ボロボロの下着を見とがめると...認知症の人の執着、お義母さんの場合/バニラファッジ

こんにちは。認知症で要介護4のお義母さん(姑)とリウマチと骨粗鬆症で要介護5のおばさん(姑の妹)の 在宅介護を経験した嫁のバニラファッジです。

今回のお話は、お義母さんの認知症の進行とともに、大好きだった洋服への愛着が 変化していったお話の続きです。  

前回のエピソード:こだわりが妙な方向に...少しずつ変化していった認知症の義母の服装

お義母さんは8畳の服専用の収納部屋を持っていました。

一面作り付けのクローゼットの中には、昔ながらのアルミの衣装ケースがずらりと並び、 フロアには昔からの和ダンス・洋ダンスが所狭しと並んでいました。

それでもお義母さんはボロボロの格好は続き、その下に着ている肌着もボロボロでした。

25-1.jpg
25-2.jpg
25-3.jpg

認知症のお義母さんの主張は支離滅裂でした。

ただ介護者は、それを受け止める(または聞き流す)ことをしないと興奮状態が続き、お互いに傷つけ合うことになってしまいます。

こういう時は説得させようとするより、一旦引き上げてクールダウンする方が賢明でした。

25-4.jpg
口では、ああ言えばこう言うでしたが 実際にその部屋に入ることを許されることはありませんでした。

 
25-5.jpg

25-6.jpg

25-7.jpg

お義母さんは、見覚えのある服は全部自分の服だと主張し始めました。   嫁はお義母さんが怒り始めたら、母屋に逃げればよかったのですが いつも一緒にいるおばさんは、逃げることができず大げんかに発展していきました。 大声を聞きつけて、離れを覗きに行くと...

25-8.jpg
25-9.jpg
25-10.jpg

認知症の人が、お金に執着する話はよく聞きます。

「取られた」「盗まれた」と家族間で喧嘩になることもよくあるそうです。

その次に「食べ物」でのトラブルもよく聞きます。 どちらも生きていくうえで、とても大切なものなので、 認知症による誤作動が、そこでおきるのも想像がつきます。  

そして我が家のお義母さんの場合は、とにかく「着る物」でした。 おそらく、お義母さんが生きていくうえで とても重要な位置にあったのが「洋服」だったんだと思います。

そんなことを想像しながら、お義母さんのハチャメチャに対応していました。 もし自分が認知症になった時、何に執着をして周囲を困らせるだろう? 最近はそんなことも考えるようになってきました。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

バニラファッジ

ブログ「7人家族の真ん中で。」管理人。夫と3人の子ども、姑と姑の妹(おばさん)の7人家族でしたが、一昨年、昨年と続けておばさん(88歳)と姑(94歳)が他界。頭はしっかりしているけど、リウマチと骨粗鬆症で車椅子生活の叔母さんと身体は丈夫だけれど認知症の姑を在宅介護した日々をあれこれ思い出しながら描いていきます。著書に『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護: お義母さん!トイレはこっちです』『7人家族の真ん中で。』『91歳毒舌系女子、喧嘩を売って生きてます』などがある。

PAGE TOP