怖い、引きずり込まれる! 夢で見た「黒い影」の正体は/今宵もリアルホラーで乾杯「悪夢の道」(7)

ディープな街にある「スナック えむ」店主、霊感ゼロのアラフォー作家、えむ。「お礼に一杯奢るから」を謳い文句に、ホラートークをしてくれるお客さまを待つ。今宵は、店主えむの高校の同級生、洋子(40代)の話「悪夢の道」をお届けします。
※実際に身の周りで起きた実体験エピソードに基づき構成しています。

【前回の話】【閲覧注意】え「命に危険」がある遊び、続けます?/今宵もリアルホラーで乾杯「こっく●さん」(5)

10.jpg

「っていうか何年ぶり?」

「同窓会ぶりだから...15年ぶりとか?」

今宵、来店してきたのは私の高校時代の同級生、洋子。

「物書きをやりながら飲み屋をやってるとは聞いてたけど。あんた、飲み屋の方が向いてるんじゃない?」

「まあ、そうかもね。この職業をしてるから、物書きとしてネタ切れせずやっていけてるのもあるし」

「だから私も、あんたのネタになるような話を提供しに来てあげたのよ」

「それはうれしいわね。さっそく聞かせてくれる?」

「オッケー。私、高校時代、よく見る夢の話をしたこと覚えてる?」

「夢? ああ、そういえば...」

※  ※  ※

【高校の同級生、洋子(40代)の話】

小学生くらいの時から定期的に見る夢なんだけどね。

見知らぬ一本道を歩いているの。

暗くも明るくもない、昼夜もわからないのっぺりとした色合いの何もない道。

音もしなくて、人の気配もない、そして横道も全くないの。

その道を何の目的で歩いているのかはわからないんだけど、私はとにかくひたすら歩き続けているのね。

そのうちふと気づくと、少し先に「黒い人影」を見つけるの。

その人影は、そこにジッと立っていて確実にこっちを見ているんだけど、とにかく真っ黒で表情どころか男か女かもわからない。

途端に私、踵を返して走り出すんだけど、少しして立ち止まり振り返って見ると、その人影との距離が全く変わってないのよ。

相変わらずジッと立ってこっちを見てる。

私はどんどん怖くなって走るんだけど、今度は前に進んでる気がしなくて。

必死に動かしている両足もとても重くて、全然うまく走れない。

そして振り返ると、やっぱり同じ距離でジッと立っている黒い影。

(とにかく影との距離を遠ざけないと!)

って焦れば焦るほどどんどん足は重くなって、身体がうまく動かなくなっていく...。

そして恐怖が最高潮になったところで、いつもハッと目を覚ますの。

そんな夢を見続けていたんだけど、そのうち慣れてきちゃって。

最近は「あー。また見たのかー」ってくらいになってたんだけど。

半年くらい前に、出張で地方に行ったのよ

接待の後、歓楽街を飲み歩いてたんだけど、気づいたら深夜になっちゃって。

ホテルは歓楽街の近くにあるから歩いて帰っていたの。

その日は歩くにはちょうどいい気候で、歓楽街の雑踏も何だか心地よくて。

(酔い覚ましにちょうどいいわね)

なんて思って、鼻歌を歌いながら帰っていたんだけど。

そろそろホテルに着くかなって頃、気づいたのよ。

「あれ...こんな道だったっけ?」

雑踏どころか何の音もしない。

深夜にしては明るいんだけど、かといって日が昇ったという感じでもない。

横道もない、真っすぐな一本道。

「これって...」

すぐに、あの「悪夢の道」だって気づいたわ。

「あれ、酔いすぎたかな...」

私は自分の頬を両手で2、3度軽く叩いてみたけど、景色は何も変わらない。

一本道の真ん中に佇む私。

そして、さらに気づいたの。

少し先に、あの真っ黒い人影が立っていたのよ...。

【今宵もリアルホラーで乾杯シリーズ】
この絵、何かがおかしい...絵の中にいるはずの女の子が/「呪われた絵」
ガチャ...夜中に訪れた「大柄な男」をよく見ると足が/「毎週来る霊」
誰もいないはずなのに...! 背後から奇妙な「音」が/「祓っちゃだめ!」
・え「命に危険」がある遊び、続けます?/「こっく●さん」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

えむ
スナックを経営。独自にリサーチした都内のオススメ酒場は多数。夢はおんな酒場放浪記に出演すること。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP