同じ話ばかりでプチストレス!わが家の繰り言対策/バニラファッジ

高齢者から何度も同じ話を聞かされることってありませんか?
1回、2回、3回...と聞かされるたびにプチストレスが溜まります。
今日はそんな高齢者の繰り言を減らした、我が家の対応を書きます。

前回のエピソード:私が姑と姑妹を在宅介護することになった理由

3-1.jpg

3-2.jpg
おばさんはリウマチの痛みが常にあり、炎症が強かった日の夜は大量の発汗がありました。
ただ発汗があると痛みも和らぎよく眠ることができました。
それは、おばさんも私も承知していましたが...


3-3.jpg

来る日も来る日も同じことを話しかけられ

3-4.jpg

3-5.jpg私の対応も「はいはい、大変でしたね」と
だんだん愛想のない相槌だけになっていきました。
しかし...
3-6.jpg

3-7.jpg

そんなある日、おばさんが「毎日、同じことばかり言ってごめんなさいね」と謝ってきました。

おばさんは自分の繰り言に気がついていたのです。
日々老いていく不安を家族に伝えずにはいられかったのかもしれません。

しかし、毎日同じ話を聞かされる方は、さすがにうんざりします。
適当に相槌を打つのが、お互いのストレスを軽減させる唯一の方法だと思いましたが、それでも日々同じ話を聞かされるので、嫌な顔もするし素っ気ない態度にもなります。
繰り言に悩んだ嫁は、先手必勝に打って出ました。

3-8.jpg

自分から先に声をかけてみたのです。
3-9.jpg

3-10.jpg
これを毎朝、同じように挨拶がわりにおばさんに言いました。
繰り言を言われる前に言う作戦です。

3-11.jpg

3-12.jpg

不思議なことに、数日続けたらおばさんの繰り言は なくなっていきました。


ここでめでたしめでたしといきたいところですが、そこにお義母さんがいつもの繰り言を引っさげて登場。
3-13.jpg

認知症のお義母さんは繰り言の自覚がないので、毎回、本人も新鮮な気持ちで話しています。

3-14.jpg

3-15.jpg

3-16.jpg
そして嫁は、そっと後ずさりしていきます(笑)
高齢者と一緒に暮らしていると、その繰り言にうんざりする家族は多いと思います。
我が家の場合、認知症があるなしで対応が少し違いました。
自覚のある繰り言が多かったおばさんは、積極的に話を聞くことで減っていきました。
認知症のお義母さんの場合は、スルーすることが多かったのですが、逃げきれない時もあるため、そんな時は...

3-17.jpg

3-18.jpg
ノリツッコミするのも繰り言が減るひとつの手でした。
ちなみに叱ったり怒ったりするのはしこりを残すだけであまり成功しませんでした。

次の記事はこちら:事故が起きてからでは遅い!高齢者の運転免許証の返納、わが家の場合

この記事もおすすめ:「家族でできること」を可視化しましょう/身近な人に介護が必要になった時のために

バニラファッジ

ブログ「7人家族の真ん中で。」管理人。夫と3人の子ども、姑と姑の妹(おばさん)の7人家族でしたが、一昨年、昨年と続けておばさん(88歳)と姑(94歳)が他界。頭はしっかりしているけど、リウマチと骨粗鬆症で車椅子生活の叔母さんと身体は丈夫だけれど認知症の姑を在宅介護した日々をあれこれ思い出しながら描いていきます。著書に『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護: お義母さん!トイレはこっちです』『7人家族の真ん中で。』『91歳毒舌系女子、喧嘩を売って生きてます』などがある。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP