10代の娘の髪はツヤツヤ、それに比べて私は...白髪、シミ、小じわ、ああ、老化からは逃げられない

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:しらたま
性別:女
年齢:46
プロフィール:花の写真を撮影するのが趣味の私。たくさんの花が咲くのが楽しみです。今年はミモザの撮影に挑戦!

4.jpg

私は46歳、一つ年下の夫と、10代の娘との3人暮らしです。

私は40代を過ぎた頃から、シミや小じわが気になり始めました。

そして最近気になるのは、髪のツヤとコシが無くなったこと。

また、前髪あたりに白髪もちらほらと。

もともと直毛で、毛量も豊かだったのに、髪にうねりがではじめたのにも、がっかりです。

昔は腰まであるツヤツヤのロングヘアが自慢だったのにと、つい若い頃のことを思い出してしまいます。

30代までは長く伸ばしていた髪も、40代になってからは肩より少し下でカット。

年齢にしては髪質が良いと美容師さんは言ってくれますが、自分が気に入らないのだから仕方ありません。

白髪は、まだ白髪染めをするほどではないので、白髪用のヘアトリートメントを使用しています。

シャンプーの後にコンディショナーがわりに使って、10分程度おいてシャワーで流す製品です。

薬品臭もなく、髪にダメージがないので気に入っています。

さて、つい先日のこと。

いつもは自分でヘアスタイリングをする娘が、編み込みをしてと言ってきました。

娘が幼い頃には、毎日触れていた娘の髪。

成長してからは、私がスタイリングをするのは、まれなことになりました。

まず娘の髪をブラシでとかそうと、娘の髪に触れてびっくり。

まさに、自分の若い頃の髪の感触だったのです。

娘とは私は肌質や髪質が似ています。

そのためか昔の自分の髪の手触りが、一瞬にして甦りました。

なんとなく昔とは手触りが変わったと思っていた自分の髪。

この瞬間、自分の髪の変化が鮮明にわかったのです。

ツヤツヤできれいな髪だねーと娘に話しかけながらも、私は心の中で落胆するのを抑えられませんでした。

正直、娘の若々しい髪がうらやましくて仕方ありません。

老化というのは本当に少しずつ、自分でも気付きにくいくらいのスピードでやってくるものなのですね。

ところで、今の私の髪の質感も何かに似ているような...とふと思った私。

気づいたのは、以前の母の髪の感触にそっくりだということ!

「若いうちに、思う存分髪を伸ばしておきなさい。歳を取ったら、伸ばしたくても伸ばせないから」

昔から母が口癖のように言っていたことを思い出しました。

若い頃はよく意味が分からなかったのですが、今なら分かります。

今のところ、肉体的には日常生活に支障は出ていません。

しかし、髪が老化していくように、これから次第に全身に老いが広がっていくのでしょう。

もう若くないんだなと実感した瞬間でした。

関連の体験記:違和感はあったけど...義母を一人、病院へ送り出した後に鳴った「一本の電話」/なとみみわ
関連の体験記:「ごめんね、ばあば。でもね...」つないだ手を突然振りほどいた「8歳の孫娘の言葉」にほっこり
関連の体験記:すべての会話に「うるせー」「バカ」。結婚15年、仲が良かった主人が豹変した哀しい理由

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

初老も過ぎたアラフィフですから老化はある程度仕方ない。若い頃からのケアや生活がでますね。 美容師さんも年の割にはと言ってくれているのだから頑張りましょう。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP