、私は乗り気ではありませんでした。

ちょうどその頃、なんとなく自分は霊を感じる体質なのかもと思い始めていたこともあって、そういうことをするのは危ないかもしれないと思ったんです。

「えー、面白そう! やろうよ!」

一緒に誘われたBちゃんはとっても乗り気で、結局断り切れずにやることになりました。

そしてどこでやろうかという話になり、共働きで夜まで両親のいない私の家のリビングでやることになってしまって...。

「始めよっか」

鳥居の上に5円玉を置くと、3人の人差し指を乗せました。

「こっく●さん、こっく●さん、いらっしゃいましたら『はい』の所へおいでください」

Aちゃんがそう言うと、少しの沈黙の後、5円玉がスーッと動き始めました。

「え!? ちょ、本当に動き始めたよっ!」

Aちゃんは大興奮。

私とBちゃんも驚いた表情で、動く5円玉を見つめていました。

そして5円玉は、「はい」の上で動きを止めたんです。

「ほんとに降りてきてくれたんだ!」とBちゃん。

そして私たちは、他愛もない質問をし始めました。

「私たち3人は、ずっと友達でいられますか?」

はい

「明日は晴れますか?」

いいえ

「今日のウチの夕飯は、何になると思いますか?」

お...む...ら...い...す...

正直、誰かが動かしているのかなと思いましたが、質問をするたびに5円玉が紙の上を滑らせていく感覚が不気味だなと思いつつも面白くて、3人ともすっかり夢中になっていました。

「幽霊さんは、男ですか? 女ですか?」

お...と...こ...の...こ...

「あはは! 『男』じゃなくて『男の子』だって」

「いくつですか?」

じ...ゆ...う...よ...ん...さ...い...

「マジで!? 私たちと変わらないじゃん!」

そして質問は、恋の話に変わっていきました。

「Aちゃんのことを好きな人はいますか?」

はい

「それは誰ですか?」

さ...い...と...う...

「え、すごい!」

私は思わず声を上げました。

斉藤君は同じクラスの子で、前からAちゃんのことを見ているなあと私とBちゃんで話していたんです。

「じゃあ、Bちゃんは誰のことが好きですか?」

よ...し...だ...こ...う...や...

「えーっ! なんでわかるのっ!?」

今度はBちゃんが声を上げました。

「やっぱり吉田のことが好きだったんだね~」とAちゃん。

Bちゃんは今まで、私とAちゃんが好きな人を聞いても絶対に教えてくれなかったんです。

(やっぱり本当に霊が降りてきているのかも)

この頃にはそう思うようになっていました。

「美緒のことを好きな人も聞いてみようよ」とBちゃん。

「え! いいよ、私は!」

興味はありましたが、知るのが少し恥ずかしいなと思いました。

「美緒のことを好きな人は誰ですか?」

............


「...あれ? こっく●さんこっく●さん。美緒のことを好きな人は誰ですか?」

............

突然、5円玉はピクリとも動かなくなってしまいました。

「私のことを好きな人はいないってことだね」

寂しいけど仕方ないよね...と思ったその時です。

「あ! 動いた!」

再び5円玉が動き始めました。

そ...れ...は.........ぼ...く...

「え? 『それは僕だ』ってこと?」

私が聞き返すと、

そ...う...

ぼ...く...は...み...お...が...す...き...

部屋の空気が急に冷たくなりました。

【今宵もリアルホラーで乾杯シリーズ】
この絵、何かがおかしい...絵の中にいるはずの女の子が/「呪われた絵」
ガチャ...夜中に訪れた「大柄な男」をよく見ると足が/「毎週来る霊」
怖い、引きずり込まれる! 夢で見た「黒い影」の正体は/「悪夢の道」
誰もいないはずなのに...! 背後から奇妙な「音」が/「祓っちゃだめ!」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

えむ
スナックを経営。独自にリサーチした都内のオススメ酒場は多数。夢はおんな酒場放浪記に出演すること。

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP