70代で手に入れた「自由なおひとり様生活」。歳の重ねかたは人それぞれ/中道あん

20代で結婚、2男1女を授かり、主婦として暮らしてきた中道あんさん。でも50代になると、夫との別居、女性としての身体の変化、母の介護...と、立て続けに「人生の転機」が訪れます。そんな激動の中で見つけた「50代からの人生を前向きに過ごすためのヒント」。今回のエピソードは、「地区の墓地が整理されること、聞いてますか?」と実家のご近所のおばちゃんから連絡があり...。

前回の記事:現在57歳、「最後までこのテーブルと過ごしたい」。一目惚れしたダイニングセット

pixta_30008164_S.jpg

日曜日の午後10時、そろそろお風呂に入ろうかなと、パソコンのキーボードを打つ手を止めようとしたら、スマホのLINEが光りました。

実家のご近所のおばちゃんからで
「地区の墓地が整理されること、聞いてますか?電話をください。
とありました。

実家を処分してから4年。

地元にはほとんど帰ることもなく、年に数回のお墓参りにだけ。

檀家や氏子も抜けて、隣組のお付き合いなどもしていません。

遅い時間でしたが、わざわざ知らせてくれるにはきっと大事な用件だと思って電話をしました。

電話口には元気そうなおばちゃんの声が響きます。

母は今年で84歳。

おばちゃんは母より5、6つは若かったので、多分アラウンド80です。

話というのは、地区の墓地が整備されることになり、無縁仏や墓守ができないお墓を整理して区画を整えようという案件が地元名士の肝入りで持ち上がっているんだそう。

なのでお墓の守っていくのならば地区に申請しなければならないというのです。

「あんさんは、実家の墓はどうするの? 
 お母ちゃんらで終わりならば、これをきっかけに墓じまいするのもアリだよ」

実家の墓をどうするのかは、50代以降の子供が抱えるミッションの一つです。

話を聞きながら、ついに決断の時がやってきたのだと思いました。

ひと通りの話を聞いて「ところで、おばちゃんは元気ですか?」とご機嫌を伺ってみると

「ええ、おかげさんでな。楽しく暮らしてるねん。
 おっちゃんもな、3年前に亡くして。
 おばちゃん、身体が不自由なおっちゃんとずっと一緒やったやろ。
 最後は施設に入ってもらったけど、おばちゃんの時間なんてあれへんかった。
 それが今な、〇〇ちゃんのお母ちゃんらと、お茶したりご飯食べに誘ってもらたりして、
 遊びに行ったりしてるねん」

「そう、それはとってもええことやね。おばちゃん、大変やったもんなぁ」

「そうやねん、まだ元気やからな。動けるうちは、好きなようにさせてもろおうと思ってんねん」

「結構なことやな~。有難いことやね~」と返事をしつつ、なんて謙虚なんだろうと思いました。

「おかげさんで」「させてもらう」っていったい誰に対しての許可なんだろうと。

言葉にできないことは頭にないし、頭にないことはスラスラと言葉には出てこないと思ういます。

おばちゃんは70代でやっと手に入れた自由なおひとり様生活を「当たりまえ」だとは思わずに、心から感謝しているんだなぁと感じました。

歳の重ねかたは人それぞれです。

「あんさん、お母ちゃん元気か?」と聞かれました。

「おばちゃん、お母ちゃんはあのまま家におったら、とうに亡くなってるで。
 施設に入る時は大暴れしてたけど、今はここが一番ええって。
 100歳まで生きそうなくらい元気やわ」

「そうか、よかったな~。お母ちゃんはお父ちゃん亡くして寂しかってんで」

誰の人生にも困難はあります。

それを乗り越える強さを持った人は、感謝と謙虚さを持ち合わせているのではないかと思います。

「おばちゃん、お彼岸にでも寄らせていただきます」

「でもおばちゃん、ようでかけて家おらんこと多いから、電話ちょうだい」

人生の後半がピークって最高だなと思いました。

【まとめ読み】50代のこれから、そして悩み...中道あんさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

中道あん

「女性の生き方ブログ!50代を 丁寧に生きる、あんさん流」主宰。Ameba公式トップブロガー。結婚22年で夫と別居。自立した人生を送るため、正社員として働きだしました。社会人の長男、大学生の長女と同居しています。要介護2の実母は3年半同居生活の後有料老人ホームにて暮らしております。

中道あんさんのブログ:アラフィフの生き方ブログ|50代を丁寧に生きる、あんさん流

50life_cover-obi.jpg

『50代、もう一度「ひとり時間」』(KADOKAWA)

20代で結婚、2男1女を授かり、主婦として普通に生きてきた。でも50代になると人生の転機が頼まれもしないのに訪れる。夫との別居、母の介護、女性としての身体の変化、子どもたちの成長。そこから見つけた「ひとりの楽しみ」をあますところなく伝え続ける、「あんさん」流のアラフィフライフ。50代からの人生を前向きに過ごすためのヒントが満載。

週3日、LINEでオススメ記事が届く!

コメント一覧

素敵な記事でした、これから高齢者の仲間入りする身として参考になりました。
70才です。孤独死、覚悟で、1人で暮らしはじめて、13年になります。主人は、なくなり、 娘が、1人結婚して家庭を、持ってます。 人生いろいろあります。 記事を読ませてもらって、いろいろ参考に、なりました。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP