光が射した...のか⁉ 僕に示された「治験による最新のがん治療」/僕は、死なない。(12)

「病気の名前は、肺がんです」。突然の医師からの宣告。しかもいきなりステージ4......。2016年9月、50歳でがんの告知を受けた刀根 健さん。「絶対に生き残る」「完治する」と決意し、あらゆる治療法を試してもがき続ける姿に......感動と賛否が巻き起こった話題の著書『僕は、死なない。』(SBクリエイティブ)より抜粋。21章(全38章)までを全35回(予定)にわたってお届けします。

pixta_12980200_S.jpg

「それでは、治験担当の医師に刀根さんのことを伝えますので、外の長椅子でお待ちください。治験の詳しいご説明はその医師から行ないます」

「あのー、セカンドオピニオンを取りたいと思っているのですが」

僕はやはりまだ自分が肺がんステージ4ということを受け入れることはできなかった。

他の病院でもう一度きちんと診断を受けないと、納得できなかった。

「かしこまりました。それでは診療情報提供書を書きますので、どの病院に行くのか教えていただけますか?」

セカンドオピニオンを受ける際には病院からの依頼状が必要になる。

そのときは担当医師が書類を書く決まりだった。

「はい、がん研有明病院と帯津三敬病院の2箇所を考えています。2通書いていただくことは可能ですか?」

「はい、かしこまりました。少しお時間がかかると思いますが、本日中に書きますので、外の長椅子でお待ちください」

掛川医師はいやな顔一つせずに、淡々とそう言った。

診察室から出て長椅子に座ってしばらくすると名前が呼ばれた。

先ほどとは違う診察室に別の医師が待っていた。

「刀根さんですね、こんにちは。緒方と申します」

医師は明るく自己紹介をした。

「えー、私が担当する治験の話をさせていただく前に、もう一度刀根さんの現状を診させてください」

緒方医師はそう言うと、PC画面に僕のCT画像や頭部MRIの画像を映し出した。

「これ、肺ですね。ここに原発巣があります。これ自体はそれほど大きくありませんが、同じ左肺のリンパにも転移していますね」

緒方医師はまるで電気製品の使い方を説明する販売員のように、にこやかに説明を始めた。

妻と姉の表情が固くなった。

「えー、さらにですね、この右胸の小さい白い点、これとか、これとか、これもかな、おそらくこちらも転移でしょう。今は小さくても、いずれ大きくなると思われます」

「でも、僕には見分けがつかないんですけど」

「ほら、白い点の周りには血管がないでしょ、だからこれもがん細胞ですよ」

「そうなんですか......」

妻が画面から目を背けた。

「で、これがあなたの頭部MRIです」

「掛川先生は頭には転移していないと言っていたのですが」

「いや、これとか、これなんかも先ほどと同じように、白い塊の周りに血管がありませんよね」

緒方医師は僕の頭蓋骨の中身が写った画像をボールペンで指差した。

「おそらくこれも転移でしょう。脳にも転移している可能性があります」

横で座っていてもわかるほど、妻が動揺しているのがわかった。

「はい、これ差し上げます」

緒方医師は僕の頭部MRIの画像をA4にデカデカと印刷して僕に渡した。

いらねえよ、そんなもん。

「で、私の勧めている治験はですね、免疫療法という最新の治療でして......」

緒方医師は治験の方法とメリットをとうとうと語りだした。

「まだ保険診療は認められていませんが、治験に参加することで治療費は免除か減額になる可能性があります。それと、もちろん治療の効果も期待できると思います」

「そうなんですか」

一瞬、光明が射した気がした。

「しかし、治験に参加しても、必ずしも免疫療法を受けられるとは限りません」

「どういうことですか?」

「治験では三つのグループに分かれます。まず免疫療法の治療をするグループ、二つ目は免疫療法と抗がん剤を併用するグループ、三つ目は通常の抗がん剤のみのグループです。どのグループになるかはわかりません。コンピューターでランダムに振り分けられます」

「じゃあ、必ずしも免疫療法の治療を受けられるわけではないんですね」

「ええ、そうです」

「うーん」

僕は腕を組んでうつむいた。

すかさず緒方医師が言った。

「刀根さん、どうせあなたは通常の抗がん剤での治療なのですから、少しでも治療の可能性が上がる治験に参加されたほうがいいと思いますが、いかがですか?」

どうせ?

どうせって言った?

「ちょっと考えさせてください」

「わかりました。それでは、答えが出ましたら掛川医師へお伝えください。通常の医療であれば掛川医師が刀根さんの担当になりますが、もし治験を受けられるのであれば私が刀根さんの担当をさせていただくことになります」

「わかりました」

診察室を出て長椅子に座ると、妻が肩を震わせて泣き始めた。

姉が妻の肩をそっと抱いた。

くっそうー、僕の大事な人を泣かせやがって。

〝どうせ〟って言ったな、〝どうせあなたは〟って言いやがったな。

コンピューターでランダムに振り分けるだと?

人の命をなんだと思ってるんだ。

人を実験動物みたいに扱いやがって。

あの医師にとって僕は一つの数字かもしれない。

でも、僕の命は一つきりなんだ。

そんなサイコロみたいなものに自分の運命を任せられるか!自分の運命は自分で切り開くんだ。

僕の命は僕が決める。

自分の命がとてつもなく軽く扱われたような気がした。

僕の存在は実験動物の一つとしてしか扱われていないように感じた。

人間としての尊厳を踏みにじられたように感じた。

こんな気持ちでは治験への参加などとても無理だった。

僕は治験に参加しないことを決めた。

次のエピソード:妻と一緒に参加した3日間の「不思議なワークショップ」/僕は、死なない。(13)

【まとめ読み】『僕は、死なない。』記事リスト

shoei001.jpg50歳で突然「肺がん、ステージ4」を宣告された著者。1年生存率は約30%という状況から、ひたすらポジティブに、時にくじけそうになりながらも、もがき続ける姿をつづった実話。がんが教えてくれたこと」として当時を振り返る第2部も必読です。

 

刀根 健(とね・たけし)

1966年、千葉県出身。OFFICE LEELA(オフィスリーラ)代表。東京電機大学理工学部卒業後、大手商社を経て、教育系企業に。その後、人気講師として活躍。ボクシングジムのトレーナーとしてもプロボクサーの指導・育成を行ない、3名の日本ランカーを育てる。2016年9月1日に肺がん(ステージ4)が発覚。翌年6月に新たに脳転移が見つかり、さらに両眼、左右の肺、肺から首のリンパ、肝臓、左右の腎臓、脾臓、全身の骨に転移が見つかるが、1カ月の入院を経て奇跡的に回復。現在は、講演や執筆など活動を行なっている。

6143Ex20k-L.jpg

『僕は、死なない。 全身末期がんから生還してわかった人生に奇跡を起こすサレンダーの法則』

(刀根 健/SBクリエイティブ)

2016年9月、心理学の人気講師をしていた著者は、突然、肺がん告知を受ける。それも一番深刻なステージ4。それでも「絶対に生き残る」「完治する」と決意し、あらゆる代替医療、民間療法を試みるが…。当時50歳だった著者の葛藤がストレートに伝わってくる、ドキドキと感動の詰まった実話。

この記事は『僕は、死なない。 全身末期がんから生還してわかった人生に奇跡を起こすサレンダーの法則』(刀根 健/SBクリエイティブ)からの抜粋です。

この記事に関連する「ライフプラン」のキーワード

PAGE TOP