部屋着を買い替えたい! 超暑がりで「裏起毛」は苦手な私がやっと見つけたのは!?/中島めめ

超インドア派のアラフィフ主婦・中島めめさん。ある日、部屋着にしていたジャージのズボンに穴が開いてしまいます。買い替えるためにショッピングモールへ行ったのですが、なかなか気に入る部屋着が見つけられなかったそう。ところが、あきらめかけていたときに意外な出合いがあったそうで...!?

毎日82ラフ仕上げ最終.jpg

こんにちは、中島めめです。

今回は、私の普段着についてのお話です。

ズボン二本ともに穴が!

私は家ではいつもカットソーとジャージのズボンといった格好で過ごしていて、買い物などで外出する時はジャージをジーパンに履き替えるといった生活をしていました。

そんなある日、二本持っていたジャージのズボン両方にほぼ同時に穴が開いてしまいました。

さすがに穴が開いたら買い替えなくちゃと思ってショッピングモールにズボンを買いに出かけました。

何もかも裏起毛

いろいろ見てみたのですが、季節柄なのかズボンも上に着る服もみんな裏起毛なのです。

需要があるからそうなっているのでしょうが、私は超がつく暑がりなので、裏起毛の服は着られないのです。

どんなに寒い日でも下着の上にインナーなしでカットソー1枚、外に出る時だけ薄いダウンの上着を着て、室内に入ったらすぐ上着を脱いでカバンにしまいます。

ショッピングモールの中をダウンコートを着て歩くまわりの人々を見て(私ってやっぱりおかしいのかな、昔から暑がりだけど更年期なのかどんどんエスカレートしていっている気がする...)

と不安になってしまう事もしばしばです。

私なら暖房の効いた屋内でダウンを着たままだったらのぼせ上って倒れてしまうでしょう。

子どもたちの服を買いに

そんな訳でぽかぽかあったか服に恐れをなしてすごすご帰ってきたのですが、家の中とはいっても膝が抜けたジャージを履いてうろうろしているとなんだか家族にも申し訳ない気がして、我慢して裏起毛のズボンを買うしかないかとあきらめかけていた時でした。

中学2年生の長女が、服が欲しいと言ってきたのです。

普段学校の制服で過ごしているのでしばらく服を買ってあげていませんでした。

じゃあ見に行こうかと、家族でショッピングモールに服を見に行きました。

ティーン向けの服屋さん

今までは子どもたちの服は子ども服のコーナーで買っていたのですが、子どもたちもこの春中3と小6になるので、子ども服の中でも一番大きなサイズのものを着るようになってきました。

子ども服でも150cm~160cmサイズともなると、大人っぽいデザインの服もあります。

でもあまり種類が多くないので、なかなか子どもたちの気に入る服が見つかりませんでした。

そんな時に、モールの中のティーン向けの洋服屋さんが目につきました。

ついつい子どもたちを幼く感じていた私ですが、いつの間にかティーン向けの洋服屋さんに並んでいる服が似合いそうなほど子どもたちは大きくなっていたのです。

そこで子どもたちとお店に入っていろいろ見てみると、子どもたち(特に次女)が欲しがっていた大人っぽいデザインのかわいい服がたくさんあったのです。

タイミングよくセール中で、もともとそんなに高くない服がかなりのお値打ちになっていました。

私にもいいんじゃない?

最初は子どもたちに「この服どう?」なんて言っていた私ですが、履き心地のよさそうな(裏起毛じゃない!)サラサラした生地のワイドパンツを発見して(こういうのが欲しかったんだ!)となってからは子どもたちそっちのけで自分の服を探していました。

ティーン向けのお店でも、黒のゆったりしたパンツや落ち着いた柄のカットソーなど、50代の私が着ても違和感がないものがけっこうあって、しかも安かったので大喜びでしばらく暮らしていける分の服(?)を買い込みました。

これで穴開きジャージともお別れできました。

また季節が変わる頃には、こういうお店に子どもの服を見るような顔をして入り込んで、いろいろチェックしたいと思います。

【次のエピソード】目を閉じて立ったらグラングラン!? 腰の不調はこのせいかも...。健康診断でまさかの結果/中島めめ

最初から読む:奇抜な実母と気さくな義母が子どもに与えてくれるいい影響/中島めめ

【まとめ読み】アラフィフ主婦の「日常の気づき」が満載! 中島めめさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

中島めめ

ライブドア公式ブロガー。家族との笑いの絶えない日常を描いたブログが月間200万PVと人気に。超インドア派で子どもの頃は「ハイジが来る前のアルムおんじ」のような人生を送るのだろうと想像していたが、実際はまったく違う日々を送っている。食品サンプルやドールハウスのミニチュア小物が大好き。

★毎日更新中!中島めめさんのブログ

たくあんムスメたち。

思わず「ふふっ」と微笑んじゃうエピソード、満載です♪


★書籍もCHECK!!

50life_cover-obi.jpg

『たくあんムスメたち。 天然長女とおっさん系次女の泣き笑いコミックエッセイ』(KADOKAWA)

平凡な毎日。なのに愛しくって、ときどき泣けてくる。
突然すっとんきょうな発言をする天然長女と、おっさん系おもしろキャラの次女。姉にツッコミを入れ、妹の行動にふきだし、わが家は毎日にぎやかです。大人気姉妹マンガブログ、未公開エピソードも多数収録して初書籍化!!

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP