20キロ近い増量の原因はマヨネーズ!? 「ぽっちゃりマヨラー」だった私がマヨネーズを手放した理由

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:とらとら
性別:女
年齢:52
プロフィール:アラフィフの兼業主婦。最近は健康のため、あっさりした物を食べるよう心掛けています。

8.jpg

私は52歳の兼業主婦です。

今では会社の健康診断でも異常なく健康的な体を維持している私ですが、昔はものすごいぽっちゃり体系でした。

それもそのはず、私はマヨラーだったのです。

20代のまだ独身だった頃は、小さいマヨネーズをいつもバックに入れていて、出先でも物足りないと感じたら、マイマヨネーズをかけて食べていました。

そもそもマヨネーズにハマりだしたのは10代後半、高校生の頃、テニス部の部長をしていたときからです。

私の学校のテニス部は地区でも強豪と有名で、インターハイの常連校として中学から推薦で進学して入部してくる子もいたほどです。

そのため部活の練習はかなり厳しく、練習量も他の部活より多かったのではないかと今でも思います。

当時の私は女子高生だったにもかかわらず、ご飯のお替わりは当たり前で、とにかく食べました。

そんな頃、マヨネーズがたっぷりかかったお好み焼きをおかずにご飯を食べていて「マヨネーズおいしい!」と思ってしまったのです。

ただ、部活をしているときはその分運動していたから良かったのですが、卒業し、大学生になった私はテニスから離れてしまいました。

それなのに私は部活をしていた頃の食生活が抜けず、マヨネーズがたっぷりかかったおかずが手放せなかったのです。

そのうち当たり前のようにマイマヨネーズを持ち歩くようになり、おかげで51㎏だった体重は大学生の間に65㎏になり、社会人になった頃には70㎏近くになっていました。

後々友人に聞いた話だと、あまり背が高くない私は余計にぽっちゃりに見えたそうで、かつての部活仲間には「ひどい失恋でもしたの?」と本気で心配されていたそうです。

しかし、その後今の旦那(現在53歳)と付き合い始めたときに、変化が訪れました。

デート中にマイマヨネーズのことを知られてドン引きされてしまい、そこでようやくマイマヨネーズを持ち歩くことが異常なことなんだと気が付きました。

それまで気づかなかったのも、今考えると恐ろしいですね。

幸いにも旦那はそれで別れようとは思わず、私に「体に悪いからやめな」と優しく何度か言ってくれ、徐々にでしたが改善していくことができました。

結婚前にはそこまでマヨネーズをかけて食べたいとは思わなくなっていたと思います。

今では、ことマヨネーズの量に関しては、ごく普通の食生活をしているはずです。

しかし、やはりから揚げにはマヨネーズをかけたくなるなど、「マヨラー」が顔を出すこともしばしば。

老後の健康のために注意しないとなと思います。

関連の体験記:うちのメタボな旦那が更年期障害! 生活習慣病により死亡リスクが3割増しって本当?
関連の体験記:1日1食しか食べない人って本当にいるんだ...食事の支度は楽だけど、夫の健康が心配!
関連の体験記:うわっ! 実家のトイレでフリーズした私。きれい好きだったはずの母が心配になった「衝撃的な出来事」

嫁姑バトルから浮気体験、泣ける話まで、人気記事が漫画に!
⇒大好評! 漫画で読む「みなさんの体験記」一覧はこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

ものすごいぽっちゃり、って既にぽっちゃりは越えてるし、外食で持参の調味料とか失礼だし非常識だと分からないことが驚きです。 ちょっと乱暴な例えですが、あの店はお茶しかなくて物足りないから自前のビールを持っていって飲もう、なんてしませんよね?投稿者さんがしていることはそういうことですよ。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP