「まさか自分が?」と思ったメンタルクリニックの通院。でも、そんな人生もいいじゃない!/中島めめ

超インドア派のアラフィフ主婦・中島めめさん。メンタルクリニックに通院するきっかけになったと考える、めめさんの「心の癖」とは...!?

前回の記事:大きな100円ショップ...欲しいものがわからない! そんな時の意外なSNSの活用法/中島めめ

毎日85ラフ仕上げ最終.jpg

こんにちは、中島めめです。

今回は、メンタルクリニックについてのお話です。

私は数年前からメンタルクリニックに通院しています。

月に2回先生と面談して、不安を和らげるお薬を処方していただいています。

そのメンタルクリニックは家の近所にあって存在は知っていたのですが、自分が通院する事になるとは思ってもいませんでした。

精神的に安定していた頃

私は、子どもたちを保育園や学童に預けられるようになってから、ずっと飲食店で働いていました。

朝から掃除や仕込みをして、ランチ時は息をつく暇もない忙しさでしたが、慣れてくるとリズムがつかめるようになってきて、自分には飲食の仕事が合っているなあと思っていました。

一方、私は昔から漫画を描くのが大好きで、家では朝早起きしたり隙間時間を見つけて4コマ漫画を描きためたものを雑誌に投稿したり、ブログを始めて漫画を載せてみたりといった事をやっていました。

思えばこの頃が精神的には一番安定していたような気がします。

不安定になりはじめた頃

次第に漫画やイラストのお仕事をいただけるようになり、その道で一歩ずつでも頑張って行こうと決めて奮闘し始めた頃から少しずつ心が不安定になっていきました。

原因は漫画やイラストのお仕事にあるのではなく、考える時間があると物事についての不安な面を見すぎてしまう私の「心の癖」が原因なのではないかと思っています。

忙しく立ち働いていた時は余計な事を考えている暇がないので不安になる事もなかったけれど、じっと座って作業している時間が増えると、ふと集中力が切れた時などに一気に不安な事を考え始めてしまうのです。

こんな時期は以前にもありました。

子どもたちが小学校や保育園に入って私が働きに出るまで6年間ほどの期間、家で子どもたちと過ごす時間が長かったのですが、その頃も今思えばちょっとした事で不安になったりする事がよくありました。

でもその時は、産後数年間はホルモンの関係で不安定になりやすいと聞いていたのでそのせいかと思っていたのです。

メンタルクリニックに行ったきっかけ

家で仕事をするようになってからは、いろいろな事が不安の種になって、それを解決するために調べものをしたり電話で問い合わせたりするのに時間を取られるようになっていきました。

そして不安を取り除くために奔走して一旦はホッと落ち着くものの、すぐにまた別の不安が頭をもたげる、といった悪循環に陥ってしまったのです。

これはおかしい、自分でなんとかしようとすればするほど不安が募ってしまう、どうしたらいいかわからないという状態になって、ほとんどパニック状態で以前から知っていたメンタルクリニックへと駆け込んだのでした。

初めての面談

そのメンタルクリニックは暖かい色で統一されていて、静かな音楽が流れ、小さなかわいい置物がたくさん飾ってあって、とてもリラックスできる雰囲気でした。

もっとも初めて駆け込んだ時はリラックスどころではなかったのですが、先生が初回は1時間ほどの時間をかけて私の心の状態を詳しく聞いてくださいました。

それだけで心が少し落ち着く気がしました。

その時に不安を和らげるお薬を処方していただいて、今もそのお薬を飲み続けています。

心の状態はここ数年落ち着いていますが、一度お薬を減らしてみたら状態が悪くなってしまったので、今ではお薬とともに生きる人生だっていいじゃないか、それでいい状態が保てるならお薬があってよかった、くらいの気持ちでいます。

風邪をひいたらかかりつけの病院に行くような感覚で、心の調子がよくないと感じたら、気軽にメンタルクリニックに相談してみるのもいいのではないかなと思います。

最初から読む:奇抜な実母と気さくな義母が子どもに与えてくれるいい影響/中島めめ

【まとめ読み】アラフィフ主婦の「日常の気づき」が満載! 中島めめさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

中島めめ

ライブドア公式ブロガー。家族との笑いの絶えない日常を描いたブログが月間200万PVと人気に。超インドア派で子どもの頃は「ハイジが来る前のアルムおんじ」のような人生を送るのだろうと想像していたが、実際はまったく違う日々を送っている。食品サンプルやドールハウスのミニチュア小物が大好き。

★毎日更新中!中島めめさんのブログ

たくあんムスメたち。

思わず「ふふっ」と微笑んじゃうエピソード、満載です♪


★書籍もCHECK!!

50life_cover-obi.jpg

『たくあんムスメたち。 天然長女とおっさん系次女の泣き笑いコミックエッセイ』(KADOKAWA)

平凡な毎日。なのに愛しくって、ときどき泣けてくる。
突然すっとんきょうな発言をする天然長女と、おっさん系おもしろキャラの次女。姉にツッコミを入れ、妹の行動にふきだし、わが家は毎日にぎやかです。大人気姉妹マンガブログ、未公開エピソードも多数収録して初書籍化!!

コメント一覧

このようにわかりやすくかわいらしい漫画にしてもらうことで、メンタルクリニックのハードルが下がりますね! 自分の心身のメンテナンス、大切ですよね。 不調を放置しないで自分をケアしてあげるのはすごく良いことだと思いました。 自分を大切にすれば周囲も大切に出来ますものね。
ゆきみさん、ありがとうございます。 本当に、自分が笑顔でいられることが家族にとっても大事なんだなと思います。
私もメンタル系の病院に長く通っています 今は何も症状がないですが再発が怖いので薬は飲み続けています 多分一生このままだと思うと嫌になりますが仕方ないのかな
めめさんからminさんへの返信 | 2021.04.07
minさん、ありがとうございます。 私はこれからもお薬と共に生きていくのも悪くないかな、って思っております☺️
めめさんこんにちは! そうですね!パニック障害で服薬している私はそう!そう!と頷く事ばかりでした(^^) お薬を減らして悪化したのも同じです。血圧のお薬を毎食後飲むように、抗不安剤を飲んでいれば、至って普通に過ごせるのでこれでいいかな?と思えるようになってから気楽になり、通院も月に一度になりました! パートにも復活して元気にしていますが、疲れたなぁと思う時は躊躇なくお昼寝や早寝しています(^O^)
なのはなさん、いつもありがとうございます。 そうですよね、実は私も血圧のお薬みたいに思っておけばいいや、って気持ちでいます☺️
私ももうかれこれ5年くらい通院してます!先生に話すだけでもすごくほっとしますよね。メンタルクリニックって行きにくいってイメージで悩んでる人にも大丈夫よって声掛けてます(^^)
さくらばさん、ありがとうございます。 そうなんですよね、最初は敷居が高かったけれど、予約がいっぱいだったりしてたくさんの人が利用しているんだなと今は分かりました☺️
私もかれこれ20年ほどパニックや不安症と付き合っています。 お薬はここ4~5年飲んでいますが、飲んでいて安定するなら 無理にやめなくても良いかと思っています。 先生は減薬(やめることも含めて)自分のタイミングで良いですからと仰ってくれています。 笑顔で過ごせるならそれが一番! 皆さん、無理せずのんびり行きましょう(●︎´▽︎`●︎)

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP